2021年9月27日 (月)

「大野さんの山の日記 ー 三峰山」

Ohno2021926miuneb01

本日のたよりは、『大野弘さんの山の日記』をお届けいたします。 写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。 大野さん、ご案内をお願い致します。 茶色の字が大野さんの文章です。

「何と7ケ月振りの登山となりました。日々衰えてゆく体力に懸念して、踏破できるか些か不安でもありましたが、取敢えず最も初級コースの三峰山に挑戦いたしました。何時もは月出登山口からユリワリ登山口へと下山するルートをトレースしているのですが、今回は体力を考慮して逆のルートに変更しました。月出からのコースは尾根までの登山道が傷みも多くきつい登りで、さらに三峰の頂上までもズーッと登りで、今回は自信がなく逆コースにしました。お天気は雨になるとの予報でしたが、登山口ではかすかに光もこぼれ、まずまずのお天気で雨があっても大降りには成らないだろうと読んで出発しました。まだ秋の風景には期待出来ないのは承知で、体力に多少の不安を感じての登山でした。 大野弘」

「写真上と下: 今どきの山では、丁度このようにヤマトリカブトが登山道で迎えてくれます。美しい花ですが、毒草であることからあまり人気がありません。檜塚や釈迦岳などでは白い花も見られますが、紺色に近い紫色の花は魅力的ではありますね。」

Ohno2021926miuneb02

Ohno2021926miuneb03

「写真上と下: 他の山では見たことはありませんが、三峰山にはヤマハハコの群落がみられます。川原に咲くのはカワラハハコと言いますが、山ではこうした砂礫の所を好むようで、これはホソバヤマハハコではないかと思われます。」

Ohno2021926miuneb04

Ohno2021926miuneb05

「写真上: 八丁平手前から見た三峰山頂上ですが、手前の谷はヤマハハコの大群落(お花畑)になっています。木々の隙間から白いお花畑が垣間見えます。近畿ではこれほどのお花畑は存在しないのですが、認知度が低いのでしょう。必見の価値があります。」

「結果歩数16,193でしたので、大普賢岳登山と歩数はほぼ変わりませんが、大普賢は急登が多く比較にはなりません。しかし、危惧していた体力は辛うじてクリヤーできました。でも筋肉痛は残りましたけれど、次回はどの山にと夢は膨らんでいます。 大野弘」

大野さんは長い期間登山をされていなかったので、少し心配しておりました。 今回の山行きで自信をつけられたと思います。 無理をされずに、また登山をお楽しみ下さい。 次回の作品も楽しみにお待ちしております。

本日の波瀬: 昨日はお泊りがなかったので、今日しかないと夕食を食べずに帰りました。 午後10時半で16℃。 今朝は十分に睡眠をとって、遅い出勤。 明るい曇天の1日で、昼間玄関先で22℃。 湿度は高めでしたが、過ごしやすい日となりました。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2021年9月26日 (日)

「昨日のお客様 & 松阪牛」

Sasai2021925yushoku

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

写真上は、昨日初めてお泊り頂きました笹井ご夫妻でいらっしゃいます。 登山の旅でお越しになり、『高見山を登頂された後、早い時間にチェックインされました。 夕食は『会席料理』をお召し上がり。 奥様が何度も「美味しかったです」と嬉しいご感想を仰って下さっていました。 

Kankyou2021925yushoku

写真上: 『(株)建設環境研究所』の『浜組』環境調査隊のお二人でいらっしゃいます。 蓮ダム水系の環境調査の為、長年に渡って、頻繁にご利用頂いております。 今回は金曜日から2連泊されました。 いつもは『ビジネスコースA』を召し上がられるのですが、今回は大変お疲れということで、特別に『松阪牛すき焼き』をご注文されました。 「滅茶苦茶美味しいです!」と嬉しいお言葉を頂きました。

お隣の笹井ご夫妻は、『松阪牛すき焼き』と『会席料理』のどちらにされるか悩まれた上、『会席料理』を選ばれました。 美味しいとのご感想でしたが、お隣で美味しそうなお肉の様子や香ばしい香りにより、少々後悔されていらしたようです。 次回は是非、お召し上がりください。 この『松阪牛すき焼き』がお二組の縁を繋ぎ、和気あいあいとお食事タイムを楽しまれました。 写真上右の浜口さんが日本100名山と数回巡られたほどの登山好きということで、山の話も盛り上がられていました。

ここで、皆様から大好評を頂いております山林舎使用の『松阪牛すき焼き』・『松阪牛ステーキ』のお肉を紹介させて頂きます。 

Marunakapanf1

Marunakapanf2

写真上の『丸中本店』のお肉を使っております。 正真正銘の松阪牛です。 インターネット通販でもご購入頂けます。→ 『丸中本店』https://www.marunakaniku.com/

Sasai2021926genkansaki

写真上: 笹井ご夫妻のご出立前の記念写真です。 昨夜からの雨で、玄関先での撮影となりました。 ご利用頂きまして、誠にありがとうございました。 またのお越しをここよりお待ち申し上げております。

Kankyou2021926genkansaki

写真上: 『(株)建設環境研究所』の『浜組』のお二人も玄関先で記念撮影。 また来月お越し頂くご予定です。 頻繁にご利用頂きまして、誠にありがとうございます。 10月のお越しを楽しみにお待ち申し上げております。

本日の波瀬: 山林舎で仮眠したため、深夜、早朝の気温がわかりませんが、今朝も低かったと思われます。 昨夜7時から雨が降り続き、累計雨量は午後8時現在で57mmとなっております。 昼間の気温は国道で17℃と上がりませんでした。 櫛田川は少し水位が上がり、ごくわずかな濁りが出ました。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2021年9月25日 (土)

「本日の波瀬」

今日は大変遅くなりましたので、『本日の波瀬』だけに致します。 申し訳ございません。 深夜17℃、午前6時で15℃。 曇り、のち晴れ、夜になって、雨となりました。 午後7時から午前0時までの累計雨量は23mmとなっております。 昼間玄関先で25℃。 午前0自前で18℃。

|

2021年9月24日 (金)

「昨日お泊りのお客様 & コブシの実 & キンモクセイ」

Waken2021923yushoku

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

本日のたよりは、昨日の夕食風景から参ります。 昨日は二組のお客様がお泊りでした。

写真上: 月曜日から4連泊されました『和建総合』のお二人です。 こちら側に社長さんもいらっしゃいますが、写真が苦手ということで、お二人だけの登場となりました。 今までにも橋の補強工事の特殊作業で何度かお泊り頂いております。 夕食は『ビジネスコースA』をご選択。 今朝早々にご出立されました。 ご利用頂きまして、誠にありがとうございました。 またのお越しを楽しみにお待ち申し上げております。

Taniguchi2021923yushoku

写真上は、昨日初めてお泊り頂きました谷口ご夫妻でいらっしゃいます。 登山の旅で、昨日は『高見山~赤ゾレ山』を縦走された後、チェックインされました。 夕食は『ビジネスコースA』を召し上がられました。 

Taniguchi2021924honkan

写真上: 谷口ご夫妻の今朝ご出発前の記念写真です。 「ここはいい所ですね」と嬉しいお言葉を頂戴しました。 おそろいのいで立ちで、山へご出発。 今日は高見山を登られました。 ご利用頂きまして、誠にありがとうございました。 またのお越しをここよりお待ち申し上げております。

Kobusi2021923mimae

写真上は、本館前に立つコブシにできた実です。(昨日撮影) 実にまとった上着(?)が取れると、次の写真のようになります。

Kobusi2021923mimok

写真上: 木工教室の前に立つコブシの実です。(昨日撮影) 実は形が様々ですが、どれも面白い形をしているように感じます。

Kinmokusei2021923mok

写真上: 木工教室の裏に立つ大きな『キンモクセイ』は満開を迎え、ぎっしりと花が咲き誇っていました。(昨日撮影) 芳香が風に乗って、バーベキュー小屋付近まで漂っていました。

本日の波瀬: 深夜17℃。 前日とは変わって、空は雲に覆われていました。 早朝は16℃。 長そでの上着が必要でした。 その後は気温が上がり、玄関先で25℃。 今日も風があり、エアコンは不要でした。 夜からかなり涼しくなってきております。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2021年9月23日 (木)

「早朝のまん丸お月様 & 朝霧 & 櫛田川 & 秋日和」

Maruituki2021923a

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

深夜の帰宅時、空は久しぶりに晴れ上がり、気温は17℃で爽やかな帰宅時。 中秋の名月は雨で見られませんでしたが、16夜の少しだけ欠けたお月様が真上で明るい穏やかな光を放っていました。 東の空には、なんと! 『昇るオリオン』がその全容を見せていました。 雨天や曇天が続き、特に東の空には常に雲がかかっていた為、そろそろオリオン座が見える時期と捜しても見つかりませんでした。 なので、急に全容が目に飛び込んできて、嬉しい驚きとなりました。

写真上は午前6時の西の空です。 お月様がまだ残っていました。 不思議なことに、深夜には少し欠けて見えたお月様が早朝には真ん丸に戻っていたのです。 気温は15℃で、今季最低気温となりました。

Maruituki2021923b

写真上: これがお月様のアップです。 欠けていないように見えますね。 でも、再度よく見ると、右側が少しへこんでいるのに気づきました。 暗い所では、その欠け方がより強調されるのかもしれないと思った次第です。

Asagiri2021923kawatakao

写真上: お客様が朝食をとられている時、外の景色を眺めると、川の向こう側は青空の下に霧がかかり、別世界が広がっていました。 それで、慌てて、カメラを持って撮影してきました。 

Maenokawa2021923karyuyori

写真上: 本日の山林舎前の櫛田川です。 この櫛田川上流域では、『アマゴ漁』が今月一杯で終了となります。 あと1週間を残すばかりとなりました。 今季最後のアマゴ釣りをお楽しみ下さい。

Akibiyori2021923aozora

写真上: 明るい青空に白い雲が流れ、爽やかな秋日和。 昼間玄関先で25℃ながら、湿度が下がり、涼しい風も吹き渡り、快適な1日となりました。 午後11時半過ぎで18℃。

|

2021年9月22日 (水)

「大野弘さんの波瀬日記 ー 雨粒を纏った草花」

Ohno2021921hazeab01

本日のたよりは、『大野弘さんの波瀬日記』をお届けいたします。 写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。 大野さん、ご案内をお願い致します。 茶色の字が大野さんの文章です。

「台風14号は波瀬では何事もなく、雨も僅かで松阪市からの警報もありましたが、少し拍子抜けした感じでした。しかし、被害がなかったのは何よりです。翌日はスカット空も晴れて、朝の太陽が眩しい程の清々しい朝でした。こんな時は被写体に事欠きません。早速早朝に日差しの柔らかい太陽に光る雨粒を纏った花達を狙って、家の近くにある被写体をカメラに収めてきました。 大野弘」

「写真上: 春に一杯花を見せてくれたヤマボウシの実が色ずき始めました。イチゴの様な肌に興味を覚え、図鑑で調べたら食べられると表記しています。さてどんな味がするのか気になるところですが、鳥が啄んだ痕がないところを見て遠慮しておきました。」 

Ohno2021921hazeab02

「写真上: 今年の春に咲き誇っていた、ヤマボウシの花」

Ohno2021921hazeab03

「写真上から4枚: 昨年までは家の前にほとんど見る事がなかったヒガンバナが、今年は列をなして咲きそろい、昨晩の雨を纏った姿はイルミネーションで飾られたように輝いてみえます。ネットでヒガンバナを検索すると面白いことがわかりました。

この花は種を持たず、竹の様に鱗茎(根茎)で増えてゆくので、日本全国全て同じ家族?なのだそうです。とのことで、背丈も揃っているのはその為だとか、但し、時折背違いが出るのは日当たりや土壌の影響もあるのでしょう。ヒガンバナを別名『ハミズ ハナミズ』とも言われるそうですが、これは花容が、葉っぱは花を見ず、花は葉を見る事がないからと言われていますが、なるほど花時に全く葉っぱはありません。葉っぱは花が咲く前には見られるのですが、花が咲く時には見られませんからね。」

Ohno2021921hazeab04

Ohno2021921hazeab05

Ohno2021921hazeab06

Ohno2021921hazeab07

「写真上と下: チカラシバやオノコログサ、ススキ等は秋になると荒れ地や川沿いに沢山見られますが、これらの植物は風景写真の被写体に必ず取り上げられます。そうした野山の風景に秋の風情を醸し出す雰囲気を感じさせるからでしょう。時期には少し早いのですが、雨粒が朝の光にキラキラと輝いて思わずカメラを向けました。しかし、イメージ通りには表現できませんでした。」

Ohno2021921hazeab08

雨粒が美しく輝いて、素敵な光景を見せて頂きました。 大野さん、素敵な写真をありがとうございました。 次回の作品も楽しみにお待ちしております。

本日の波瀬: 深夜19℃で小雨が降り、蒸し暑さを感じる帰宅時でした。 早朝も19℃ながら、雨は止み、幾分ひんやり感がありました。 それでも半袖で大丈夫でした。 午前中は明るい曇天で湿度が頗る高く、不快指数が高い日となりました。 お昼過ぎから雷雨となり、2時台までに6mmの雨。 午後午後6時台からまた降り出し、午後8時までで8mm。 今日はエアコンのドライが活躍しました。 夜になって、涼しくなってきております。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2021年9月21日 (火)

「朝焼けの雲 & 秋の実と花 & キンモクセイ」

Asayakekumo2021919takao

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

本日の波瀬: 深夜17℃でかすかな雨がパラパラと降り、満月前日のお月様は暑い雲の中。 午前6時の出勤時、『高尾山』などの山頂に這いつくばるような雲が朝日に染まって、美しい光景を見せてくれました。 この時の気温は16℃。 久しぶりに長そでのカーディガンを羽織りました。 涼しさは昼間も続き、玄関先で23℃。 徐々に曇天へ。 午後8時過ぎから雨となっております。 累計雨量は午後11時現在で5mm。 中秋の名月は見られません… 現在、19℃

Konarakana2021919donguri

写真上: 19日に通勤路で見かけたドングリ。 コナラの木ではないかと思われます。

Utugi2021919mi

写真上: 同じく19日に通勤路で撮影した実。 『ウツギ』の実だと思います。

Ivorynanikana2021919

写真上: 同じく19日であった可愛い線香花火のような形状で、花なのか、蕾なのか、実なのかもわからないものです。 調べてみましたが、全くわかりませんでした。 

Siroigokushounohana2021919

写真上: キュウリグサ位の大きさの小さな小さな白い花です。 19日撮影。

Kinmokusei2021921

写真上: 本館前の『キンモクセイ』に花が咲いてきました。 昨年剪定されたので、花がわずかしか見られません。 なので、芳香も今のところ漂ってきません。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2021年9月20日 (月)

「昨日のお客様 & 早朝の風景」

Kawasaki2021920choshoku1a

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

昨日は二組のお客様がご宿泊されました。 一組のご家族は写真は苦手ということで、川崎お友達ファミリーチームのみにご登場頂きます。 昨年に続き、2度目のお泊りです。 本日の朝食風景から参ります。

Kawasaki2021920choshoku2

Kawasaki2021920choshoku3a

本日の朝食は、『サケ切り身の塩焼き』、『ヒジキと豆の煮物 がんも添え』、『だし巻き卵』、『漬物』、『味噌汁』が出されました。

Kawasaki2021920kawa1

写真上: 朝食後、川遊びされていた子供さん達。 撮影に川へ降りて行った時にはすでに川から上がってみえました。 なので、川中でポーズをお願いした次第です。 ご協力をありがとうございました。

Kawasaki2021920kawa2

写真上: 一番幼い真ちゃん。 あどけない愛らしさ一杯💗 昨年は赤ちゃんでした。 

Kawasaki2021920kawa3

写真上: 櫛田川をバックに記念写真📷 この後、川で冷えた体を『ひのき湯』で温めて、お帰りになりました。 来年のご予約もすでに頂戴しております。 ご利用頂きまして、誠にありがとうございました。 来年のお越しを楽しみにお待ち申し上げております。

Asagiri2021920koueizan

写真上: 本日の早朝はご覧のように南側は深い霧となっていました。 

Asayakekiri2021920siroyama

写真上: 西の空は霧の上に青空が広がり、朝日に染まった雲も見られました。 この後、徐々に晴天へ。 

本日の波瀬: 深夜はポツポツ雨が降り、気温は19℃。 風呂上りには蒸し暑さが感じられました。 早朝には雨は止んでいましたが、写真の通りでした。 その後、雲も多いながら、青空が広がり、好天となりました。 昼間玄関先で26℃。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

 

|

「ゲンノショウコ」

Gennnoshouko2021919

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

本日は遅くなってしまいましたので、今朝撮影した1枚の写真のみ掲載いたします。 通勤路に咲く『ゲンノショウコ』です。 クモさんが特別共演してくれています。 夏から秋に長く咲く花で、日本古来からの民間薬の代表です。 乾燥した葉を煎じて飲むと、20~30分で効果が現れることから、「現に良く効く証」という意味で名付けられたとのことです。(『四季の山野草』参照)

本日の波瀬: 深夜19℃で小雨。 その後は曇天となり、時折晴れ間も見られました。 昼間玄関先で27℃。 山林舎前の川では、お泊りの方々や日帰りのご家族が川遊びを楽しんいらっしゃいました。 でも、「冷たい!」との声が聞こえてきていました。 夜になって、ポツポツ雨が降ったり止んだり。 午前0時前で19℃でした。

|

2021年9月18日 (土)

「台風後の櫛田川 & 雨に濡れた花々」

Kawa2021918hasiyori

本日は台風直後の為、早い時間にアップ致しますので、昨日の記事もご覧になって下さい。 写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

台風14号は予想よりも南下し、南隣にある大台町に250mmの雨を降らせて過ぎました。 ここ波瀬は、17日午前2時からの累計雨量は午後7時現在、54mmとわずか。 一番は多く降ったのは午前3時台で時間雨量9mm。 午前6時頃からは小雨が降ったり止んだりとなりました。 強風もなく、台風一過という感じは全くありません。 最近は雨の道、台風の道が変わったようで、かつては豪雨地帯だった波瀬に大雨は滅多に降らなくなりました。 

被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。 また、これからまだ心配な所もありますので、くれぐれもお気をつけ下さい。

写真上は本日の正午過ぎに『きずな橋』から撮影した櫛田川です。 少し水位は上がり、流れも速くなっておりますが、濁りは見られませんでした。 午前6時頃は少し濁りが出ていたそうですが、その後は雨量がわずかで回復が早かったようです。 この時の気温は23℃。 湿度が高く、この後、ドライを稼働させました。

Kawa2021918mae

写真上は、午後5時過ぎに撮影した山林舎前の櫛田川です。 水位は正午頃よりもさらに下がり、流れもゆるくなっております。

Higanbana2021918

写真上: 彼岸花があちらこちらに沢山見られるようになりました。 完全に開いた花は何度も掲載しましたので、少し手前の花をアップ致します。 雨に濡れて、しっとりとした美しさを見せていました。

Itadorihana2021918dote

写真上: 通勤路の土手で見つけた『イタドリ』の雄花。

Mizuhiki2021918azayaka

写真上: きずな橋への階段脇で、今日、見事に鮮やかな『ミズヒキ』を見かけました。 花がこんなに大きくて(太くて)、くっきり見えるミズヒキを見るのは初めてです。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2021年9月17日 (金)

「稲刈り終了 & 山林舎に集う虫さん達」

Inekariowari2021917

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

写真上: 今朝起きたら、稲が残っていた東側の田んぼも稲刈りが終わっているのに気づきました。 本日の早朝は小雨。 気温は深夜も、午前6時も19℃でした。 小雨が降ったりやんだりの1日で、夕方から雨が降り続くようになりました。 昼間玄関先で23℃。 湿度が高いです。 午前9時からの累計雨量は午後11時10分現在、櫛田川で20mmとなっております。

台風14号が近づいております。 四国から紀伊半島へと進んできて、明日の正午頃にこのあたりの真上を通過する予報です。 進路にあたる地域の皆さん、くれぐれもお気をつけ下さい。

Aodougane2021913

写真上からは、山林舎で見かけた昆虫さん達をご紹介致しましょう。

写真上: 『アオドウガネ』と思われます。 コガネムシの仲間です。

Kamakiri2021913amido

カマキリが3種登場します。 

写真上: 網戸で逆立ちしていたカマキリ。 カマキリは皆、カメラを迎えるとカメラ目線をしてくれて可愛いと思っていました。 でも、昆虫図鑑には「人間が近寄ると、挑戦的な目でにらみつけてくる」と書かれていました。 これが正しいのでしょうね…

Kamakiri2021916hinoki

写真上: 窓を拭いていると、窓からヒノキの木っ端へと落ちた緑色の大きなカマキリ。 お腹も大きかったです。 ほら!可愛い瞳でみつめてくれていますよ💗

Kamakiri2021916amido

写真上: こちらは少し挑戦的な目で見つめています。 羽に枯葉みたいな柄があります。 この子もお腹が大きかったです。

Kawattamusi2021916

写真上: 最後はオレンジ色の変わった虫です。 尻尾を入れないと、2cmもない位でした。 ピンボケでごめんなさい。 こういう感じの虫が沢山います。 

この夏は虫が少なかったように感じました。 特に、ハエが大変少なくて、食事を出しているものとしては助かりました。 が、少々気持ちが悪いです。 9月に入っているのに、コオロギも少ないですね。 例年ですとコオロギが館内に入り込んで鳴いていることが多々あるのに、今年はまだわずかしか見ておりません。 カマキリもいつもより少なく感じます。 カマキリの館と言えるほどにいたのですが… 

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

 

|

2021年9月16日 (木)

「昨日のお客様と夕食 & ジャズ喫茶 & 彼岸花とギンモクセイ」

Asuka2021915yushoku

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。 

写真上は、昨日の夕食風景です。 森地域で、『命の硬水』やキノコ栽培を手掛けていらっしゃる『(有)明日香』関係の皆さんでいらっしゃいます。 お仕事関係のお客様がお越しになり、2連泊されました。 夕食のみ、一昨日は2名様、昨日は3名様で、『会席料理』を召し上がられました。 いつもご利用頂きまして、誠にありがとうございます。 またのお越しを楽しみにお待ち申し上げております。

Iitakabookjazzkissa

写真上: 『(有)明日香』さんは旧庄屋の古民家を改造されて、『いいたか BOOK JAZZ 喫茶』を運営されておられます。 先ほどの写真の左端の方が、喫茶店のマスターをされていらっしゃいます。 

Iitakabookjazzkissa2

写真上: ジャズと本に囲まれた空間で美味しい珈琲タイムをお楽しみ下さい。

Businessa2021915

写真上: こちらは、平日の長期連泊中の中村さんに昨夜出されたお食事です。 本来は『ビジネスコースA』ですが、お隣の『会席料理』のおこぼれで、豪華となりました。 まるで、『ビジネスコースB』となっております。 中村さんに申し上げましたら、「いつも豪華です!」と嬉しいお言葉を頂戴しました。 毎回、きれいに召し上がって下さいます。 写真は遠慮されました。

Higanbana2021915tubomi

写真上: 昨日の早朝に、ついに私の通勤路でも『彼岸花』を見つけることができました。 道のわきに雨粒をたたえて、彼岸花の蕾がひっそりとたたずんでいました。

Higanbana2021915kaika

写真上: 目を凝らして田んぼの周囲を見ると、密集しいる彼岸花を発見! それも2輪が開花していました。

Higanbana2021916tubomi

写真上は、最初に登場した彼岸花の蕾の今朝の表情です。 大分開いてきていました。

Ginmokusei2021915

写真上: 最後は、昨日撮影した『ギンモクセイ』です。 きずな橋へおりる階段の脇に咲いています。 甘い香りが漂っております。

本日の波瀬: 深夜、早朝とも16℃。 昨夜から、薄手のジャケットを着始めました。 帰りはお風呂上りなので、少し暑く感じますが、朝方は体が冷えているので、逆に薄手のジャケットでは寒い位でした。 今日は曇天の1日で、昼間、国道で23℃。 雨が降ることはありませんでした。 午後11時半過ぎで18℃。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2021年9月15日 (水)

「大野弘さんの波瀬日記 ー 園芸種の野生化」

Ohno2021914hazexx01

本日のたよりは、『大野弘さんの波瀬日記』をお届けいたします。 前回に引き続き、初秋に咲く帰化植物が登場します。 写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。 大野さん、ご案内をお願い致します。 茶色の字が大野さんの文章です。

「猛暑日が有ったかと思えば、半そででは肌寒さを覚えるような気温の変化に戸惑いを覚える夏ですが、にも拘らず花達は何食わぬ顔をして季節の変化に従っています。それは花達にとっては、こうした山村は生きるための環境や条件に恵まれているからなのでしょう。本来は園芸用として育てられたものが、種子が風で運ばれて野生になってしまった花や草が多くみられます。今回もそれらの花達を追ってみましたのでご紹介させて戴きます。 大野弘」

「写真上: これは数年前に撮った花です。見かけはバラのように見えますが、名前はシュウメイギクとついています。但し菊ではなくキンポウゲの仲間で、中国原産となっています。」

Ohno2021914hazexx02

「写真上と下: この花も同じくシュウメイギクですが、上の花とは花容が違い、これは同じキンポウゲの仲間のレンゲショウマに似ています。因みにキンポウゲの仲間にはお馴染みのトリカブトや、オダマキ、クリスマスローズなどがあり、いずれも園芸用として、育ったものが野生化しています。」

Ohno2021914hazexx03

Ohno2021914hazexx04

「写真上: 雑草のある所やヤブ等に多く見られるヤブランは殆ど注目されることはないでしょう。それは見かけがとても貧弱で雑草に埋もれて目立たないからですが、」 

Ohno2021914hazexx05

「写真上: こうしてUpで見るととても可憐な花であることを発見します。小さくともラン独特の気高さを漂わせています。」

Ohno2021914hazexx06

「写真上と下: 先日もHPで紹介されていましたが、ヒルガオの仲間マルバルコウになり花の大きさは1.5cmほどです。熱帯アメリカ産で、1850年頃渡来と図鑑にでていました。ヒルガオの仲間では花が小さい方になりますが、さらに小さい花で北アメリカ原産のアメリカネナシカズラは3mmなんての見られます。」

Ohno2021914hazexx07

Ohno2021914hazexx08

「写真上: 9月5日に我が家の庭に顔を覗かせていましたが、カメラの写程距離になく12日家の前に咲き始めたヒガンバナを撮りました。例年より早い気がしますがどうでしょうか?かなり昔救慌食として中国から持ち込まれたと言う記述があります。この花が咲き始めると秋の田畑を赤いクマ模様に彩り始めます。」

大野さん、素敵な写真をありがとうございました。 次回の作品も楽しみにお待ちしております。

本日の波瀬: 深夜、早朝とも18℃。 深夜から雨が降ったりやんだりで、午前9時過ぎには雨も止み、その後は曇天へ。 昼間国道で21度。 でも、湿度が高く、少し蒸し暑さが感じられました。 夜になって、涼しくなってきております。 午後11時過ぎで16℃。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2021年9月14日 (火)

「神田ファミリーからのお便り & かっぱずんの彼岸花開花」

Kanda202194kawa1b

本日は、お客様から頂きました大変嬉しいお便りを紹介させて頂きます。 7月下旬と今月初めの2回お泊り頂きました神田ファミリーでいらっしゃいます。 掲載できなかった写真とともにご紹介致しましょう。 写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

 お世話になります! 
 4.5と宿泊させて頂きました神田です。
 凄く楽しかった2日間ありがとうございました^ ^
 雨でキャンセルを一度は考え、危なかったですが笑

 皆のお祈りが届いたおかげで
 川でも遊べて、子供も凄く喜んでいました。
 帰ってからも、また行きたいなー。いつ行くの?って
 聞いてくるくらいでした笑
 料理も、あったかいおもてなしも、
 アットホームな山林舎さんにも大満足です^ ^
 また来年、行かせていただきます♡

 次は暑いくらいを狙って笑
 今後とも、よろしくお願いします♡
 ありがとうございました♡
 あ!HPの写真も素敵な写真、ありがとうございます!
 いい記念になりました♡
 またちょくちょく拝見させていただきますね^_^
 神田ファミリーより。

Kanda202194kawa1c

ご返答もまた暖かな元気を頂けるお便りでしたので、紹介させて頂きます。

 お世話になります^ - ^
 お返事頂いてて、ありがとうございます!

 川で存分遊んだ分、仕事に明け暮れていました笑
 写真たくさんありがとうございます!
 自分では撮れない素敵なショットの写真、
 ほんとに宝物です!
 お便りとゆうレベルじゃないですが
 全然、載せて下さって大丈夫ですよ!
 これから行こうとするお客さんや、皆様にも
 この楽しかった気持ちとか知ってもらえたら光栄です^ ^
 今年初めてそちらに伺って毎年来ようって決めた場所です。
 自信もって下さいね!
 行くと決めてからHP毎日拝見してたので、
 お人柄や、飾らないところも凄く伝わってて、好きでした!
 今でも旅行終わっても日課の様に毎日拝見してますよ!
 夏しか知らないので色々知りたいのでまた毎日拝見します♡

 次は仕事の都合などつけば、2泊したいところです笑
 今後ともよろしくお願い致します。
 お体にもお気をつけて、
 山林舎様の益々の繁栄も心から祈っています♡

 神田一同

神田さん、この夏2度のお泊りと、このような山林舎愛にあふれたお便りを頂きまして、心よりお礼申し上げます。 自信を無くすことも多々ありますが、神田さんのお言葉に大きな力を頂きました。 こちらこそ、今後とも宜しくお願い致します。 次回のお越しを楽しみにお待ち申し上げております。

Zun2021913higanbana1

かっぱずんちゃんから、昨日、彼岸花の写真が届きました。

写真上は、先に送られてきた蕾です。

Zun2021913higanbana2

写真上: すぐ後に届いた「咲いていました」

大野弘さんからもお家の前の彼岸花が開花したと写真が届きました。 明日か、明後日には紹介させて頂きます。 私の通勤路ではまだ見かけません。 そろそろ…と思う毎日です。

本日の波瀬: 深夜、早朝とも17℃。 午前7時頃から小雨が降り出し、降ったりやんだりが続きました。 累計降雨量10mmとわずかな雨。 昼間の気温は国道で19℃。 午後11時過ぎで18℃。 気温が低めでエアコン不要、そして気温変化の少ない1日でした。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2021年9月13日 (月)

「昨日お泊りのお客様 & イタドリの花 & 最後(?)のアユ」

Oosima2021912yushoku

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

写真上は、昨日初めてお泊り頂きました大島ご夫妻でいらっしゃいます。 夕食は『ビジネスコースA』をご選択。 予想されていた以上に豪華だったのでしょうか、「これ、本当にビジネスコースAですか?」とのご質問がありました。 

Oosima2021913kawa

写真上: 大島ご夫妻がご出立される前に、櫛田川をバックに記念撮影。 お二人は、ここ波瀬地域への移住をご希望され、お家も決まられました。 今日は地区の方々との面接が行われ、その上で正式に移住が決定となられるそうです。 無事に終えられ、波瀬地域の住人となられることを願っております。 ご利用頂きまして、誠にありがとうございました。 またのお越しを心よりお待ち申し上げております。

Itadorihana2021913kawa

写真上: 川辺に咲く白い密集花。 『イタドリ』の雄花だと思われます。

Ayusioyaki2021913

写真上: 今日、山林舎前の櫛田川で『アユの友釣り』を3時間ほど楽しまれた池川さん。 以前は大阪大学の先生でいらして、学生さん方を伴われてよくお泊り頂きました。 3時間の間に3匹のアユを釣り上げられ、山林舎にプレゼントして下さいました。 まかない夕食で頂きましたが、卵が入っていて、大変美味しかったです。 今季、口にする最後のアユではないかと思われます。 池川先生、貴重なものをありがとうございました。

本日の波瀬: 深夜19℃。 早朝は18℃。 今日も半袖が寒い早朝でした。 明るい曇天の1日で、昼間は玄関先で25℃。 湿度が高く、蒸し暑さが感じられました。 夜に入って、途端に涼しくなりました。 午後11時半過ぎで18℃。 

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

«「昨日のお客様 & 秋の実」