2017年2月25日 (土)

「大西さんの飛行機雲・りんちゃん & 虹の泉のTV放映」

Ohnisi29222hikokigumo

本日のたよりは、久しぶりに大西たづ子さんから送って頂いた写真とお便りをご紹介いたしましょう。 

「ひさしぶりにお便りします。 今朝   22日に 出かけたら 飛行機雲のラッシュでした。 左の方にも出てたのですが うまく撮れませんでした。」

見事な飛行機雲ですね。 かっぱずんちゃんからも飛行機雲の写真が届いています。 また後日のお楽しみに。

Ohnisi29211rin1

ここからは、大西さんの愛犬りんちゃんの写真になります。 山林舎愛犬バンバンの子どもで、大西さんにもらって頂きました。

「この間、混合ワクチンの 注射をしに行ってきました。 去年までは 診察台に乗せるのに 難儀したけど 今回は何故かおとなしく乗ってくれました。 少しは、大人になってきたんですね。」

Ohnisi29211rin2

Ohnisi29211rin3

りんちゃん、おりこうさんになりましたね。 本当に母犬のバンバンにそっくりですね。 性格もバンバンみたいに聞き分け良くなって、お母さんが楽になりますよう… 大西さん、素敵な写真と可愛いりんちゃんのお便りをありがとうございました。 またのお便りを楽しみにお待ちしております。

Nijinoizumi200810a

写真上の『陶芸空間・虹の泉』が、明日(25日)の土曜日午後11時からNHK教育テレビ(Eテレ)にて紹介されます。 ETV特集『人知れず 表現し続ける者たち」という番組です。 ぜひ、ご覧になって下さい。

本日の波瀬: 深夜3℃、早朝1℃でまた寒さが戻ってきました。 高見山には樹氷の花が咲いていました。 雲の多い晴天で、昼間の気温は玄関先で5℃でした。 夜も深まり、すでにー2℃まで下がっています。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com NEW!
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com NEW!

|

2017年2月23日 (木)

「かっぱずんの林業・安全太郎②」

Anzentaroukyukeiw2

本日のたよりは、『かっぱずん』ちゃんが描く林業シリーズの第2弾をお届けいたします。 金太郎の子孫『安全太郎』くんと山友のヘビ太郎くんが、今回は山仕事を離れたひと時の姿を見せてくれます。 何年も前に描いたもので、どういう目的で描かれたものかさえ、わからないそうです。 古いカラーコピーでプリントしたものなので、画質も良くありませんが、林業の里・波瀬ならではのイラストをお楽しみください。

Anzentarousawaw2

Anzentarouohiruw2

Anzentarouhosiw2

お仕事を終えて仰ぎ見る金星の大きさ・美しさは疲れを癒してくれるでしょうね。 かっぱずんちゃん、貴重なイラストをありがとう。 次のイラストを待っていますshine

本日の波瀬: 深夜5℃、早朝は6℃。 小雨が降ったりやんだりの1日で、午前7時過ぎは8℃、昼間はわからず、夕方も8℃。 現在は4℃となっています。 

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com NEW!
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com NEW!

|

2017年2月22日 (水)

「福島への旅~ひまわり甲子園大応援」

Fukusimahe29218himawari

マダム順子は、17日夜から20日の間、『福島への旅~ひまわり甲子園大応援』というツアーに参加してきました。 『ひまわり甲子園全国大会』というのは、上の案内書のプロジェクトに参加された方々がその体験談を発表する場で、地方大会を経て選ばれたプレゼンターの方々が全国大会で発表されました。 波瀬地域で毎夏行われているサマーキャンプでは、福島の子どもさん達を招待して、福島では思いっきり楽しめない屋外での川遊びなどを楽しんで頂いております。 その縁で、サマーキャンプの関係者の方々が今回参加されました。 

Fukusimahe29218shugo_2

写真上: ひまわり甲子園の前夜、波瀬のサマーキャンプに参加された福島の方々が集まって下さって、懇親会が開かれました。 写真は、お世話係をして下さった菊田さんから、渡邊さんを通じて、マダム順子に送って頂いたものです。 「とっても楽しかった!」と、マダム順子も、森ママも話していました。

Fukusimahe29218onsen

写真上: 懇親会の前に『飯坂温泉』の温泉施設でも、ふれあいの会が開かれました。 

Fukusimahe29218keiji

写真上: 温泉施設のロッカーの番号表示だそうです。 木を上手に使っているものが多かったと、マダム順子が話していました。

Fukusimahe29219ohinasama

写真上と下: いろいろな所にお雛様が飾られていたそうです。

Fukusimahe29219ohinasama2

Fukusimahe29219taiko

写真上: 19日に行われた『ひまわり甲子園全国大会』は、『山本屋太鼓』の演奏から始まりました。 皆さん、熱弁を振るわれて、感動的なお話をされたことと思います。 

この後、ツアーの皆さんはまた高速バスに乗って、月曜日の早朝、松阪に到着されました。 マダム順子はツアーを離れて、神奈川のおばさんのお宅に1泊して月曜日の夜に元気に帰ってきました。 

Fukusimahekokesi

最後の写真は、サマーキャンプのお母様方から波瀬の皆さんに贈って下さったお土産のこけしです。 『香村工房』創作の招福こけしです。 大きな笑い顔がほんわかとして、思わず、見ている側も笑顔になるこけしさんですね。 福島の皆さん、暖かなおもてなしをありがとうございました。 合掌

本日の波瀬: 深夜ー1℃、早朝はー2℃。 5時半の出勤が昨日からまた始まりましたが、以前よりも、東の空が少しだけ薄明るくなってきた感じがします。 晴れから曇天へ。 夜になって、時折雨が降ってきています。 明日の早朝から春の嵐となる予報。 お気を付けください。 現在4℃と暖かい夜となっています。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com NEW!
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com NEW!

|

2017年2月21日 (火)

「丸勝木材さん & ゆずりはさんの山だより-マスガタ山」

Marushou29221yushoku

写真上は、本日の夕食風景です。 福井県の林業チーム『(株)丸勝木材』の皆さんが昨日、半月近くぶりにお帰りになりました。 これから半月ほどご滞在されるご予定です。 林業チームにしては珍しく女性がお一人いらっしゃいます。 社長の佐々木さんの奥様で、皆さんの洗濯も一身に担当されていらっしゃいます。 そして、息子さんもご一緒で、奥の3人の方々が佐々木ファミリーとなります。

今日は強風に雪が舞い続けた1日でした。 そんな中でもお仕事に奮闘されてお帰りになり、『ひのき湯』でお体を温められた後、夕食を召し上がられました。 今夜のビジネスコースは、アジの塩焼き、肉じゃが、トンカツにスパゲッティサラダ添え、吸い物、漬物、みかんでした。 「山林舎は料理が多いので…」と社長さん。 長期滞在されると、ほとんどの方が太ってお帰りになります。 お仕事がハードなので、しっかり召し上がって下さいね。 来月まで宜しくお願い致します。

Yuzuriha29215masugata1_2

写真上からは、おなじみ『ゆずりはの山だより』をお届けいたします。 今回は、山林舎の後衛山こと、『マスガタ山』を15日に登られ、その日に山林舎にお泊り頂きました。 それでは、ゆずりはさん、ご案内をお願い致します。

「数日続いた寒波が一段落した2月15日(水)、マスガタ山へ登りました。 マスガタ山は山林舎の裏山のような位置で、西からアマネ山、マスガタ山、青田裏山、フナクボ山と蓮ダムあたりまで続く山塊です。

蓮ダム湖側からフナクボ山の東に登りつきましたが、道はずっと植林の中。 積雪は思ったより少なく30から50センチくらいでしたが、展望もなくただ黙々と歩くだけ。 以前歩いた時は、景色の良いところもあったはずだけど。

マスガタ山が近くなると、自然林が多くなり青空ものぞいてきました。 歩いている方も気持ちが明るくなります。 マスガタ山手前の林道終点は一番の展望地で、三峰山や迷岳がよく見えました。」
 

「写真上: やっとマスガタ山が見えた。」

Yuzuriha29215masugata2

「写真上: 大滝山(左)から三峰山への稜線。 下に見える集落は桑原から月出のようです。」

Yuzuriha29215masugata3

「写真上: 林道終点から見る迷岳。」

Yuzuriha29215masugata4

Yuzuriha29215masugata5

「写真上: 山側から転がり落ちてきた雪玉。 かたつむりのような形ができます。 大きなものは50センチくらいもありました。 落ち始めの大きさと、転がった距離で、大小いろいろなカタツムリになります。」

真っ白な雪の林道を、ゆずりはさんだけがつける足跡。 空は真っ青で、雪の美しさを引き立ててくれています。 雪のカタツムリは初めて見ました。 可愛い形ですが、人が襲われることはないのでしょうね… ゆずりはさん、貴重な写真とお便りをありがとうございました。 次回の山だよりとお越しを楽しみにお待ち申し上げております。

本日の波瀬: 強風吹き荒れる深夜に帰宅する気がおきませんでしたが、気持ちを奮い立てて、帰りました。 予想していたよりは楽に帰れました。 気温は0℃、早朝も0℃。 今日も風が強く、雪が吹き飛ぶ午前中でした。 お昼過ぎに雪は止み、現在は晴天となっているそうです。 気温はまた0℃です。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com NEW!
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com NEW!

|

2017年2月20日 (月)

「かっぱずんのテントウムシ&甘酒 & ソラちゃん」

Zun29220tentoumusi1

本日のたよりは、『かっぱずん』ちゃんづくしで参ります。 まずは『かっぱずんのお散歩路』からです。

写真上と下(本日撮影): 「ちょこちょこと忙しそうに赤い子がうごいていたよ 春なんだね」

Zun29220tentoumusi2

勝手ながら、テントウムシが小さくならないように、少しトリミングさせてもらいました。 

Amazakechoudaiw

続いては、『かっぱずんのほのぼのイラスト』です。 今回のテーマは『甘酒』。 寒い時に飲む熱い甘酒は体を温めてくれるし、最高に美味しいですね。 私は1年半ほど前から、麴から作った『冷やし甘酒』を愛飲するようになりました。 夏ばて対策に飲み始めました。 『飲む点滴』と言われるほどに栄養価が高く、すぐにエネルギーに変わります。 他にもいろいろと効用があって、飲み続けています。 甘酒は冬の飲み物の感じがしますが、夏の季語にもなっているほど、昔から夏の飲料として重用されてきたようですね。

Amazakenomisugiw

甘酒の飲みすぎで太ってしまったようですね。 砂糖をたっぷり入れた酒糟から作った甘酒は確かに太ります。 以前、冬には酒屋さんから頂いた酒糟を使って、よく作ったものでした。 飲みすぎるとイラストのようになります。 

かっぱずんちゃん、可愛い写真とイラストをありがとう!

Sora2929kohigaai

最後の写真は、パパ(マスター)とママ(マダム順子)の間でくつろぐソラちゃんです。 ソラちゃんは最近病院で診てもらいましたが、悪かった所が回復していて、先生が驚いていたそうです。 高齢もなんのその。 夜も更けると、元気に走り回るソラちゃんです。

マダム順子は金曜日の夜から、今日まで福島へ行っていました。 その様子はまた後日ご紹介いたします。 お楽しみに!

イソヒヨドリ: 昨日掲載しました小鳥の写真ですが、ヒヨドリの幼鳥ではなく、『イソヒヨドリ』のメスだということを、『げんげ堂』さんから教えて頂きました。 「この鳥、海辺の磯が生活圏のはずなんですが、随分前から蓮ダム周辺にも姿を現して…、波瀬にも姿を現しましたか。」ということです。 鳥の生活圏も変わりつつあるのでしょうか。 げんげ堂さん、貴重な情報をありがとうございました。

本日の波瀬: 深夜はー2℃でしたが、午前10時で9℃、お昼過ぎには18℃!!まで気温が上がりました。 早朝の冷え込みが残った館内はひんやり、外に出ると気持ち悪いほど暖かい風が吹いていました。 名古屋で9℃、津で11℃だというのに、どうしたのでしょうね? なにやら、南の暖かい風が吹き込んできたとのこと。 わからないものです。 気温は徐々に下がり、夜には暖房を入れました。 夜も深まり、強風が吹き荒れています。 明日の朝はかなり冷え込むとの予報です。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com NEW!
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com NEW!

|

2017年2月19日 (日)

「ぼたん鍋で昼食 & イソヒヨドリ & 梅尾の樹氷帯」

Hiromori29219botan

写真上は、本日のお昼に『ぼたん鍋』を召し上がられた広森ご夫妻でいらっしゃいます。 三重テレビで放映された『ええじゃないか』をご覧になられて、放映がすぐにお電話を頂きました。 でも、実は以前にもお越し頂いているそうです。 今日、お越しになる途中で、「前にも山林舎に『ぼたん鍋』を食べに行ったことがあると気づきました。 ここのは美味しいんです。」と嬉しいお言葉を頂戴しました。 お食事後のご感想も、やはり、「美味しかったです。 ここのぼたん鍋はとても美味しいです。 でも、多すぎて食べきれなかったです。」と、さらに嬉しいご感想を頂きました。 ご利用頂きまして、誠にありがとうございます。 またのお越しを心よりお待ち申し上げております。

  ぼたん鍋: 1人前3780円(税込み)、1泊2食付き9180円

Hiyodori29217yochokana1

写真上は、17日に食堂の窓の外に何度か現れた小鳥です。 数回、窓ガラスに向かってきました。 鳥図鑑を調べてみましたが、見つからず、何かの幼鳥では…と思い、マスターに相談しましたところ、ヒヨドリの幼鳥かもしれないとのコメント。 それで、『ヒヨドリの幼鳥』で検索しましたところ、よく似ているので、おそらく間違いないと思います。 もし違っていましたら、お知らせ願います。 

→ 掲示板で、『げんげ堂』さんがお知らせくださいました。 『イソヒヨドリ』のメスだそうです。 「この鳥、海辺の磯が生活圏のはずなんですが、随分前から蓮ダム周辺にも姿を現して…、波瀬にも姿を現しましたか。」ということです。 海辺の鳥が山里まで移動してきたのですか… どういう理由でしょうね。 げんげ堂さん、情報をありがとうございました。

Hiyodori29217yochokana2

Hiyodori29217yochokana3

色合いは、上のような青っぽいのが実物に近い色でした。 撮影する角度によって、こんなに色合いが変わるのですね。

Umeo29219juhyo

本日の波瀬: 深夜は2℃で、雨は止んでいました。 今朝は南から風が吹いているように感じるのに、大変冷たい風。 山を見上げると、写真上の木梶の『梅尾』に樹氷の帯ができていました。 北側にそびえる『高尾山(トクマ山)』の頂上付近にも少し樹氷が見られました。 晴天から曇天へ。 気温は低めです。 夜になって、かなり冷え込んできました。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com NEW!
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com NEW!

|

2017年2月18日 (土)

「マンサクの赤い花 & 残雪 & ヤマアカガエルの卵

Mansaku29218aka

写真上は、今朝、通勤路で撮影した『マンサク』の赤いほうの花です。 こちらも晩秋に一時咲いていて、本番時になかなか咲き出しませんでした。 少し前に開花したようです。 

Zansetu29218sibahiroba

写真上は、今朝、撮影した山林舎庭園の芝広場です。 昨日は雪で覆われていたのですが、昨日の気温の上昇と雨ですっかりなくなりました。 唯一白く目立っているのは、子供さん連れのご家族が雪遊びされて、作り上げた山のみでした。 

Yamaakagaeru29218tamago1

写真上: 深夜、田んぼの中から、毎年この時期に急に暖かくなると聞く宇宙人のような奇妙な声。 そうです。 『ヤマアカガエル』の産卵の鳴き声だったのです。 山林舎庭園でも、ヤマアカガエルは産卵して、あの鳴き声を上げ、ワンちゃん達がひどく泣き叫んでいたそうです。 いつもの場所: 木工教室の前の水たまりにまた大量の卵を産みました。 

Yamaakagaeru29218tamago2

写真上は、そのヤマアカガエルの卵のアップです。 様々なものが徐々に春へと移行しています。 

本日の波瀬: 予報ほど寒さは戻らず、午前10時で8℃。 午後8時前で5℃となっています。 晴天から曇天へ。 そして霧雨も一時降りました。 午後9時頃から雪が降り出し、今は本格的な雨に変わっています。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com NEW!
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com NEW!

|

2017年2月17日 (金)

「かっぱずんのヴィオラと虹 & 山林舎に日差し」

Zun29216viola1

本日は、『かっぱずんのお散歩路』をお届けいたします。

写真上と下(16日撮影): 「あったかいものね」

Zun29216viola2

「このお花は ビオラか何かやと思う  毎年いっぱい咲く  上のおばちゃんちの お花   どこかしこで野生化しとるんさ」

Zun29217niji1

写真上から3枚(17日撮影): 「久しぶりの虹です」

Zun29217niji2

Zun29217niji3

写真上: 「二つの虹」

一つだけでも羨ましいのに、二つも出ているなんて、珍しいですね。 かっぱずんちゃん、貴重な写真をありがとうhappy01

Sanrinsha29217hasiyori

写真上は、今朝、『きずな橋』から定点撮影した山林舎庭園と櫛田川です。 日差しがかなり帰ってきています。 雪が残っていますが、春めいた気分を感じます。

アマゴ漁解禁のお知らせ: この櫛田川上流域では、3月5日(日)夜明けから、アマゴ漁が解禁となります。 遊漁券がすでに届いております。 年券4200円、日券2100円と今まで通りの値段です。 ぜひ、ご利用をお願い致します。

本日の波瀬: 今朝の気温は忘れましたが、館内は寒々としていたのに、窓を開けると暖房が!! 外の気温のほうがずっと高かったです。 生暖かい強風が吹き、春一番を感じました。 昼間は国道の気温計で17℃まで上がっていたそうです。 玄関先は14℃でした。 夜になっても結構暖かいです。 でも、明日からはまた寒さが戻ってくるそうですので、急激な温度の変化に体調を崩されないよう、お気を付けください。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com NEW!
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com NEW!

|

2017年2月16日 (木)

「波瀬植物園の石の芸術 by 浦川石州ファミリー」

Urakawa29216niwashugo

写真上は、今週も3連泊して頂いた浦川3世代ファミリーです。 今日は、石庭の作業をされていらっしゃる『波瀬植物園』に出向いて、撮影をさせて頂きました。 植物園の入り口を入った途端、眼前に石庭が迫ります。 まだ完成していませんが、大きな作業が完了した石庭と作業風景をご覧ください。

Urakawa29216niwa1_2

Urakawa29216niwa2

Urakawa29216niwa3

Urakawa29216niwa5

Urakawa29216niwa6

Urakawa29216sekishu_2穏やかな笑顔を振りまかれる浦川ファミリーのグランパこと、浦川石州さんは『庭道(ていどう)・石山京流』という流派をお若い頃に立ち上げられ、庭造りに芸術性を追求されてきました。 自然の持つ完璧な調和への感動を流儀の柱とされているそうです。 波瀬植物園を所有されている『田中林業株式会社』の社長:田中善彦さんとはお若い頃からのお知り合いだそうで、その縁で、今回の改修を担当されました。 

脳梗塞を2回発症されたそうですが、十分に休まれる暇がなく、体を動かされているうちに、麻痺が治っていったそうです。 80歳とは思えない、お元気な石州さんです。

Urakawa29216teidou

写真上と下は、今日、見せて頂いた『石山京流』の神髄です。

Urakawa29216teidou2

波瀬植物園は今休業中で、3月1日から営業再開となります。 石庭の完成はもう少し先になる見込みです。 完成が待ち遠しいですね。 完成した折には、再度撮影に上がりたいと思います。 浦川さん、ご協力をありがとうございました。 また、頻繁のお泊りには心より感謝申し上げます。

Shokubutuen29216yuki

写真上は、波瀬植物園の雪景色です。 山林舎も波瀬の雪国ですが、植物園も負けず劣らずの雪国状態でした。

Shokubutuen29216ruobai

写真上と下: 花の少ないこの時期に、ロウバイと紅梅が明るい色を添えていました。

Shokubutuen29216koubai

『波瀬植物園・おふく茶屋』 電話0598-47-0808 http://www.haze-garden.jp/ 3月1日より、今季オープンします。

Kusidagawa29216fuchi_2


最後の写真は、植物園の西側にある国道の端から眺めた『櫛田川』です。 淵が美しい色合いを見せています。 

本日の波瀬: 快晴の為、深夜ー3℃、早朝はー4℃まで下がりました。 その後は気温が急上昇し、午前11時で12℃となっていました。 でも、山林舎の館内はストーブが必要です。 残雪が気温を下げているのでしょうか…

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com NEW!
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com NEW!

|

2017年2月15日 (水)

「お仕事終了 & 真っ白の高尾山 & ツララ」

Marukikengyo29215

写真上は、2日間お泊り頂き、今朝、ご出発された『(株)丸喜研業』の鈴木さんと杉浦さんでいらっしゃいます。 国道から『波瀬ゆり館』(旧波瀬小学校)へ渡る橋の耐震工事でお越しになりました。 まだ雪の残る山林舎庭園と本館をバックに撮影させて頂きました。 杉浦さんから、「ここはいいね。 食事はおいしいし、個人的にまた利用させてもらいます」と、嬉しいお言葉を頂戴しました。 ご利用ありがとうございました。 またのお越しを心よりお待ち申し上げております。

Takao29215massiro_2

写真上は、丸喜研業さんを撮影させて頂いた時、『高尾山(トクマ山)』は青空の中に真っ白な雄姿を見せていました。 こんなに真っ白になることは滅多にないので、驚きました。 昨日、夕方まで降り続けた雪がこの美しさを作り上げたのだと思います。 頭部には樹氷が見られました。 そういえば、今日、『高見山』に登られた方々からの情報では、高見山には見事な樹氷ができていたそうです。 でも、積雪は平均50cmはあったとのことです。

Urakawa29215yushoku2

写真上は、おなじみとなられた浦川3世代ファミリーの皆さんです。 2週間ぶりのお帰りで、月曜日から3泊されて、明日、お発ちになります。 手がけられておられる『波瀬植物園』の石の配置換えがとりあえず終了されたそうです。 今夜のビジネスコースの夕食は、最後の晩餐と思い、『ブラジリアン・ステーキ』を準備しました。 再来週もまたお越し頂けるそうで、嬉しい誤算となりました。 明朝、植物園まで行ける時間があれば、新しくなった庭園の撮影に伺う予定です。 お楽しみに! 

Turara29213a

写真上は、13日に撮影した軒下のツララです。 長い剣が一杯できていました。

Turara29213b

写真上は、そのツララが時間が経つと、このように屋根から滑り落ちてきて、傾きます。 そして、最後は落下していきます。 

本日の波瀬: 深夜ー2℃、早朝は0℃になっていました。 晴れのち曇りで、昼間の気温は5℃と、久しぶりに少し上がりました。 それでも、夜も深まるとまたー2℃まで下がってきています。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com NEW!
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com NEW!

|

2017年2月14日 (火)

「大野さんの波瀬日記 - 雪煙」

Ohno29211yugemuri1

本日のたよりは、おなじみ大野弘さんが11日に撮影された雪景色をお届けいたします。 大野さん、ご案内をお願い致します。

「『雪煙』 
雪が積もると日頃目にしている風景が一変します。 春や秋の華やかさや艶やかさは有りませんが、色の区分けにはないモノクロこそ原風景かもしれません。 風と雪が織りなす自然の芸術に感動するばかりです。」

「写真上: 自宅前にあるヒマラヤスギ(マツ科)が雪を被ると、より一層冬の風情が助長されます。 山の上から朝日が顔を覗かせると、その雪がキラキラと宝石のように輝きはじめました。」


Ohno29211yugemuri2

「写真上: 静寂な波瀬の郷に朝日が射し込み、目覚めを促しているようです。 長閑な山村の朝に相応しい雰囲気になりました。」

Ohno29211yugemuri3

「写真上と下: 波瀬の郷は山に囲まれた谷に位置しています。 高い山から吹き下ろしてくる風は、梢に積もった雪を吹き飛ばし雪煙となって舞い上がります。」

Ohno29211yugemuri4


Ohno29211yugemuri5

「写真上: 午前中は雪を被って白一面だった石垣は、午後には雪は風に飛ばされ石垣に模様が出来ました。 無機質な風景に刈り取られたアジサイの株が、画面にリズムを与えてくれました。」

Ohno29211yugemuri6

「写真上: 『鰯の頭も信心から』と言いますが、堰堤用のブロックに雪が被ると羅漢像に見えます。 敢えて画像処理でモノクロにしてみますと、更に雰囲気が感じられます。」

Ohno29211yugemuri7

「写真上: 一晩で山の風景が一変して冬の厳しさが伝わってきます。モノクロにすることで更に強調されます。」

Ohno29211yugemuri8

「写真上: 波瀬の郷を睥睨するように立ちはだかっている梅尾の山は、人の立ち入りを拒むかのように厳しい表情をしていました。 雪で覆われた山塊に威圧感も漂っています。」

大野さん、素晴らしい波瀬の雪景色をありがとうございました。 次回のお便りを楽しみにお待ちしております。

本日の波瀬: 深夜ー3℃と冷え込んでいましたが、早朝は0℃と上昇。 雪は深夜・早朝と止んでいましたが、明るくなってから、また降り出し、夕方まで雪が降り続けました。 でも、積雪にはなりませんでした。 昼間の気温も0℃と上がらず、夜が深まっても0℃が続いています。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com NEW!
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com NEW!

|

2017年2月13日 (月)

「雪と植物 & ええじゃないか放映」

Yuki29229sazanka

本日のたよりは、雪をかぶった植物の姿をお届けいたします。

写真上は、通勤路の土手に咲く『サザンカ』です。 雪をかぶって、赤色がいっそう鮮やかに見えます。

Yuki29229mansaku

写真上: 満開中の『マンサク』が雪の帽子をかぶって、可愛いですね。

Yuki29229susuki

写真上: 『ススキ』の上にも雪がかたまりになってのっかっています。 このようなか細い茎でよく持っているものだと感心します。 見た目よりもずっと力持ちです。

Yuki2929hinoki

写真上: 山林舎庭園の芝広場でみかけた『ヒノキ』の葉です。 雪にすっぽり包まれています。 重そうですね。

雪をかぶって、重く、冷たいでしょうに、植物は坦々といつもの姿を見せています。 自然の強さや大きさは、小さなところにも見出せます。

Eejanaika29120shuzai

写真上: 今日、三重テレビで、『ええじゃないか』が放映されました。 マスターが上手に話していましたし、『ぼたん鍋』が実物通り、とても美味しそうに撮影して頂いてありました。 ただ、撮影した時期や時間が山林舎庭園が影になっている時でしたので、山や川に鮮やかさがなくて、少し残念には思いました。 でも、暖かく、楽しく、番組を作って頂き、面白く飯高を紹介して下さいまして、旅プランナーの堀口さん、萩さん、制作スタッフの皆さん、ありがとうございました。 

今後の放送予定です。 見逃された方はぜひ、ご覧になって下さい。
  三重テレビ放送 2月18日(土) 昼12時~(再放送)
  とちぎテレビ   2月18日(土) 昼 2時~
  テレビ神奈川   2月17日(金) 夜 8時~
  テレビ埼玉    2月19日(日) 夕方4時~
  奈良テレビ    2月16日(木) 朝8時30分~
  サンテレビ    2月18日(土) 昼12時~
  
本日の波瀬: 深夜ー2℃、午前9時前で1℃。 今日も雪花が1日中舞っていましたが、夜には止みました。 空は雲に覆われています。 午後11時過ぎの気温はー2℃です。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com NEW!
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com NEW!

|

2017年2月12日 (日)

「かっぱずんの空と雪 & 本日の雪景色」

Zun29210sora1

本日も早めに記事を入れますので、昨日の記事もご覧になって下さい。

今日のたよりは、『かっぱずんのお散歩路』をお届けいたします。

写真上と下(10日撮影): 「雪雲とあおぞら」

Zun29210sora2

Zun29210sora3

写真上(10日撮影): 「夕方のお空」

Zun29211yuki

写真上と下(11日撮影): 

 たくさん雪が降っ日の朝は どこもかもが真っ白
 黒い屋根も青い屋根も茶色の屋根も みなおなじ真っ白
 杉や桧だって  葉のない欅だってみな真っ白
 足元はきらきらと小さな光の粒がいっぱい
 申し訳ないと思いながらもわくわくしながら靴あとを残す
 今日の靴は穴も空いてないし  底もすり減ってないから安心   
 でも  ちびらの掘った穴が隠れてる

 空から風にのって山の雪がとんでくる
 ぱぁあとなってとんでくる
 包み込まれてあったかい
 毎年包み込まれてあったかい
 杉の枝の上にのっかていた大きな雪のかたまりが  ふわふわと落ちてきた
 青空を背にして  ふわふわと
 涙が一筋…   あれ? なんの涙だろう…
 涙が流れた

 気にせず行こう     てくてくと


Zun29211sora

 ちびらが哭くから起きてみた
 朝4時    まだまだ暗いだろうとカーテンを開けた
 驚いた  明るくて
 大きなまんまるお月さんが そこいらを明るく照らして
 雲はゆっくりと   山はまだ寝ているみたい
 積もった雪が 静かに白く  確かな静けさに吸い込まれるような
 そぉか そぉいう時を   時間が止まる  っていうのやな
 暫しそんな時間を与えてもらって ありがとう
 ずうっとこのままでいたい
 ずうっとこのままでいたかった
 ちびらが哭く  ごめん今行くよ

かっぱずんちゃん、素敵な写真と詩をありがとう。 

昨日の深夜の帰宅時は空半分が晴れていて、まだ満月にはならないけれど、お月様が明るい光を放っていました。 その慈愛の光に照らし出された山里の雪景色はまさにお伽の国のように幻想的で美しかったです。 かっぱずんちゃんと同じように、このような時を頂いて、有難いと思いました。

Yuki29212genkansaki

本日の波瀬: 昨夜からの雪で、また数センチの積雪となりました。 今日も、マスターとお友達は林道への道と『きずな橋』の雪かきに奮闘。 その後も、雪が降ったり、止んだりしています。 今のところ、新たな積雪とはなっていないようです。 写真上は、午後3時半頃の雪景色で、雪が結構降った後、木々が白くなったところを撮影しました。 気温は深夜、早朝ともー1℃。 一時は2℃まで上がりましたが、またお昼過ぎには0℃になり、気温はあまり変化していません。 このあたりの国道に雪はありませんが、高見トンネル付近は残っている可能性がありますので、お気を付けください。

三重テレビ制作『ええじゃないか』放映のお知らせ: 高見山の樹氷や山林舎が紹介されます。 ぜひ、ご覧になって下さい。
  三重テレビ放送 2月13日(月) 夜 7時~
             2月18日(土) 昼12時~
  とちぎテレビ   2月18日(土) 昼 2時~
  テレビ神奈川   2月17日(金) 夜 8時~
  テレビ埼玉    2月19日(日) 夕方4時~
  奈良テレビ    2月16日(木) 朝8時30分~
  サンテレビ    2月18日(土) 昼12時~
  ぎふチャン    2月13日(月) 夜 7時~


山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com NEW!
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com NEW!

|

2017年2月11日 (土)

「大西ファミリー & 朝焼け & 今季最高の積雪」

Oonishi29210shugo

今夜は早めに記事を入れますので、昨日の記事もご覧になって下さい。

写真上は、昨日貸し切り状態でお泊り頂きました大西ファミリーの皆さんです。 2年前に、町内にお住いの大西正治さんの米寿のお祝いの宴を山林舎で催して頂きました。 お帰りの時、正治さんが「今度は100歳になったら、また来るでな!」とご挨拶頂いたのですが、100歳どころか、90歳のお祝いを兼ねて、またごきょうだいやご家族がお集りになりました。

Oonishi29210shojisan_2

写真上が、数えで90歳になられた大西正治さんです。 おめでとうございます。 ごきょうだいやご家族の皆さんにご祝福されて、お幸せですね。

Oonishi29210kanpai

前回は大広間での夕食でしたが、今回はイス席の食堂を選ばれました。 乾杯!です。

Oonishi29210yushoku1

お食事は、『会席料理』に加え、『ぼたん鍋』4人前を追加されました。 なので、お盆が出ておりません。 ぼたん鍋が美味しいと大変好評を頂きました。 「肉が柔らかくて、臭み無くて、美味しい!」と何度も嬉しいご感想が聞こえてまいりました。 気に入って頂けて、何よりです。 

Oonishi29210yushoku2

夕食後は、御部屋でも2次会が開かれました。 お二人の方がお泊りされずにお帰りになりました。

Oonishi29211yukishugo

写真上: 今朝ご出発の時、雪景色の中で撮影させて頂きました。 日差しがこの場所にも帰ってきて、撮影しやすくなりました。

Oonishi29211shuppatu

写真上: お荷物を持って、対岸の駐車場へ向かわれるところです。 大西ファミリーの皆さん、ご利用頂きまして、誠にありがとうございました。 またのお越しを楽しみにお待ち申し上げております。

Asayake29211takaoyuki

写真上は、今朝、8時過ぎに見られた朝焼けの『トクマ山(高尾山)』です。 少し前に掲載した朝焼けはトクマ山にピンポイントに朝日が当たっていましたが、日のあたり方が少し変わってきたようです。 太陽の角度によって、変わるものなのでしょうね。

Yuki29211tesurisaikou

昨夜からかなりの雪が降り、積雪が今季最高となりました。 多い所で15cm、吹き溜まりでは20cmを越えました。 

雪かき: 今季、今まではわずかな時間で雪かきが終わるような雪ばかりでした。 きずな橋の上は、雪かきをするまでもなく、溶けて行ってくれてたのです。 しかし、今日は橋の上にもかなりの積雪。 橋へ降りる階段はうずもれている状態。 マスターがその階段から雪かきを初め、橋を担当してくれました。 私は玄関から橋に向けて、道を作っていき、橋を始めたところでお客様の御用で中座。 その後、玄関スロープの雪かき。 近所の友達が林道への道の雪かきに奮闘してくれました。 今日の雪かきはやりがいがありました。 波瀬に移住された大野さんも、ご自宅周辺から80m位のところを雪かきされ,波瀬での雪かき初体験となりました。

気温は深夜、早朝ともー2℃、マスターが雪かきを始めた時はー3℃だったそうです。 写真でもお分かりのように一時は青空がのぞき、そのまま回復するかと思われたのですが、お昼からまた曇りだし、また雪に。 今のところ、さらなる積雪はあまりないようです…と思っていたのですが、5cmほどの新たな積雪となっています。 今夜お泊りの登山の方からの情報では、三峰山の山上は腰までの積雪があったとのことです。 山へ行かれる方は十二分にご注意ください。 高見トンネルを通られる方は滑り止めをお願いします。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com NEW!
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com NEW!

|

2017年2月10日 (金)

「大野さんの山の日記 - 年菌賊冬山を行く(高見山)」

Ohno2928takamiyama1

本日のたよりは、8日に『年菌賊登山隊』として『高見山』に登られた大野弘さんの山の日記をお届けいたします。 大野さん、ご病気や怪我から回復されて、本当に久しぶりの登山となりました。 

「『年菌賊 冬山を行く』
高見山は台高山脈の中で最も人気のある山と言えるでしょう。 大台ケ原までの縦走路の入り口でもあり、最も北に位置することから、冷たい北風に育まれた霧氷の美しさが人気の所以です。 然も、登山コースはビギナーにも気軽に雪山が楽しめる優しいルートで、大勢の登山者が詰めかけてきます。 8日は平日にも関わらず、頂上小屋に入りきれないほどで、休日ならば狭い頂上から人が零れ落ちてしまうんじゃないかと懸念されました。 大野弘」

「写真上: 大峠から頂上までは1時間半もあれば到着します。 途中展望の良いところから振り返りみると、台高山脈の山並みがパノラマで目の前に広がります。 モノトーンの世界は山の地形をクッキリと見せてくれますね。」

Ohno2928takamiyama2

「写真上: 木の周りを幹の雪の相似形に雪の造形が見られるのは、太陽の反射熱が雪を溶かすからです。 したがって、日のあたらない樹林帯では見ることはありません。」

Ohno2928takamiyama3

「写真上と下: 梢に付いた霧氷はサンゴのような繊細な造形を見せてくれますが、枝についた霧氷はトナカイの角と呼んでいて、どちらも美しさには見とれてしまいます。」

Ohno2928takamiyama8

Ohno2928takamiyama7

「写真上と下: 幹に付いた霧氷はエビの尻尾と呼ばれますが、猛烈な風が吹く尾根筋に見られ、尻尾の大きさが風の強さと寒さを顕すバロメーターになります。」

Ohno2928takamiyama4

Ohno2928takamiyama5

「写真上と下: 標高の高いところに育つブナは、山の命と言えるかもしれません。 大雨にはダムの代わりになり、ブナの実は動物たちの食料に、さらに害虫対策もする優れもの。 知れば知るほど、ブナの底力に畏敬の念さへ抱きます。 又、春の新芽と秋の紅葉も優しさに溢れています。」

Ohno2928takamiyama6

大野さん、素晴らしい写真をありがとうございました。 年菌賊の皆さんとご一緒に山に登られて、良かったですね。 自信をつけられ、お気持ちも晴れたことと思います。 これからは無理をされずに、少しずつ、他の山へも挑戦なさってください。 次回の山の日記も楽しみにお待ちしております。

高見山ブーム: 今日から『松阪ケーブルテレビ』で放映されている市長さんの番組に、高見山が取り上げられていました。 真っ青な空に浮かぶ樹氷が素晴らしい姿を見せていました。 山林舎も最後のほうに少し登場しています。 来週初めまで放映されますので、是非、ご覧になって下さい。 また、13日(月)午後7時から、三重テレビ放送『ええじゃないか』でも、高見山と山林舎が紹介されます。 こちらも是非ご覧ください。 半月ほど前には、新聞2紙で、高見山の樹氷が掲載されていました。 まさに高見山ブームです。

本日の波瀬: 朝から雪が降ったりやんだりを繰り返し、夜には本格的な積雪となりました。 深い所で15cmはあるものと思われます。 高見トンネル付近はもっと深い積雪となっていると予想されますので、お車での走行は難しいかもしれません。 チェーンは必須と思われます。 現在の気温はー2℃となっています。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com NEW!
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com NEW!

|

«「雪景色の中でぼたん鍋 & ソラちゃん & 今季最高の雪景色」