2018年1月24日 (水)

「雪情報」

Yuki30124takaohasi

雪情報です。 深夜-2℃で、雪花がちらつく程度でした。 国道は完全に乾いておりました。 ところが、朝外に出ると一面の雪景色! 積雪は国道でも1cm足らずですが、くまなく雪に覆われていました。 午前6時で-3℃。 現在は雪花が舞う程度で、時折、青空も顔をのぞかせます。

高見トンネル付近は数センチの積雪があると思われますので、必ず、滑り止めを準備なさってください。

|

2018年1月23日 (火)

「本日の② 巨大イチゴ & 紅梅とロウバイ」

Koubai30121tubomi

今夜は、昨日の夕方に見られた幻想的な雪景色をお届けしようかと思いましたが、テレビなどで雪景色をお腹いっぱいご覧になっておられると思いなおし、明るい写真を選びました。 雪景色はまた後日お届けいたします。

まず写真上は、21日の通勤時に撮影した『紅梅』のツボミです。 開花までもう少しかかりそうですね。

Roubai30121

写真上も、やはり21日の通勤路で撮影した『ロウバイ』の花とツボミです。 

あと、マンサクの花も撮影したのですが、これはちょっと失敗しましたので、また後日掲載させて頂きます。

Takem30121ooichigo_2

写真上は、竹村英也さんが送って下さった楽しい作品です。

「巨大🍓を買いました。 🍓の上に1円玉を置きました。 美味しかったです。 竹村」

巻頭に掲載させて頂きたかったのですが、何故か、最近、縦長の写真を最初に入れると問題が起こります。 なので、最後となりました。 竹村さん、ごめんなさいね。 楽しい写真をありがとうございました。 またのご投稿を楽しみにお待ちしております。

現在の波瀬: 残雪情報を入れた後、雨→雪交じりの雨→吹雪→雨→曇りと変化し、今はかすかに雪花が舞っている状況です。 道に積雪はありません。 気温は-1℃で、風もあります。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com 

|

「残雪情報」

昨日の雪は、夕方から雨にかわり、夜には、その雨もやみました。 少しベールのかかった星空の深夜、気温は1℃。 国道は完全に乾いていました。 早朝は0℃で、やはり、国道は乾いたままでした。 唯一滑りそうになったのは、『きずな橋』のみでした。 山林舎庭園にはまだ雪は結構残っていますが、今日のお天気で溶けそうな気配です。

高見トンネル付近は、奈良県の監視カメラで見てみたしたら、少しシャーベット状態となっています。 やはり、滑り止めを準備されたほうがいいとは思われます。 このシャーベットも、お昼には無くなることと思われます。 ただ、明日と明後日も雪の予報ですので、お気を付けください。

追記: 晴天と思いきや、曇り出し、午前10時頃から小雨となりました。 気温は玄関先で4℃。 この雨で、屋根の雪がどんどん解けていきます。 

|

2018年1月22日 (月)

「本日の② - 雪続報」

Yuki30122kigi

雪はその後も降り続きました。 風が無く静かに真っ直ぐに降る為、木々の枝に雪が残ります。 それは、まるで霧氷の世界にでもいるような景色を作り出しました。 午後3時33分撮影。 気温は国道の気温計で0℃でした。

Yuki30122hasikoueizan

写真上: 夕刻まで降り続いた雪は山全体を真っ白に変えました。 あまりの美しさに、午後5時過ぎに再度撮影に出かけました。 ちょうど、雪が雨にかわった時だったようで、傘をさして、雨の降る中を撮影しました。 道はシャーベットを通り越したような状態です。 このまま雨が続くか、また雪に戻るか、止んで凍結するか、予想できない状況です。

追記: 午後11時。 晴天となり、気温は1℃となっています。 国道の雪はほとんどなくなっているそうです。

|

「雪情報 - 降り始め・積もり始め」

Yuki30122furihajime1

本日は雪情報を早めに入れますので、昨日の記事もご覧ください。

午後1時前から、雪交じりの雨が降り出し、午後2時頃から雪に変わりました。(写真上と下) まだ雪化粧の段階です。 

Yuki30122furihajime2

Yuki30122tumorihajime

写真上: 午後3時前から積もり出しました。 ご覧の様に、コンクリートの上の雪は溶けています。 気温は玄関先で3℃です。

高見トンネル付近はもっと積雪があると思われますので、滑り止めをお願いします。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com 

|

2018年1月21日 (日)

げんげ堂さんのユキワリイチゲと檜塚追加写真 & 山林舎」

Gengedo30120yukiwariitige1

本日のたよりは、『げんげ堂』さんから届いた春咲きだよりをご紹介いたしましょう。 げんげ堂さん、お願い致します。

「ユキワリイチゲが咲きだしました!!
飯高の山に通うようになって、年が明けてこの薄紫色を帯びたユキワリイチゲ(雪割一華)の花が咲くのはいつかいつかと毎年のように待ち望んで訪れてます。

大寒のきょう20日、先日の登山口の忘れ物を取りついでに日当たりの良い自生地に寄ったら、すでに数輪の花を咲かせてて驚きました。

この花は、渓流沿いの河畔林に咲く花で、冬場の林の樹々が葉を落とした頃に葉を広げて栄養を蓄えて花を咲かせる植物です。 三重県のレッドデータブックでは、希少種に分類されています。(写真は、飯高町田引地区にて)」

Gengedo30120yukiwariitige2

写真では大きく見えると思いますが、小さくて、可憐、且、とても品のある花です。 山林舎の裏の土手にも数株自生していましたが、2年前から姿を消しました。 栃谷地区にも群生地があったのですが、なくなってしまったようです。 残念で仕方ありません。 げんげ堂さん、貴重な写真をありがとうございました。 ユキワリイチゲを見られて、大変嬉しく思いました。 

Gengedo3017hinokiduka13

写真上は、13日の記事で紹介させて頂いた写真の追加です。 13日に掲載した写真の説明文に間違いがありましたので、その訂正とともに、新たなこの写真も紹介させて頂きます。 これが、「午後の奥峰から大峰遠望」です。 

Gengedo3017hinokiduka10

写真上(13日掲載写真)が、「午後の奥峰から大台ケ原遠望」でした。 何度見ても素敵な光景ですね。 げんげ堂さん、素晴らしい写真をありがとうございました。 またのお便りを楽しみにお待ちしております。

Sanrinsha30121hasikara

最後の写真は、今朝、『きずな橋』から、私が撮影した櫛田川と山林舎庭園です。 ご覧の様に櫛田川にお日様の光がかなり戻ってきています。 冬が大好きな私ですが、光が戻ってくるのは嬉しい限りです。

本日の波瀬: 深夜0℃、早朝はマイナスになっていたものと思われます。 今日も晴天で、少し風が強くなりました。 昼間は9℃。 夜も深まって、2℃となっています。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com 

|

2018年1月20日 (土)

「かっぱずんのほのぼのイラスト-思い出 & 移住の勧め」

Takibiyakimow

この三日間、私だけ用があってお休みを頂き、故郷へ帰省していました。 なので、今日の話題がなく、思い立って、『かっぱずん』ちゃんの以前のイラストで、帰省を振り返りたいと思います。

上のイラストは、『たき火』がテーマですが、我が故郷:志摩市浜島町では、今日(20日)、お正月飾りや、前年のしめ縄を浜辺で焼きます。  いわゆる『どんと焼』みたいなものですね。 それを私は初めて、おこなってきました。 また、浜島の神社では、『初恵比寿祭り』が行われ、鼻欠け恵比寿さんと一緒に初笑いをする行事が行われました。 めでたく、楽しい行事なので、毎年、テレビで紹介されています。

Okotaattakainew

山林舎では椅子の生活なので、実家でのコタツは風情を感じます。 が、鳴れていないので、足は痛いですね。

Yakyubatterw

上下のイラストは、野球がテーマですが、ソフトボールの思い出を… 今日、乗り換えの為に降りた伊勢市駅で、高校時代のソフト部の顧問でいらした先生に偶然出会いました。 松阪駅まで近況や昔の思い出で話に花が咲きました。 

Yakyusafew

16年ほど前、我がソフト部OGと、波瀬小学校男子チームとで親善試合をさせてもらったことがありました。 山林舎でOG会を開催し、ソフトボールもしたい…ということで、波瀬小学校のスポーツ少年団にご協力を頂いた次第です。 それを思い出されて、先生が、「あれは楽しかったね」と嬉しそうに話されていました。 そうです。 私達にとって、とても楽しい貴重な思い出となりました。 その時、波瀬小は男子生徒だけでも11人を超えていたのですが、今は休校となり、波瀬地域の子どもは二人だけとなってしまいました。 皆さん、どこへ行ってしまったのでしょうか…

Yakyuhokyuw

ということで、話は飯南・飯高への移住の勧めへと向かいます。 かっぱずんちゃん、可愛いイラストをありがとう♪

Ijuuchirasi30120

写真上は、『波瀬日記』でおなじみの大野弘さんが撮影を担当された移住の勧めのチラシです。 飯高町には現在、『宮前小学校』と『香肌小学校』の二つしかないという状態となってしまいました。 全校生徒24人の香肌小学校から、「25人目のきみへ ここでまってるよ!」と、生徒さん達からの熱いメッセージです。 飯高への移住にご関心のある方は、下記へご連絡をお願い致します。 自然豊かな地で、のびやかな個性を育まれては如何でしょうか…shine

Ijuusoudanmadoguchi30120

本日の波瀬: 朝は-2℃で、昼間は9℃と暖かくなったそうです。 午後7時で4℃となっていました。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com 

|

2018年1月19日 (金)

「大野さんの波瀬日記 - 光と山霧」

Ohno30117hazenote0201

本日のたよりは、『大野弘さんの波瀬日記』をお届けいたします。 大阪から波瀬に移住されて、1年半が経とうとしています。 すっかり地域にも馴染まれたご様子がうかがえます。 大野さん、ご案内をお願い致します。

Ohnosanface2「我が家の前に聳え立つ『波瀬~青田の山並み』は主峰マスガタ山(標高955.5m)をはじめ、アマネ山(887m)や標高900m前後の峰々が連なっています。 殆どが植林の杉林ですが、山容が高山の雰囲気を醸出し、雨や雪、あるいは気温の変化で霧が発生すると、杉木立の間から光のシャワーが虹色に輝き神々しい風景を見せてくれます 。一期一会の風景は飽きることなく、カメラはフル回転、そんな波瀬~青田の山を集めてみました。 大野弘」

大野さんの似顔絵イラストは、『かっぱずん』ちゃん作です。

「写真1~9: 日々刻々変わりゆく山の表情、カメラを手放せませんが、この風景がいつも目の前にあることに喜びを覚えます。」

Ohno30117hazenote0202

Ohno30117hazenote0203

Ohno30117hazenote0204

Ohno30117hazenote0205

Ohno30117hazenote0206

Ohno30117hazenote0207

Ohno30117hazenote0208

Ohno30117hazenote0209

Ohno30117hazenote0210

「写真上: 青田の山をバックに旧田中亭洗耳庵の大ケヤキ、秋には見事な黄葉になります。」

Ohno30117hazenote0211

「写真上: 山林舎へ渡るキズナ橋からの小竹林に雪がかかり凍えているように見えます。」

Ohno30117hazenote0212

「写真上: 七日市付近櫛田川沿いの杉林は刈り取られたように綺麗に揃っています。」

大野さんのお家の前に広がる山並みは、私がよく山林舎の『後衛山』と記している山々です。 山林舎はこの山を背負って、台風などの強い南風に守られ、大野さんは、この山並みの変化に毎日感動されています。 私も移住者ですので、山霧や光に感動されるお気持ちはとてもよくわかります。 平地では見られない景色ですし、大自然の迫力を目の当たりに感じさせてもらえます。 大野さん、素晴らしい光景をありがとうございました。 次回の作品も楽しみにお待ちしております。 

大野さんは、飯高町への移住をPRするポスターの写真撮影を担当されました。 近いうちに、そちらもご紹介したいと思っています。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com 

|

2018年1月18日 (木)

「ソラちゃんだより & 光る石②」

Sora291223bymaster

本日のたよりは、ソラちゃん特集です。 まず写真上は、山林舎マスターが昨年12月に撮影したソラちゃんの横顔です。 眠っているのかな… 

Sora30116chirasi_2

ここからは、16日に撮影したソラちゃんです。 おかかを置いてもらったチラシにのっています。 ソラちゃんの瞳はフラッシュが当たると緑色になってしまいます。 普段はもう少し黒っぽいです。

Sora30116chirasi2

Sora30116junko

写真上: ママのマダム順子の抱っこされて、甘えるソラちゃん。 ダッシュする元気がまだまだありますので、ご安心下さい。

Hikaruisi30115b

写真上は、15日に『きずな橋』で再度見つけた光る石です。 以前に見つけた石とは別のものです。 今回は、日陰の中、林業センターに反射した光が川の一部を照らしているのを確認しました。 なので、光が『何か』に反応して、こういった輝きを見せるのではないかと思うようになりました。 水面にも金色の輝きが見られますね。 その『何か』は全くわかりません。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com 

|

2018年1月17日 (水)

「山川事務所さん & 波瀬駅 & 霧と雨」

Yamakawa30115yushoku

今日は早めに記事を入れますので、昨日の記事もご覧になって下さい

写真上は、先週に引き続き、月曜日から3連泊されていらっしゃる『(有)山川事務所』(東京)の塩屋さん(右側です。 土砂防止の堰堤を作る為の調査を担当されておられます。 今回は、アルバイトの学生さんを伴ってお越しになりました。 月曜日の夜の夕食風景です。

Yamakawa30117honkan

写真上は、今朝、調査にご出発される前に撮影させて頂きました。 学生さんは今晩ご出立され、塩屋さんが松阪駅まで送って行かれました。 今夜は塩屋さんお一人でご宿泊され、明日、地元の方と一緒に調査をされた後、東京へお帰りになるご予定です。 何度もご利用頂きまして、誠にありがとうございました。 またのお越しを心よりお待ち申し上げております。

Hazeeki3014nurikaego

写真上は、山林舎の対岸にある『波瀬駅』です。 『道の駅飯高駅』の支店で、朝食、昼食、コーヒーなどが味わえます。 昨年末に屋根を塗り替えて、明るくなりました。 営業時間午前7時半~午後4時 水曜日定休 電話0598-47-0828 波瀬駅につきましては、こちらをご参照下さい。→ http://www.iitakaeki.com/contents/facilities/new/

この波瀬駅で、山林舎HPだよりで御馴染みの大野弘さんの作品展が明日(18日)から3月まで開かれます。 テーマは『波瀬の光 - 光臨』です。 ぜひ、お越しになって下さい。

Kiri30117kotokoya

本日の波瀬: 前夜1℃まで下がっていましたが、深夜2℃、早朝は3℃と気温は上がりました。 午前8時頃から雨となり、お昼過ぎには一時明るくなり、青空も垣間見られたのですが、再び、雨となり、激しく降っております。 写真上は、夕刻前に撮影したもので、雨が止んだ後、波瀬の里は霧に包まれていました。 撮影時にはすでに雨が降り始めています。 昼間の気温は玄関先で7℃と比較的暖かな雨の日となっています。

追記: 午後11時過ぎ、星空で気温は9℃! 驚くべき夜の気温です。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com 

|

2018年1月16日 (火)

「大野さんの波瀬日記 - 波瀬の山々」

Ohno30114hazenote01

本日のたよりは、久しぶりに『大野弘さんの波瀬日記』をご紹介いたしましょう。 大野さんは18日から、対岸にある『波瀬駅』で写真展を行われます。 その準備に忙しくて、なかなか写真が届きませんでした。 その準備も終わられたのか、2日前に作品が戸と来ましたので、ご紹介いたしましょう。 大野さん、ご案内をお願い致します。

「波瀬2年目の冬は、寒さをそれ程意に介さない自分も、今年の寒さは些か閉口しています。 しかしながら、湿度がその分低い事から、降雪は今のところ生活に支障のない量ですので、家の中で冬眠することもなく折を見てはカメラを持ち出し雪景色を撮りに出掛けています。 残念ながら流石の自分も自転車は凍えるような寒さで我慢ならず、暖かくなるまでは暫くOffにします。 従って徒歩で行ける近所か、車でも精々高見峠までの山風景に致します。 大野弘」

「写真上: 1月4日早朝の裏山に朝日が射し込むと杉が赤く染まり美しく輝きます。」

Ohno30114hazenote02_2

「写真上: 1月5日この日は一転して雪景色になりました。場所は同じです。」

Ohno30114hazenote03_2

「写真上: 同じく1月5日梅尾の山波が白く覆われていました。」

Ohno30114hazenote04_2

「同じく1月5日我が家の前に聳えるマスガタ山(標高955m)も白いベールに包まれました。山容が高山の雰囲気があって毎日目を楽しませてくれます。」

Ohno30114hazenote05

「写真上: 1月12日ソバタニ山(標高714m)と野口地区の風景」

Ohno30114hazenote06

「写真上: 同じく1月12日トクマ山(標高1056m)は高見山へ連なる山並みで、右へ行けば三峰山への縦走路になります。 手前のは太良木の山になります。」

Ohno30114hazenote07

「写真上: 2017年12月18日16時30分夕日が高見山を赤く染めています。 大峠入り口から撮影」

Ohno30114hazenote08

「写真上: 1月14日同じく大峠入り口からの高見山、絶好のお天気と霧氷、そして休日で頂上は可成りの賑わいと想像します。」

Ohno30114hazenote09

「写真上: 大峠入り口にはタイヤのあとが見られ沢山の入山者が有ることが伺えます。」

Ohno30114hazenote10

「写真上: 1月14日落方からは三峰山が臨めます。こちらもキット賑わっていることでしょう。」

大野さん、波瀬地域の山々を素敵にご紹介頂きまして、ありがとうございます。 次回の作品も楽しみにしております。 皮肉にも、ここ数日、春のような日が続いております。

大野さんの作品展: 『波瀬駅』にて、18日(木)から3月まで開催されます。 ぜひ、ご覧になって下さい。 テーマは『波瀬の光 - 光臨』です。

本日の波瀬: 前日の午後10時には5℃もあった気温が、午前1時には曇天で1℃に下がり、午前6時半前には快晴で-1℃となっていました。 その後はぐんぐんと気温が上がり、昼間、国道の気温計は何と!15℃を示していたそうです。 山林舎は玄関先で10℃でした。 春が急激にやってきましたね。 でも、午後11時には1℃まで下がってきています。 激しい気温の変化に体調を崩されないよう、お気を付けください。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com 

|

2018年1月15日 (月)

「ゆずりはさんの山だより - 11日の三峰山」

Yuzuriha30111miune1

本日のたよりは、『ゆずりはさんの山だより』をお届けいたします。 ゆずりはさん、山上の別世界へご案内をお願い致します。

「1月11日(木)は、晴れ時々曇りの予報だったので、三峰山あたりなら晴れ間もあるかと出かけて行きました。が、葛城市に入ると雪がちらつき、東吉野村あたりからは本格的な降りに。 波瀬も雪国を思うような降り方でした。 あ?ぁ、天気予報はハズレ!

歩き始めた月出の奥の林道は、積雪は10センチほど。 ゆりわれ登山道は展望もなく、見えるのは綿帽子をかぶった周りの木々だけ。 これだったら上に行っても、ガスと雪の中だなーと思っていると、ちょうど八丁平の台地に着く頃に雪がやみ、青空が覗くようになりました。 雪がやんだばかりの八丁平は、見慣れたのとは一味違った景色でした。

足跡はありましたが、めずらしく誰にも会いませんでした。 全く雪がほとんどないところもあれば、膝上をこえるような吹き溜まりになっているところも。 帰る頃にはまた雪が降り出し、向かい風に首を縮めて下山しました。」

「写真上: 綿帽子の木々」

Yuzuriha30111miune2

「写真上: アセビの木も綿帽子」

Yuzuriha30111miune3

「写真上: 八丁平から」

Yuzuriha30111miune4

「写真上: 山頂には1メートル近い雪の吹き溜まりができていました。 が、乾いた雪で雪だるまは作れませんでした。 木々には霧氷。」

Yuzuriha30111miune5

「写真上: 風と雪と草が作った模様」

Yuzuriha30111miune6

「写真上: ここは雪の吹き溜まり」

Yuzuriha30111miune7

「写真上: これも八丁平付近です。」

雪がたっぷりとあるようですね。 曇天の下では厳冬の迫力が伝わってきますが、青空がのぞくと、爽快感や安心感のようなものが加わりますね。 登られている方々は猶更感じられることと推察します。 ゆずりはさん、素晴らしい光景をありがとうございました。 またの山だよりを楽しみにお待ちしております。

本日の波瀬: 深夜-5℃で、快晴。 久しぶりに満天の星空を楽しみました。 -5℃でも、風が無かったので、それほどの寒さを感じることはありませんでした。 早朝は-6℃で、おそらく、今季最低気温となったようです。 昨夜はお泊りが無かったので、出勤時間が遅く、午前10時で0℃でした。 最低気温はコミュニティバスの新田さんから頂いた情報です。 昼間は、国道で10℃まで上がったそうですが、日陰の山林舎には雪が沢山残っていて、気温は5~6℃といったところだったと思います。 今夜は午後10時過ぎで5℃もあるそうです。 これからしばらく、寒さは緩むようです。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

2018年1月14日 (日)

「櫛田ファミリー & 野口区婦人会伊勢講 & 西切区新年会」

Kusida30114yuki

写真上は、昨日お泊り頂きました櫛田・東村ファミリーでいらっしゃいます。 飯高町ご出身の櫛田ママが町内在住の妹さんファミリーを誘われて、ご一緒にお泊りされました。 長年に渡ってご利用頂くおなじみのお客様です。 日陰の山林舎には雪が豊富に残っています。 その雪景色をバックに記念撮影させて頂きました。 長いご愛顧に心より感謝申し上げます。 次回のお越しを楽しみにお待ち申し上げております。

Noguchi30114isekou1_3

写真上は、本日、昼食でご利用頂きました『野口区婦人会』の皆さんでいらっしゃいます。 毎年、この時期に『伊勢講(女正月)』の行事でご利用頂いております。 お正月に多忙を極める主婦の皆さんにお休みを…という趣旨で行われるようです。 野口の皆さんは、一階の食堂で会席料理を召し上がられました。

Noguchi30114isekou2

写真上: 野口区婦人会の皆さんの集合写真です。 今回はホールのソファで撮影させて頂きました。 皆さん、優しい素敵な笑顔です。 毎年のご利用を賜りまして、誠にありがとうございます。 来年のお越しを楽しみにお待ち申し上げております。

Nisigiri30114sinnenkai

写真上: 本日、2階の大広間で行われた『西切地区』の新年会です。 こちらも長年に渡って、毎年、忘年会か、または新年会でご利用頂いております。 以前は『寄せ鍋』が続いていましたが、昨年から『会席料理』を選択されるようになりました。

Nisigiri30114sinnenkai2

写真上: 宴会の途中で、席を移動して頂き、集合写真も撮らせて頂きました。 いつも快くご協力頂きまして、ありがとうございます。 そして、長年のご愛顧に心より感謝申し上げます。 次回のお越しを楽しみにお待ち申し上げております。

本日の波瀬: 深夜、早朝とも0℃。 晴れ、時々曇りで、風も少なく、穏やかな1日でした。 昼間は3℃まで上がりました。 徐々に気温が上がってきています。 と思っていましたが、午後6時にはすでに-2℃まで下がってきているそうです。 高見トンネル付近の国道は問題なく通れるとのことです。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

2018年1月13日 (土)

「げんげ堂さんの山からの颯風-檜塚 & 本日の高見山」

Gengedo3017hinokiduka1

本日のたよりは、うんと久しぶりに、『げんげ堂』さんから届いた山からのお便りをご紹介いたしましょう。 げんげ堂さん、ご案内をお願い致します。

「7日に檜塚の蓮側から登ってきましたのでその風景をお届けします。」 

「檜塚: 冬場は、マナコ谷ルートの北西からの爆風を避けて蓮側のヌタハラ林道から檜塚へ登ることが多いです。 この日は爆風はないだろうけど、登山口のアクセス状況を見たいので蓮側からでした。 車はヌタハラ林道の標高700m付近まで入れます。 但し車高の高い車、またこの時期4wdスタッドレス限定です。」

Gengedo3017hinokiduka2

「樹氷纏うブナ」

Gengedo3017hinokiduka3

「樹氷の森」  

「小尾根を登り檜塚から蓮ダムに落ちる主稜線に乗るころは青空が広がり、稜線には小さいながらも樹氷が木々に着きはじめました。 雪も深くなり10cmほど。 白い樹氷に青空は、登りの苦労も癒されます。 いまも檜の樹が繁茂する檜塚東峰から眺望を見ると、高見山も三峰山も雲やガスで覆われ、台高主稜線(三重奈良県境の稜線)もガスの中。」

Gengedo3017hinokiduka4

「檜塚東峰から: 高見山も雲の中です。」

Gengedo3017hinokiduka5

「奥峰へ」

Gengedo3017hinokiduka6

「奥峰への雪原」

Gengedo3017hinokiduka7

「檜塚へ向かう登山者: 檜塚に到着し、奥峰に向かうのですが、すでに奥峰には沢山の人々が見えます。 ほとんどが奈良県側の大又から明神平を経由して登ってこられた登山者でした。 奥峰のみなさんの顔は、昨日降った新雪に青空と樹氷に満足げな表情であふれていました。」

Gengedo3017hinokiduka8

「大きく成長した樹氷」

Gengedo3017hinokiduka9

「大きく成長した樹氷」 

Gengedo3017hinokiduka10

「わたしたちは、ワカンに履き替えヌタハラ源流部の水場に降りてランチです。 時々人の声が風に乗り聞こえてきますが、ゆっくり雪原で鍋を頂き、午後には薄雲が出てきて再度奥峰に向かうと、奥峰の雪は随分トレースで踏み固められて、だれ一人いない奥峰。 午前には見られなかった大台ケ原や大峰がうっすらとした雲海に浮かび、東に目をやれば三峰山も輪郭がはっきりと浮かび、その上に東から御岳山や中央アルプス、さらに右に目を凝らせば南アルプスが局が岳、さらに右に眼を振ると富士山が朧気ながら見えました。」 

「写真上: 午後の奥峰から大台ケ原遠望」

Gengedo3017hinokiduka11_3

「御岳: 三峰山と、わかりづらいですが矢印位置が御岳山です。」

Gengedo3017hinokiduka12

「奥峰と夕焼け: 今季初青空に樹氷に雪というだけでなく、午後からの雲海に遠望と云うオマケまでついたいい雪山となりました。 また檜塚から振り返ると夕日には少し早いが、雲が少し朱に染まって送り出してもくれました。」

げんげ堂さん、久しぶりのお便りをありがとうございました。 その上、素晴らしい光景を満喫させて頂きました。 山上の夕焼けまで見せて頂き、下山された時は、すでに真っ暗だったでしょうね。 次回のお便りも、楽しみにお待ちしております。

Takamiyama30113funato

写真上は、マスターが今朝、舟戸地区に行って、撮影した『高見山』の雄姿です。 雪と樹氷で真っ白でした。

Zansetu30113siroyama

写真上は、午前10時頃の波瀬・野口の残雪風景です。 道路は乾き、所々に雪が残っています。 深夜-3℃、午前10時でも-1℃。 昼間の気温はわかりませんが、晴天ながら、冷え込みはずっと続いています。 今度は鹿児島で-7℃と聞きました。 どうなっているのでしょうか…? 厳しい寒さが続きます。 皆さん、暖かくしてお過ごしください。 

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

2018年1月12日 (金)

「極寒の中の調査 & 山林舎雪景色・今日と昨日」

Yamakawa30112takao

写真上は、3連泊されて、今朝、ご出立された『(有)山川事務所』(東京)の塩屋さんでいらっしゃいます。 背景には、『きずな橋』と朝の光を一身に受けた『高尾山(トクマ山)』が見られます。 土砂崩れ防止用の堰堤増設の為に谷などで調査を行っていらっしゃいます。 今回は大変寒さ厳しい中でも、調査を続行されました。

Yamakawa30112honkan

写真上: 山林舎本館をバックにもう一枚撮らせて頂きました。 来週早々からまたお越しになり、3泊されるご予定です。 ご利用頂きまして、誠にありがとうございました。 月曜日のお越しを楽しみにお待ち申し上げております。

Turara30112roukamado

写真上: 本日午前8時前に撮影した『ツララ』です。 昨日から、軒下にたくさんできています。 朝日を反映して、雲が少し赤みを帯びています。

Takao30112yukiaozora

写真上は、午後3時前に撮影した『高尾山(トクマ山)』です。 今日は青空が広がり、まだ雪化粧している高尾山がよく映えていました。 西側の頂上付近には樹氷が見られました。 時折強い風が吹き、気温は早朝は-3℃、昼間でも0℃でした。 今日、伊勢で-5℃を記録したと聞き、驚いているところです。 平地なのに、波瀬よりも5℃も低いとは!!! 陰地には雪が沢山残っていますが、国道には雪はありませんので、ご安心下さい。

Yuki30111kawaisi

写真上からは、前日に戻ります。 櫛田川の中に雪をかぶった石が沢山見られました。 その様が可愛いので、撮影してみました。

Yuki30111fuchi

写真上は、櫛田川の緑の淵付近です。 岸には雪が積もって、普段とは別の表情を見せていました。 影なので、川の色も暗くなります。



Yuki30111hazedani

写真上は、雪をかぶった『波瀬谷』です。 

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

«「本日の山林舎雪風景」