2020年4月 9日 (木)

「大野弘さんの飯高日記 - 桜さくら」

Ohno202045sakura21

二日間、山林舎の営業を休ませて頂きまして、申し訳ございませんでした。 本日から通常営業に戻りましたので、また宜しくお願い申し上げます。

本日のたよりは、『大野弘さんの飯高日記』をお届けいたします。 桜風景満載です。 写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。 大野さん、ご案内をお願い致します。

「花の咲くこの季節は、ソワソワとお天気が気になり、早朝から檻の中の熊のように家の中をウロウロと落ち着きません。それも開花時期にやたらと雨が多く一層フラストレーションが溜まります。そんな中1日と2日に晴れ間が、と言っても花曇りでしたが花の撮影には絶好の条件、早速目当ての桜の撮影に出かけました。今年はコロナの影響で花見も自粛されていますので、観光地は何処も閑散としていると報道されていますが、自分はそうした観光地や名所ではなく、身近にある人知れず咲いている桜にスポットを当てて、隠れた美しさを発見できたらと挑戦してみました。 大野弘」

「写真上: この桜は旧七日市消防署前にある古木です。バイパスが出来たことで、この道を利用する車は地元の方達が殆どで、のどかな日本の原風景が感じられる雰囲気を漂わせています。隣に源平シダレ(モモ)が蕾を膨らみ始めていますので2~3日中には撮影に行こうと思っています。」

Ohno202045sakura22

「写真上から3枚: 粟野橋の袂にある桜の古木が、鉄橋の赤色と見事なバランスを見せてくれます。何時も車で慌ただしく通過するだけの橋ですが、こうしてカメラ目線で眺めてみると、毎年逞しく花を見せてくれる桜に敬意を表したいと思います。」

Ohno202045sakura23

Ohno202045sakura24

Ohno202045sakura25

「写真上から6枚: 蓮(ハチス)ダムには沢山の桜が見られます。観光名所ではありませんから花見に来られる方も僅かですから、静かに思う存分楽しめます。山と湖との風景が、開放感に包まれてリフレッシュできる素敵なところです。これからは山桜が斜面を飾るでしょう。」

Ohno202045sakura26

Ohno202045sakura27

Ohno202045sakura28

Ohno202045sakura29

Ohno202045sakura210

Ohno202045sakura211

「写真上: 波瀬跨線橋脇にあるヤマ桜が、優しい朝日に輝いて美しさを訴えていました。」

Ohno202045sakura212

「写真上と下: お福茶屋前にある桜も朝日を浴びて輝き始めました。気温が少し低いので朝靄がかかって早朝の雰囲気を醸し出しています。お福茶屋前にある桜も朝日を浴びて輝き始めました。気温が少し低いので朝靄がかかって早朝の雰囲気を醸し出しています。 大野弘」

Ohno202045sakura213

大野さん、掲載が遅くなりまして、申し訳ありませんでした。 飯高の素晴らしい桜風景をありがとうございます。 外出自粛で来られない方々も多いので、写真だけでも楽しんで頂けたらと思います。 またの作品を楽しみにお待ちしております。

本日の波瀬: 前日の午後11時頃2℃。 早朝は冷え込んだものと思われます。 昼間は玄関先で17℃と暖かい晴天となりました。 お天気が続きます。 夜になって、少し冷え込んできました。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2020年4月 8日 (水)

「桜とスーパームーン & 野口桜風景 & 愛猫 & 鳥風景」

Sakura202047supermoon

昨日と本日、山林舎の営業を休ませて頂きました。 お電話などでご迷惑をお掛け致しまして、申し訳ございませんでした。 明日から通常営業に戻りますので、宜しくお願い致します。 通常営業と申しましても、新型コロナの影響で開店休業状態となってしまいました。 どこも大変です。 1日も早く終息となりますよう…☆☆☆ 感染された方々が完治されますよう…☆☆☆ 

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。 

写真上は、昨夜見られたスーパームーン。 桜で飾ってみました。 昨夜は懐中電灯をつけずに、月明かりで帰れました。

Hanazakari202048noguchi

写真上: 野口区の桜風景。 右下に流れているのは『太良木川』で、このすぐ下流で『櫛田川』に合流します。

Moko2020329moufu

写真上から3枚は、山林舎の愛猫になりつつある可愛いモコチャンです。 他所で飼われていた半ノラ猫ちゃんでしたが、山林舎に頻繁に来るようになっていました。 人懐っこい感じがして、幾度となくアタックしているうちに、触らせてもらえるようになりました。 ところが! 背中に深い傷を負って、日に日に悪くなるうえに、猫風邪をひいている様子。 それで、病院へ連れて行ってもらった次第です。 一か月間の外出禁止となり、マスター夫妻のお部屋で安静中です。 どうも、このまま家猫になって、ソラちゃんの2代目になりそうな気配です。

Moko202043moufu

Moko20204toysbyj   

写真上は、マダム順子撮影。 可愛いですね。     

Tori2020327eda

写真上は、先月暮れの暗い曇天の日に撮影した小鳥です。 暗いので全く色合いもわかりませんが、少しお腹が黄色がかっているようには感じます。 没にしようと思ったものの、未練が残り、掲載させて頂きます。

本日の波瀬: 前夜の午後11時半前で2℃。 煌々とスーパームーンが輝く静かな夜でした。 早朝は冷え込んだと思われますが、昼間は前日よりも暖かくなりました。 

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2020年4月 7日 (火)

「休みの夕景 - 桜と波瀬谷 & 西空」

Sakura202047hazedani

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

本日7日と明日8日(水)の二日間、山林舎の営業を休ませて頂いております。 お電話などでご迷惑をお掛け致しまして、申し訳ございませんが、宜しくお願い申し上げます。

今日は本当に久しぶりに自室でゆっくりと過ごしました。 夕方、山林舎へ。 桜の花々は徐々にボリュームを減らしていますが、まだ見頃を保っていました。 静まり返った山林舎庭園や上の林道をゆっくりと散策しました。 いつも時間に追われているように過ごしていることが多いので、山林舎の自然を満喫できる貴重なひと時でした。 今日のたよりは、その散策で撮影した光景をお届けいたします。

写真上: 山林舎庭園の東側にある『波瀬谷』とバックに見える桜並木。 

Sakurahana202047tani

写真上: その波瀬谷の上部の流れに漂っていた桜の花びら。 桜の開花が遅い場所ですが、沢山の花びらが見られました。

Sirobanashoujoubakama202047

写真上: 林道へと登り、土手で見かけた白い花。 確か、ショウジョウバカマだったはず…と撮影。 山林舎に戻って調べたところ、『シロバナショウジョウバカマ』のようです。

Yuukei202047takamitakao

写真上: 田んぼ跡に行って、西にある高見山を望みました。 雲一つない空でしたが、夕景は胸をしめつけるものがあります。Sakura202047yunisizora

写真上: 林道のUカーブ地点に戻って、山林舎の桜風景と西の空を撮影。 高見山が桜を額縁にするように顔をのぞかせていました。

本日の波瀬:深夜1℃。 早朝は0℃位になっていたでしょうか… 晴天でしたが、室内は結構肌寒く、暖房がほしい1日でした。 夜になって、また冷え込んできています。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2020年4月 6日 (月)

「春の花々 & タラの芽」

Kakidousi2020327

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

桜風景が続きましたので、今日は撮りためてあった他の花々をお届けいたします。

写真上: 通勤路の土手に咲く『カキドウシ』です。 ツル状の草が垣根越しに伸びることから命名されたそうです。 昔から薬草として使われ、別名を『癇取草(カントリソウ)』といい、子供の夜泣きやひきつけに用いられたことからつけられたとのことです。 

Kiironokobana2020331

写真上: 通勤路の土手に咲く黄色の小花。 似た花が沢山あるので確定できないのですが、『ウマノアシガタ(キンポウゲ)』ではないかと思います。

Hebiichigo202044hana1

写真上: ヘビイチゴの花。 もうすでに枯れた花が見られますね。

Youshakunage202044kaika

写真上: 通勤路の土手に沢山植えられている洋シャクナゲも開花して、華やかになりました。

Mitubatutujisidare202045

写真上: 山林舎の対岸に植えられた『ミツバツツジ』と『しだれ桜』です。 今季は、皆、早いですね。

Taranome202045sakura

写真上: 山林舎庭園に沢山見られる『タラノ木』に芽が出てきました。 山菜の王様『タラの芽』です。 今季はコロナ騒動でお客様がわずかなので、使いきれないかもしれません… 

連休のお知らせ: 明日7日(火)と明後日8日(水)の二日間、山林舎の営業を休ませて頂きます。 お電話などでご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い申し上げます。 HPだよりは休みませんので、ご覧になって下さい。

本日の波瀬: 深夜3℃。 午前10時で11℃。 今日も北風が冷たく、気温以上に寒さを感じました。 昼間玄関先で13℃。 そして、本日も青空と桜の共演が見られました。 強風に桜の花が舞っていましたが、いつもよりも少なめの花吹雪。 気温があまり高くないので、桜の花は結構持ってくれそうです。 追記:午後11時過ぎで2℃と下がってきています。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2020年4月 5日 (日)

「林ファミリー & 本日は青空と桜のハーモニー」

Hayasi244sakura

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

写真上は、昨日、貸し切り状態でお泊り頂きました林ファミリーでいらっしゃいます。 林さんは美国会というグループで以前はよく桜の時期にお泊り頂いておりました。 今回は、ファミリーでのお越しです。 この写真は昨日、テニスコート横の東屋で、お持ち込みのバーベキューをされている時に撮影させて頂いたものです。 空模様が曇天となっています。

Hayasi245sakura1

写真上: 今朝は曇天から晴天へと変わり、雲が多いながらも青空が続きました。 林ファミリーが今朝ご出発される前に、青空の下で桜とのショットを撮らせて頂きました。 本館前で撮影。 素敵な笑顔を見せて下さっています。

Hayasi245sakurakawa

写真上: 櫛田川と桜をバックにもう一枚。 残念ながら、東の空はこの時、薄曇りでした。

Hayasi245banban2

写真上と下: 山林舎愛犬がお気に入りでしたので、バンバンと記念写真を撮影させて頂きました。 

Hayasi245banban

林ファミリーの皆さんは満開の桜の中で、思う存分美味しい空気も吸って頂き、桜の園を満喫して頂けたようです。 夏のご予約のお問い合わせも頂戴しましたので、もしかしたら、夏にお越し頂けるかもしれないと期待しております。 こんな時節にお越し頂きまして、誠にありがとうございました。 またのお越しを心よりお待ち申し上げております。

Sakura202045hasikawa

写真上からは、本日の好天の下、お日様の光を浴びて、本来の美しさを放つ満開の桜と青空とのハーモニーをお楽しみ下さい。 久しぶりに沢山の写真を撮りました。

写真上: 昨日の記事で、お客様のバックに見えていた景色ですが、さらに明るさを増し、美しい光景となりました。

Sakura202045kawasiroyama

写真上: 下流側から山林舎前の櫛田川を撮影。 奥に見えるのは『城山』です。

Sakura202045kawa

写真上: さらに下流側から山林舎庭園を撮影。 櫛田川が光を浴びて、エメラルドグリーンに輝いています。 川辺でスケッチをしている姿が見られました。 私の後ろにある大岩の上では、大の字で寝ている人もみえました。

Sakura202045tazanrope

写真上: アスレチック広場のターザンロープの所に立つ桜です。

Sakura202045tenniscourt

写真上: テニスコートと桜並木。 遠くには高尾山がそびえています

Sakura202045takamitakao

写真上: 久しぶりに高見山を見たくて、山林舎庭園の東側にある田んぼ跡に行きました。 左の奥に顔を出しているのが高見山。 右側にそそり立っているように見えるのが高尾山(トクマ山)です。 高見山のほうが200m近く高いのですが、遠くにあるので、低く見えています。

Sakura202045honkanhigasi

写真上: 山林舎本館の東側の桜風景。

Sakura202045hasiyori

写真上: きずな橋からの定点撮影です。 昨日も掲載しましたが、今日の輝くばかりの美しさを見て頂きたくて、再度掲載致します。 櫛田川も美しい流れを見せています。 山林舎桜見のベストスポットです。 きずな橋や山林舎庭園には、桜見学の人々が絶えることなく訪れていました。 でも、広い庭園にしたら、ごくわずかな人数なので、きれいな空気を存分に味わって頂けたものと思います。

Sakura202045amagoturi

写真上: 先ほどの川には、アマゴ釣りさんの姿も見られました。

Sakura202045chushajo

写真上: 駐車場と土手にそそり立つ桜。 昨日のお昼から花びらが舞い散る光景が見られるようになりました。

Sakura202045momijiwakaba

写真上: 桜と紅葉の若葉との共演です。 桜の花から新緑へのバトンタッチが始まってきました。

本日の波瀬: 深夜7℃。 早朝4℃。 昼間玄関先で11℃。 好天ながら、1日中冷たい北風が吹き、気温以上に寒さを感じました。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2020年4月 4日 (土)

「満開の桜の中で… & モミジの若葉」

Sada244chushoku

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

写真上: 本日のお昼に『ぼたん鍋』を召し上がられた佐田さんとお友達でいらっしゃいます。 今までにも数回ご利用頂いたおなじみのお客様です。 ぼたん鍋が大の好物で、毎回、ご注文されます。

Sada244sakura1

写真上: 桜満開に喜ばれたお二人さん。 満開の桜との撮影会となりました。 午前中は明るい曇天で、青空は見られなかったのですが、ようやく、この時には東の空に青空が広がりました。

Sada244sakura2

写真上: 桜と『きずな橋』と『櫛田川』、そして『高尾山』という素晴らしい風景をバックにパチリ。 お顔が少し暗くなりました。

Sakura244kawabe

写真上: 川辺の桜も満開。 対岸の山桜も満開を迎えました。

Wakaba202044momiji

写真上: その桜の手前に立つモミジの木には若葉が芽生えています。

本日お泊りのお客様は明日、ご登場頂きましょう。 この時期、貴重なお客様なので、一組ずつ紹介させて頂きます。

本日の波瀬: 深夜3℃。 早朝はわかりません。 昼間、忙しかったので、気温を見ていませんが、お泊りのお客様が外でバーベキューをされていたので、それほどの寒さではなかったものと思われます。 でも、館内には暖房が必要でした。

山林舎ホーム:http://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2020年4月 3日 (金)

「泰運寺心の色紙展ー波瀬駅にて & 本日の桜」

Hazeeki2020331sikisiten1

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

写真上: 対岸の『波瀬駅』にて、今、泰運寺の宮本泰道和尚様の書かれた『心の色紙展』が行われております。 5月12日まで展示される予定です。

Hazeeki2020331sikisiten2

写真上: タイトルになっている『心』です。

Hazeeki2020331sikisiten3

写真上: 永遠のテーマですね。

Hazeeki2020331sikisiten4

写真上: 我らがマスターの写真も花を添えております。

Hazeeki2020331sakura

写真上: 波瀬駅の川辺の窓には一面に桜風景が飛び込んできます。 山林舎の桜風景も目前に見られます。 

Sakura202043hasiyori

写真上: 本日の桜風景です。 きずな橋からの定点撮影。 まさに満開となっております。 さきほどの波瀬駅は左岸側にあります。 今日は朝から青空を期待していたのに、明るい曇天が夕方近くまで続きました。

Sakura202043honkan

写真上: 西側から撮影した本館前の桜風景です。

Sakura202043tukiyu

写真上: 夕方近くになって、ようやく薄水色の空が広がりました。 半分となっているお月様にも登場してもらいました。

本日の波瀬: 深夜0℃。 久しぶりに見る数字でした。 ぼんやりとした星空。 早朝も0℃だったそうです。 昼間、玄関先で16℃まで上がりました。 明るい曇天の下、桜の園を散策される姿が時々、見られました。 夜になると、また冷え込んできました。

山林舎ホーム:http://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2020年4月 2日 (木)

「久しぶりの青空と桜 & 夕暮れの桜 & 高見の郷休止」

Sakura202042chushajoao

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

新型コロナの影響: 昨夜、おなじみのお客様がお泊りになりました。 いつもなら、HPだより用の写真を撮らせて下さるのですが、「こういうご時世なので、今回は遠慮させてもらいます。」とお断りになりました。 残念ですが、次回は気持ちよくHPに登場して頂けるような情勢になっていることを切に願います。 まだまだ増え続ける新型コロナの感染。 同時に経済状況も急下降。 山林舎も厳しい状況となっております。 でも、HPだよりだけは明るく参ります。 

写真上: 雨続きだったこの数日。 花曇りも続き、明るい青空の下に華やかに輝く桜風景がご紹介できませんでした。 今朝はまだ小雨が残っていましたが、降ったりやんだりが続いた後、お昼過ぎには雨雲も行き過ぎました。 その後は、青空がようやく姿を見せたかと思いきや、すぐに雲に覆われてしまうという天候が続きました。 上の写真はその短時間に見られた青空と光を受けた桜風景です。 駐車場の桜は高くそびえ、昨夜の強風を強く受けながらも、美しい姿を見せてくれました。

Sakura202042ochibana

写真上: 昨夜からの強風で、小枝の部分から引きちぎられたような桜の花がところどころに見られました。 それでも、殆どの花が強風に負けることなく、美しい桜風景を保ってくれました。 コブシの花もかなり花びらが落ちましたが、まだ見頃をかろうじて保っております。

Sakura202042honyugure

写真上: 夕暮れには雲も少なくなり、晴天へと向かいました。 夕暮れ時の桜風景は心に染み入る風景です。

Sakura202042kawayu

写真上: 桜を抱いた夕暮れの櫛田川と『城山』です。 昨日は雨で濁っていた櫛田川ですが、今朝は透明度がかなり戻りました。

本日の波瀬の気温: 深夜6℃。 早朝も6℃。 強い北風が体感気温を下げていました。 昼間、玄関先で10℃。 今日も暖房が必要な1日でした。

Mekinosita3047takaminosato

写真上は、平成30年4月7日に撮影された『高見の郷』(奈良県東吉野村)の光景です。 山林舎から車で15分位の所にあります。 桃色が幻想的な世界を作り出していますね。 ここでアルバイトをしていた人が送ってくれて、HPでも紹介させてもらいました。 この『高見の郷』は山の斜面に枝垂桜を多数植樹して作り上げたものなのですが、最近は大きく成長して、見ごたえ抜群に! テレビでも何度か紹介されて、大勢の観光客が訪れるようになり、奈良県の桜の名所一位にも選ばれたと聞きました。 でも、このコロナ騒動で、今年は公開を中止することになりました。 あまりにも大勢の人が押し寄せるので、苦渋の決断をされたようです。 楽しみにされていた方々は残念ですが、来年、さらに美しくなった高見の郷の枝垂桜に会えることを楽しみにお待ち下さい。

泰運寺の桜とお祭り: 泰運寺の桜も満開を迎えていると思われます。 でも、やはり、コロナ騒動の為、毎年4月初め頃に行われていた『会式』が中止となりました。 残念ですね。

山林舎の桜もとてもきれいですが、あまり知られてないので、人の数は本当にまばらです。 ストレスがたまりましたら、散策にお越しになって下さい。 きれいな空気を思いっきり吸って、川のせせらぎや、カジカガエルの涼やかな歌声、美しい鳥の鳴き声に耳を預けて、お花見をお楽しみください。 お泊りも本当にわずかしか入っておりません。 もしお泊りのご希望があれば、1日一組限定で受けさせて頂こうと思っております。 宜しければ、ご利用をお願い致します。

山林舎ホーム:http://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2020年4月 1日 (水)

「戸畔の会の歩き旅 & かっぱずんの4月コール」

Tobenokai2331yushoku

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

写真上は、昨日お泊り頂きました『戸畔(とべ)の会』の皆さんでいらっしゃいます。 2度目のお泊りです。 今回は、4泊5日で、三重県大紀町錦から奈良県の橿原神宮までの『魚の道』を4泊5日で歩かれるプロジェクトです。 3月31日付の『夕刊三重』で紹介されていました。 山林舎は2泊目。 雨続きの中、遠距離をを歩かれ、山林舎へ到着されました。 お風呂で疲れたお体をほぐされた後、夕食へ。 ビジネスコースAをご選択され、「美味しい!」を連発して下さいました。 

Tobenokai241sakura

写真上: 今朝、ご出発前に桜風景をバックに記念撮影。 小雨の中、笑顔を見せて下さいました。

Tobenokai241hata

写真上: 『戸畔の会』の旗です。 ヤタガラスをシンボルとされています。 今日は、高見峠を越えて、奈良県宇陀市の宿まで歩かるご予定でした。 無事に到着されたことを願っております。 そして、このプロジェクトが成功に終わられますことも願っております。 ご利用頂きまして、誠にありがとうございました。 またのお越しを心よりお待ち申し上げております。

4gatsucall

上のイラストから、『かっぱずんのほのぼのイラスト』となります。 かっぱねずみさん、今月も無事に4月コールの大役をすませました。 

Yasasiikimochiwo

上と下: 3月のホワイトデー用のイラストと思われます。 掲載が遅くなって、ごめんなさい。 3月は厳しかったですね。 優しい4月となりますよう…☆☆☆

Yasasii3gatuni

かっぱずんちゃん、可愛いイラストをありがとう♪

本日の波瀬: 深夜、早朝とも8℃。 ほぼ雨の1日でした。 昼間、国道で12℃。 午後11時過ぎで6℃となっております。 夜から強風が吹き出し、北風なので、冷たく感じられるようです。 まだまだ飛ばないはずの桜が強風に負けて、飛び散っています。

|

2020年3月31日 (火)

「桜の園・山林舎」

Sakura2020330mae2

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

本日は遅くなりましたので、桜の園山林舎の風景を4枚のみお届けいたします。

写真上は、本館前から川辺にかけての桜風景です。 本当は華やかなのに、暗い曇天なので写真映えしませんね。

Sakura2020331onkan

写真上: 桜とコブシに飾られた山林舎本館。

Sakura2020330honkan2

写真上: 先ほどの位置から少し西側寄りに移動して撮影。 今度は紅コブシが入りました。

Sakura2020331hasi

写真上: 対岸から撮影した『きずな橋』と桜の園。

本日の波瀬: 3月最後の日の深夜は8℃。 午前10時で9℃。 雨が降ったりやんだりの1日でした。 昼間、玄関先で12℃。 午後11時過ぎで10℃と暖かい夜となっております。

新型コロナ: 奇跡と言われる日本でも、どんどん感染者が増えてきていますね。 山林舎もコロナ・キャンセルが続いております。 致し方ないことですね。 お笑い王の志村けんさんまで連れて行った新型コロナ。 亡くなられた方々に心からご冥福をお祈り申し上げます。 そして、感染されている方々が一刻も早く回復されますよう願っております。 尊い命の犠牲を無駄にすることなく、これ以上の悲劇を増やさないように、皆で気を付けて、感染拡大を防ぎましょう。

|

2020年3月30日 (月)

「沖中一寛さんを忍んで...」

Tuiokinaka28515osakajcoki

山林舎をよくご利用頂いておりました沖中一寛(旧姓谷)さんが先月お亡くなりになりました。 訃報を受け取ったのは1週間ほど前で、ご病気とは知っておりましたが、あまりの早さに心が重く痛くなりました。 山林舎や山林舎HPだよりを愛して下さって、ご家族のご利用だけでなく、お友達や、総監督を務めておられた『大阪JCラグビー部』の合宿を誘って下さいました。 こちらから、奥様にお願いして、追悼記事を書かせて頂こうと思っていた矢先、奥様からもご希望を頂きまして、一寛さんの追悼をさせて頂けることになりました。 無数にある一寛さんの写真の中から厳選して、ご紹介致します。 

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けますが、元データがどうしても見つからない写真が2枚ありましたので、以前HPだよりに掲載した大きさのままとなります。 きちんと保存していたつもりでしたのに、申し訳ありません。

写真上: 平成28年5月15日のラグビー合宿の日に、奥様が撮影されたものです。 ラグビーをこよなく愛された一寛さん、昨年のラグビーWCで、日本チームの大活躍により日本中がラグビーに湧いたことを見届けられて、心から喜んでおられたことと思います。

Tuiokinaka201123

写真上: 平成20年11月23日撮影。 ご家族でお誕生日祝いなどで、よく松阪牛ステーキを召し上がられました。 奥様のご実家が山林舎のご近所にあり、よくご家族でご利用頂きました。

Tuiokinaka211122yama

写真上: 平成21年11月22日撮影。 お友達の山口ご夫妻と共に。 我らがマスターもお邪魔しています。

Tuiokinaka22622yamasho

写真上: 平成22年6月22日撮影。 落語家の笑福亭松喬 さんご夫妻と山口さんと共に。 山口さんは演出家でいらっしゃいます。 一寛さんは大変人脈が広い方で、いろいろな方を山林舎に誘って下さいました。 笑福亭松喬さんは、お越しになって数年後にご病気で亡くなられました。 今頃は空の上で再会されていることと思います。

Tuiokinaka2373all

写真上: 平成23年7月3日撮影。 ご家族で。

Tuiokinaka24222oyako

写真上: 平成24年2月22日撮影。 仲良しのお義父様と。

Tuiokinaka24513osakajc

写真上: 1回目の『大阪JCラグビー部』の波瀬合宿です。

Tuiokinaka24513osakajcta

写真上: ダンディな総監督さん。 先ほどの写真と共に、奥様が撮影。

Tuiokinaka25630turi

写真上: 平成25年6月30日。 大好きな櫛田川でアユ釣りを楽しまれました。

Tuiokinaka251215fukui

写真上: 平成25年12月15日撮影。 福井ご夫妻とともに。

Tuiokinaka2614tanaka

平成26年1月4日。 お友達の田中林業社長の田中さんと。

Tuiokinaka2843tanjou

写真上: 平成28年4月3日撮影。 窓の外は、ちょうど今頃の景色ですね。

Tuiokinaka28514osakajcren1

写真上と下: 平成28年5月14日の『大阪JCラグビー部』合宿風景です。 奥様の撮影。

Tuiokinaka28514osakajcren2

Tuiokinaka28514osakajcyu1

写真上: その日の夕食風景です。 1回目同様、30名以上のお泊りで、皆さんが『松阪牛すき焼き』を召し上がられました。

Tuiokinaka28514osakajcyu2

Tuiokinaka28515osakajcshu

写真上: 翌日15日に山林舎本館前で記念撮影。

Tuiokinaka30410spfa

写真上: 平成30年4月10日撮影。 一寛さんは一級建築士でいらして、そのお仲間を誘って下さいました。

Tuiokinaka30411shoku

写真上: 翌日、波瀬植物園の前で。 お義母様の撮影。

Tuiokinaka30620nigaoe

写真上: 平成30年6月20日撮影。 お友達が一寛さんの似顔絵を描いてプレゼントして下さったそうです。

Tuiokinaka30620steak

写真上: その日も、松阪牛ステーキでお祝いされていました。

Tuiokinaka30817yu

写真上: 平成30年8月17日撮影。 お友達の皆さんと。

一寛さん、沢山のお客様を山林舎に招いて下さいまして、本当にありがとうございました。 まだ72歳の若さで、貴重な人を亡くし、誠に無念です。 この特集記事をご本人に見て頂けないのも残念です。 空の上から奥様を見守って頂き、奥様がいつか行かれる日をゆっくりと待っていて下さいね。 山林舎もご心配をおかけしないよう、頑張って参ります。 心より、心より、ご冥福をお祈り申し上げます。 合掌

本日の波瀬: 深夜4℃。 久しぶりに暗闇出勤となりました。 午前6時前も4℃。 お昼前からあいにくの雨。 昨日お泊りの登山隊の皆さんが無事に下山されたことを願っております。 昼間玄関先で10℃。 少し寒さが残っていましたが、夜になって、冷え込みが緩くなったように感じられます。

|

2020年3月29日 (日)

「登山の旅 & 中部台の桜 & 山林舎の桜 & 洋シャクナゲ」

Simizutozantai2329yu

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

写真上は、本日初めてお泊り頂いております『清水登山隊(仮称)』の皆さんでいらっしゃいます。 山岳ガイドさんのお名前を使わせて頂きました。 ガイドさんはお泊りではありませんが、今日、送ってこられ、明日の朝お迎えにお越しになります。 夕食は『会席料理』をお召し上がりになり、「おいしかったです」と皆さんから嬉しいご感想を頂戴しました。 明日の朝は早くにご出発なので、朝食の代わりにおにぎりをお出しする予定です。 明日は、『池小屋山』を目指されます。 ご利用頂きまして、誠にありがとうございます。 またのお越しを心よりお待ち申し上げております。 ガイドさんが導かれますので、大丈夫とは思いますが、くれぐれもお気を付けください。

Takem2020329chudaisakura

写真上: 竹村英也さんから届いた桜だよりです。

「中部台公園の桜🌸満開でした」

竹村さん、素敵な桜風景をありがとうございます。 またのご投稿を楽しみにお待ちしております。

Sakura2020329hasiyori

写真上は、本日の朝、きずな橋から撮影した山林舎の桜風景です。 もう見頃と言って差し支えないようですね。 今年の桜は、ピンクが濃い様に感じられます。 櫛田川は昨日からの雨で少し水量が増えております。

Sakura2020329kobusi

写真上: 山林舎本館前の桜と紅コブシ、そしてコブシが立ち並ぶ風景です。 

Youshakunage2020328

写真上: 通勤路で見かけました。『洋シャクナゲ』の蕾のようです。

本日の波瀬: 深夜6℃。 雨が降ったりやんだりの朝、お昼前には止みました。 昼間玄関先で8℃。 午後11時過ぎで4℃と少し寒の戻りとなっております。 関東地方は積雪となっていますね。 冬将軍様はこちらまでは足が届かなかったようです。

|

2020年3月28日 (土)

「川口3世代ファミリー & 桜とコブシ」

Kawaguchi2327yushoku

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

写真上は、昨日お泊り頂きました川口3世代ファミリーでいらっしゃいます。 川口グランマが波瀬地域のご出身です。 夕食は『会席料理』を召し上がられました。

Kawaguchi2327yushoku2

写真上: お孫さんのおにいちゃんは、『小人会席料理』を美味しそうに召し上がっていました。

Kawaguchi2327yushoku3

写真上: 2歳の弟君は、特別注文された『きつねうどん』をぺろりと完食! うどんが大好きだそうです。

Kawaguchi2328honkan

写真上: 昨夜からの雨が止んだので、今朝、ご出発前に本館をバックに記念撮影させて頂きました。 コブシと桜の花も参加しました。

Kawaguchi2328kawa

写真上: 撮影後、櫛田川を御覧になる川口ファミリー。 ご利用頂きまして、誠にありがとうございました。 またのお越しを心よりお待ち申し上げております。

Sakurakobusi2020328

写真上: 本日お昼過ぎに撮影した玄関先のコブシと桜です。 コブシは満開状態に近くなりました。 桜は、この木が見頃となりましたが、他の桜はまだ見頃には至っておりません。 今年の桜は、平地の津よりも2日先に咲き出したので驚きました。 平年ですと、平地よりも数日~1週間遅い開花となります。 また、山林舎庭園の中でも、日当たりの悪いところは開花が遅いのですが、どの木も開花しているのが不思議に思えます。 開花の速度は違うものの、不思議な傾向です。

Sakurataigan2020328migoro

写真上: 対岸の桜は見頃を迎えました。 花曇り以上の曇りだったので、桜が映えませんね。 なので、最小限の写真にとどめました。

Sakurabesshu2020327hasi

最後の写真は、対岸の橋の階段を上ったところにある別種の桜です。 茶色の葉っぱが花と一緒に見られます。 花もソメイヨシノに比べ少し大きく、真っ白です。

本日の波瀬: 深夜10℃で時折激しい雨が降りました。 午前7時前で12℃。 小雨に変わっていました。 その後、雨は止み、夕方近くにまた降り出しました。 昼間玄関先で14℃。 夜になっても、それほどの冷え込みは感じられません。 でも、明日は関東以北に雪の予報が出ていますね。 関東では雪をまとった桜の光景が見られそうですね。 こちらでも寒くなるのでしょうか…

山林舎ホーム:http://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2020年3月27日 (金)

「大野弘さんの山の日記 - 檜塚」

Ohno2020321hino001

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

本日のたよりは、『大野弘さんの山の日記』とお届けいたします。 大野さん、ご案内をお願い致します。

「21日の檜塚は雲一つない上天気で、先日に引き続いて好天に恵まれた登山は、春の息吹を五感の隅々まで染み渉るご機嫌な日和でした。千石林道がしばらく通行止めでしたし、ヌタハラからの道も車が通れるかどうか訝っていたこともあり、数年ぶりのヌタハラ谷からの登山になります。途中大きな崩落もなく何とか目的の所に駐車でき、9時15分登山開始しました。

天気予報では頂上付近は15mほどの風とのことですが、幸い南斜面のヌタハは殆ど風もなく木漏れ日の中を順調に登ってゆけます。登山道はやはり暫く人の来た様子はなく、落ち葉で消えかかっている所も見られ、慎重に記憶を呼び覚ましながら詰めてゆきます。にもかかわらず目一杯山を満喫し17時30分無事下山し、8時間以上山にいたことになり総歩数21500歩とカウントしていました。二人の年齢を足すと161歳とスーパー爺さんの山行状記でした。 大野弘」

「写真上: 予定していたコースの登山道が崩落して居たので、やむを得ず道のない急斜面を1時間半へばり付くようによじ登り、辿り着いた尾根は、原生林に囲まれた心地よい所で、時刻は12時00になっていました。」

Ohno2020321hino002

「写真上から3枚: 檜塚から奥峰を臨む、残雪がアクセントになって色のない風景を引き立たせてくれます。」

Ohno2020321hino003

Ohno2020321hino004

Ohno2020321hino005

「写真上: 奥峰頂上からヒキウス平を臨む、風は少し吹いていますが、ヤッケを着用することもなく、登山には快適な気温でした。」

Ohno2020321hino006

「写真上から3枚: ヒキウス平までの斜面は残雪が多く見られ、木々のシルエットが目を楽しませてくれます。」

Ohno2020321hino007

Ohno2020321hino008

大野さん、大変な登山が続きましたね。 雪景色がまだ見れて、嬉しかったです。 貴重な写真をありがとうございました。 次回は春の風景の中、穏やかな登山となられることを願っております。 次のお便りも楽しみにお待ちしております。

本日の波瀬: 深夜9℃と前日から、またかなり上がりました。 早朝の気温も、昼間の気温も見忘れましたが、結構暖かい1日でした。 薄曇りがメインで、時折、雨がぱらつくという天候でした。

|

2020年3月26日 (木)

「アマゴ釣りの旅 & 櫛田川春風景 & ツクシ・スミレ・雪柳」

Kusiro2325yushoku

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

写真上は、昨日お泊り頂きました久代さんでいらっしゃいます。 アマゴ漁解禁の折は、お孫さんとお二人で2連泊されましたが、今回はお一人でお越しになりました。 夕食はいつものように、沢山召し上がらないということで、ビジネスコースAをご選択。 ご飯もお代わりされ、以前よりも食欲が増されたようです。 

Kusiro2326turi1

写真上: 昨日は午後から山林舎前の川で、今朝は他所へ行かれ、また山林舎前に戻って、お昼過ぎまでアマゴ釣りを楽しまれました。

Kusiro2326turi2

写真上も、久代さんの釣り風景です。 今日のお昼の暖かさで、対岸の桜が急速に開花してきて、春らしい光景となりました。

Tukusi2020326

写真上: 釣り風景を撮影している時、以前探しても見つからなかったツクシを発見。 全てが早いこの春、もう出会えないと思っていましたが、まだいてくれました。 ツクシはやっぱり、可愛いですね。

Sumire2020326dote

ここからは、今朝、通勤路で見かけた3種のスミレをお届けいたします。

写真上: 通勤路脇の土手に咲くスミレ。 少し色が濃いです。

Sumire2020326chisaishudan

写真上: 小さな小さなスミレが集団で土に張り付くように咲いています。

Sumire2020326usuidote

写真上: 薄紫のスミレです。 

Pinkyukiyanagi2020326

写真上: 最後は、マダム順子が育てている『ピンク雪柳』です。 ピンク色が混じっていて、春らしい華やかさがあります。

本日の波瀬: 深夜1℃。 早朝の気温は見ていませんが、0℃位だったのではないかと思われます。 今日も晴天が続き、昼間はかなり暖かくなりました。 玄関先で20℃。 日のあたる所は、20度を越えたものと思われます。 この暖かさで桜の開花が進みました。 ゆっくり行こう、桜さん☆☆ 今日は3月最後の晴天との予報で、明日から下り坂となる見込みです。 

新型コロナによるキャンセルが続きます。 お仕事の方々のお泊りには影響なかったのですが、やはり、観光のお客様には、特に団体さんには影響大ですね。 皆さん、油断されないよう、くれぐれもお気を付けください。

山林舎ホーム:http://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

«「昨日のお客様 & 会席料理 & 波紋 & 本日の桜 & アジサイの若葉」