2019年1月21日 (月)

「環境調査の旅 & 本日の高見山 & シリウスと満月」

Kankyou31121yushoku

写真上は、昨日から3泊でお泊り頂いております『(株)建設環境研究所』の環境調査隊の皆さんです。 今回は、蓮ダム水系とその周辺の陸の環境調査を合わせて行われます。 早朝におにぎりを持ってい一早くご出発される組と朝食を召し上がられてから出られる組とにわかれて調査に向かわれました。 夜の調査もある為、今回は夕食を遅めにされて、皆さんご一緒に楽しく召し上がられていました。 長年の頻繁なご利用に心より感謝申し上げます。 明後日まで、宜しくお願い致します。

Takami2019121muhyo

写真上は、本日の午後1時前に、マスターが舟戸地区で撮影した『高見山』の定点撮影です。 山頂付近に霧氷が見られます。 奈良官側は霧氷でしろくなっているものと思われます。

Siriusu2019121kumo

写真上: 昨日(本日未明)、深夜の帰宅時、暑い雲が早く流れる空でした。 満月近いお月様が雲の合間から暖かい光を見えてくれていました。 その明るい空でも、一番の光を放っていたのでが、大好きな『シリウス です。 お月さまの明るい光に薄れることなく、全天で一番明るい恒星として、大きなまたたきと明るい光を放っていました。

早朝の金星と木星の接近を撮影したかったのですが、暑い雲が張りつめて、お目にかかれませんでした。 23日が最も近づきます。 午前6前の東南の空をご覧下さい。

Mangetu2019121kumo

写真上: 本日は満月。 マスターがスマホのカメラで捉えた満月と、まるで桜の花のように見える雲です。 

本日の波瀬: 深夜、早朝は… 記憶がよみがえりません。 気温はそれほど低くなくても、強風が大変冷たく感じられる日でした。 昼間、玄関先で7℃。 午前0時前は3℃となっています。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

2019年1月20日 (日)

「古川ご夫妻 & 久しぶりの水たまり」

Furukawa31119yushoku

写真上は、昨日お泊り頂きました古川ご夫妻でいらっしゃいます。 今までにも何度もお越し頂いておりますが、毎回、その日にご予約されます。 思いつかれたら、お出かけになられるようです。  お二人仲良く晩酌をされて、私達ともお話をされながら、夕食を楽しまれました。

Furukawa31120genkan

写真上: 古川ご夫妻が今朝ご出発される前に玄関先で記念撮影。 雨が降ってきたので、この場所となりました。 奥様は、「もう年寄りなので、昨日の写真だけで充分です」と仰られたのですが、ご主人が、「生きている証拠に撮って下さい」と撮影を了解して下さいました。 子供さん方が遠方にお住まいですので、ご両親のお元気な姿をご覧になって、ご安心下さい。 頻繁にご利用頂きまして、誠にありがとうございます。 次回のお越しを楽しみにお待ち申し上げております。

Mizutamari32019120

写真上: 今日は久しぶりに本格的な雨が一時降りました。 今まではお湿り程度の雨でしたが、久しぶりに見た水たまりです。 水たまりの手前は、食堂外の犬走においてある植物です。 葉っぱの芽(?)をつけて可愛かったので、アップで撮りたかったのですが、ピントが地面にいってしまい、指を使ってみても、できませんでした。 未熟なカメラマンです。 

本日の波瀬: 深夜-1℃、早朝は0℃。 曇天から雨へと変わりました。 冷たい雨がずっと降り続けるのでなく、時折、降った1日でした。 昼間の気温は国道の気温計で4℃。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

2019年1月19日 (土)

「朝焼けの高見山 & 飯高るた②アマゴ」

Takami2019119asayake

写真上は、本日午前7時19分に、マスターが舟戸地区で撮影した『高見山』です。 朝焼けが少し過ぎたところだったそうですが、それでも、その名残が十分残っていますね。 山頂付近や、崩れの部分に積雪が見られます。 霧氷ができていたかどうか、雲に隠れていて、わからなかったとのことです。 

本日の波瀬: 深夜3℃、早朝2℃。 早朝はまだ木枯らしがとても冷たく感じられました。 なので、きっと高い山々には霧氷ができていたものと推測しております。 その後は風も穏やかになり、暖かくなりました。 昼間に法事後の会食が行われましたので、昼間の気温を見ることを忘れました。 夜になっても、冷え込みは柔らかな感じです。

Iitakaruta2019116a

先日ご紹介致しました『飯高るた』の第2弾です。 今回は、『あ』の『アマゴ』を取り上げました。 『あ』には札が2枚ありますが、もう一枚はまた後日に紹介させて頂きます。

Kaamagohoryu3033amago1

写真上と下: 昨年のアマゴ放流後のアマゴさん達です。 清流の女王と呼ばれています。

Kaamagohoryu3033amago2

Kaamagotuika28424kusirowakaba

そういえば、最近、『過去への旅』で、アマゴ放流後の写真と解禁日の写真を載せたばかりでした。 似たものが重なってしまって、申し訳ありません。 なので、上の写真は冬枯れの解禁日の景色を避けて、追加放流が行われた4月末の若葉の風景を選びました。 今年のアマゴ漁解禁日は、3月3日(日)です。 

この『飯高るた』は、『飯高るた製作委員会』が作り上げました。 宮前小学校、香肌小学校、宮前まちづくり協議会、川俣地区住民協議会、森を考える会、波瀬むらづくり協議会、松阪香肌商工会青年部、松阪社会福祉協議会飯高支所で構成されています。 

松阪市飯高管内の史跡や自然・名所等をテーマに、小学校の子供達が読み句を考え、絵を描いたご当地かるた『飯高るた(いいたかるた)』です。

販売価格は、2000円。 1個につき、100円を共同募金に寄付します。
(予約販売になりますので、少々お時間を頂きます。)

商品販売に関するお問い合わせは、下記へお願い致します。
     松阪香肌商工会青年部 担当:木谷
     〒515-1411 松阪市飯南町粥見3950
     電話: 0598-32-2321


山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

2019年1月18日 (金)

「お仕事でお泊りの皆さん & かっぱずんの雪よ」

Unoihi31117yushoku

本日のたよりは、お仕事でお泊り頂いていらっしゃるお客様にご登場頂きます。 昨夜の夕食風景から参ります。 

写真上は、左側が『宇野塗装(株)』のお二人で、秋冬にひんぱんにお泊り頂きました。 今回が今年度の最終日となりました。 右側は、秋冬に長期のご滞在されたIHIインフラ建設(株)さんの牧野さんです。 どちらも、蓮ダムのお仕事でお越しになり、お仕事は別々なのですが、宇野さんと牧野さんは仲良しになられ、山林舎でもよくお話になっておられました。 この日も、牧野さんがまたひと月以上の長期滞在をスタートされる日に、偶然、最終のお泊りとなり、旧交を温めていらっしゃいました。 宇野さん、長い間ご利用頂きまして、誠にありがとうございました。 また次回のお越しを楽しみにお待ち申し上げております。 牧野さん、また一か月間、宜しくお願い致します。

Enta31117yushoku

写真上は、昨日から本格的に長期ご滞在を始められた『塩田開発(株)』のお二人です。 本当は、もう一人いらっしゃるのですが、写真をパスされましたので、お二人でのご登場となりました。 来週にはもう少しご人数が増えるご予定です。 草鹿野地区の地滑りの防災工事でお越しになっています。 一か月間、宜しくお願い致します。

Unojuko31118sofa

写真上は、今年も7日から平日にはずっとお泊り頂いております『宇野重工(株)』の金児さんでいらっしゃいます。 素泊まりでのご利用なので、撮影のタイミングが難しいです。 でも、いつも快く応じて下さって、助かっています。 こちらは、木梶にあるループ橋の耐震工事の為、夏まで続く、正に長期のご滞在です。 夏まで宜しくお願い致します。

Yukiyokonkonponpon

上の絵は、『かっぱずんのほのぼのイラスト』です。 可愛いイラストをありがとう♪

本日の波瀬: イラストに登場する雪がほんの少し、今朝舞いました。 昨夜はパラパラと雨が降っていましたが、本日の早朝ははらはらとわずかな雪が降っていました。 もちろん、雪化粧にさえなりませんでした。 でも、高い山々には雪がもっと降ったものと思われます。 また、梅尾、高尾山、三峰山には霧氷が見られました。 高見山は確認できませんでしたが、間違いなく、霧氷満開だったことでしょう。 早朝は1℃、昼間は5℃。 木枯らしが気温以上に寒さを運んできていました。 午後11時で3℃。 雲の流れる夜空で、風は収まっているそうです。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

2019年1月17日 (木)

「ゆずりはさんの山だより - 池小屋山」

Yuzu2019113ikego1

本日のたよりは、『ゆずりはさんの山だより』とお届けいたします。 13日に登られた『池小屋山』(標高1395.9m)からのお便りです。 ゆずりはさん、ご案内をお願い致します。

「1月13日(日)、池木屋山へ行ってきました。 急斜面を登ること1時間20分。 宮の谷左岸尾根にのると、あとは右手に檜塚や明神岳・千石山、左手には野江股ノ頭を見ながらの尾根歩きです。 雪は少ないようで、白く見えるのは山の上の方だけでした。

標高1200mあたりになって、やっと雪が出てきましたが、少しだけ。 白い雪に覆われた冬らしい雰囲気になったのは、池木屋山の山頂近くになってからでした。 歩きやすかったですが、雪が少な過ぎてちょっと残念でした。 風のない穏やかな日で、まわりの山々の展望は抜群でした。」

「写真上: ニハンノ平から見る迷岳(左奥のピーク)と野江股ノ頭(右から2つ目のピーク)」

Yuzu2019113ikego2

「写真上: 檜塚東尾根の向こうに三峰山(左)から局ヶ岳にかけての山並み」

Yuzu2019113ikego3

「写真上: 池跡から見る池木屋山。 山頂付近の木々が霧氷でわずかに白くなっています。」

Yuzu2019113ikego4

「写真上: 何本かの木にちょっどだけ霧氷」

Yuzu2019113ikego5

Yuzu2019113ikego6

「写真上: 明神岳・水無山(左)から檜塚奥峰(右)にかけての稜線」

積雪や霧氷の少ない今冬なので、わずかでも出会われて良かったですね。 やはり、青空は見事な引き立て役者、清々しい風景が広がっていますね。 ゆずりはさん、素晴らしい写真をありがとうございました。 次回の山だよりを楽しみにお待ちしております。

本日の波瀬: 深夜1℃。 早朝はわかりませんが、氷が張っていたので、氷点下だったものと思われます。 昼間の気温は玄関先で6℃。 昨日と同じですが、湿度が低い分、冷え込みが感じられました。 ただ今の国道の気温は4℃。 パラパラと雨が降り、時折、強風が吹いています。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

2019年1月16日 (水)

「飯高るた(いいたかるた)① 全札と高見山」

Iitakaruta2019116all1_2

本日のたよりは、『飯高るた製作委員会』を発足して作り上げた『飯高るた』を紹介させて頂きます。 この委員会は、宮前小学校、香肌小学校、宮前まちづくり協議会、川俣地区住民協議会、森を考える会、波瀬むらづくり協議会、松阪香肌商工会青年部、松阪社会福祉協議会飯高支所で構成されています。

松阪市飯高管内の史跡や自然・名所等をテーマに、小学校の子供達が読み句を考え、絵を描いたご当地かるた『飯高るた(いいたかるた)』です。

販売価格は、2000円。 1個につき、100円を共同募金に寄付します。
(予約販売になりますので、少々お時間を頂きます。)

商品販売に関するお問い合わせは、下記へお願い致します。
     松阪香肌商工会青年部 担当:木谷
     〒515-1411 松阪市飯南町粥見3950
     電話: 0598-32-2321

Iitakaruta2019116all2_2

このかるたは、先日、波瀬地域の友達からプレゼントされたものです。 噂は聞いていましたが、子供さん達の描いた素朴な絵と、微笑ましい読み句にとても感銘を受けました。 飯高ご出身の方々や、飯高大好きな方々には興味深いものだと思われます。 山林舎に見本がございます。 お使いになって頂いて、是非、お買い上げ願います。

Iitakaruta2019116all3

絞り切れなかったのか、一つの字に二つの絵札がある字が数個あります。 それがまた楽しい♪

Iitakaruta2019116all4b

かなりの手数がかかって出来上がったこのかるた。 なので、山林舎HPだよりでは、1枚ずつ、可能なら写真を添えて、紹介させて頂こうと企画致しました。 第一回の今回は、波瀬地域の守護神とあがめられている『高見山』にスポットを当てました。 面白いことに、かるたの最初の字は『た』ではないのです。 これが子供さん達の楽しい発想ですね。

Iitakaruta2019116so_2

  
    そびえたつ
       樹氷も見える
             高見山

 

 
  絵札の裏の説明文:
 奈良県境との間にそびえ
 近畿のマッターホルンの異名を持ち
 標高は1249mです 

 

上の絵は、三峰山から眺めた高見山ではないかと思って、写真をさがしてみました。

Sae22117takamimiu11

写真上は、平成22年1月17日に谷口早枝子さんが三峰山から撮影された高見山です。 上の絵に比べ、少しだけ方向が違うかもしれませんが、似ていますね。

Kabu251114takami

写真上は、平成25年11月4日に株正博さんが奈良県側から撮影された高見山です。 三角形の形から、『関西のマッターホルン、近畿のマッターホルン』と呼ばれています。

Takami3114funatokara

写真上は、今年の1月14日に、我らがマスターが舟戸地区から撮影した高見山です。 波瀬地域からは、このように横に広がって見える所がほとんどです。 三峰山からの眺めだけは、三角形に近づいていますね。 この日の高見山頂には樹氷が見られました。 一つ前の写真に登場した奈良県側の斜面にはもっと下まで樹氷ができていたものと思われます。

このように、『飯高るた』で紹介されている飯高の史跡や自然・名所を取り上げて、シリーズでお届けいたします。 私が運転できて、時間があれば、写真も沢山紹介できるのですが、それは無理なので、山林舎パソコンに収められたアルバムの中から紹介させて頂きます。 お楽しみに!

本日の波瀬: 深夜は5℃で、数日ぶりに氷点下でなくなりました。 午前10時も5℃。 気温が変わっていませんでした。 昼間、玄関先では6℃。 やはり気温はほとんど変わりませんでした。 時折、冷たい雨の降る1日でした。 木梶では雪混じりの雨だったそうです。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

2019年1月15日 (火)

「お帰りなさい & ぼたん鍋セット & 霜の朝」

Koike31115botan

写真上は、本日のお昼に『ぼたん鍋』を召し上がられた小池わたるとお友達です。 何故、わたる君と気安く呼ば差せて頂いているかと申しますと、小中学生の頃、ご家族で毎年お泊り頂いていたからです。 男の子3人兄弟のお兄ちゃんでした。 毎回、2泊され、最終日に『ぼたん鍋』を召し上がられるのが常でした。 「ぼたん鍋が食べたくて、時間が空いたので来ました。」と、嬉しいお言葉。 約20年ぶりのお帰りとなりました。 「何も変わっていなくて、嬉しいです。 山林舎のHPも見ています。」とも仰って下さいました。 ぼたん鍋はお二人とも、「美味しい!」とのご感想を頂戴して、安堵致しました。 

わたる君は、このお正月にご結婚されたそうで、次回は奥様とお泊りでお越し頂けるそうです。 ご結婚おめでとうございますshine 久しぶりのお帰りをありがとうございました。 お友達の方は、初めてのご利用をありがとうございました。 次回のお越しを楽しみにお待ち申し上げております。 

感謝① 子供さん達が大きくなられて、山林舎を卒業されて行かれるお客様が結構おられます。 でも、最近、幼い頃お越し頂いた2世の皆さんが、ご自身のご家族や彼女・彼氏、お友達を連れ立って、お越し頂くことが多くなりました。 10年~30年という長いご愛顧を賜る山林舎ならではの特徴かと思っております。 本当に有難い思いです。

感謝② 昨年末に、山林舎HPだよりへの厳しい言葉を耳にすることがありました。 毎日の更新をやめようかと思い悩む日がしばらく続きました。 が、冬の期間はアクセスが三分の二位まで減少するはずなのに、今年は何故か、私を励ますかのように、平均値よりも高い日が続いております。 このカウントの多さや、わたる君や他のお客様から、HPだよりを見て下さっているお話を伺って、毎日更新へのパワーがよみがえってきました。 駄目なら、そうでなくなるように頑張ろうpunch 定期的にご覧頂いている皆様に心より感謝申し上げます。

Botannabeset2228

ぼたん鍋セットの通信販売: 山林舎では、『ぼたん鍋』をご家庭でも楽しんで頂こうと、『ぼたん鍋セット』を販売しております。 野生の猪の肉をスライスして真空パックにし、マスター特製のタレ(だし汁)1.8ℓを添えて発送致します。 5月初旬までの季節限定品となっております。 ぜひ、お試しになって下さい。

山林舎ぼたん鍋セット(税・送料込み)     
猪肉500g + 特製タレ2リットル1本 →  5000円

猪肉 1kg + 特製タレ2リットル2本 → 10000円

猪肉は低脂肪・低カロリーで、その上、ビタミンB1やカルシウム、コラーゲンが豊富に含まれた大変ヘルシーな食品です。 体の芯から温まりますので、これから訪れる季節には最適となります。 是非、ご賞味下さい。 

Simo2019115kobusi1

写真上と下: 本日の波瀬は深夜、早朝とも-2℃と冷え込み、風が無く、霜が降りました。 玄関先に立つコブシの目も霜に覆われて、白く染まっていました。 昼間の気温は国道の気温計で5℃と、それほど上がりませんでした。 曇りでも、、時折、わずかな雨が降りました。 その後は冷え込みが緩んだように感じられます。

Simo2019115kobusi2

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

2019年1月14日 (月)

「雅さんと玲さんの水彩画」

Reipoinnsetia2018w

本日のたよりは、予定していたものが延期となりましたので、急遽、苦しい時の玲さん頼みが久しぶりに復活! 『雅と玲の水彩画』から、ご夫妻の絵をお借りしました。 

Merry Christmasの字が少し季節遅れですが、ポインセチアの花は今が見頃。 ほんわか、可愛い雰囲気がただよって、とても素敵ですね。

Reihimerinngo

上の絵は、玲さんが描かれた『姫リンゴ』です。 可愛い実ですね。 食べたら、リンゴと同じ味がするのでしょうか… 玲さん、勝手に枠をつけて、申し訳ありません。

Masahamajimagyokou

写真上は、ご主人の雅さんの水彩画です。 私の故郷・浜島の港を描いて下さいました。 身びいきで、この絵に決めました。 雅さん、浜島漁港を素敵に描いて頂きまして、ありがとうございます。

玲さん、雅さん、絵を貸して頂きまして、誠にありがとうございました<m(__)m> お二人の絵をもっとご覧になりたい方は、『雅と玲の水彩画』のHPhttp://www.geocities.jp/meisouzensi/をご訪問下さい。 また、山林舎売店では、玲さんの水彩画を販売しております。 ぜひ、ご覧になって下さい。

本日の波瀬: 深夜はまた-2℃まで下がりました。 晴天でしたし、昼間の玄関先の気温は7℃を示していましたが、吹く風が冷たく、冷え込みを感じました。 夜になっても、冷え込んでおります。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

2019年1月13日 (日)

「どんと焼き & 野口区伊勢講 & 西切区新年会」

Dontoyaki2019113noguchi

写真上は、今朝、野口区で行われた『どんと焼き』の風景です。 お正月飾りを焼き、歳神様をお見送りする行事だそうです。 野口区の男性の皆さんが、そのお役目を担当されました。 山林舎のフロントに飾ってあったミニ門松もお願いした次第です。 ミニ門松さん、ミニ門松を作って下さった谷さん、年末年始の間、フロントを明るくしてもらって、ありがとうございました。 そして、野口区の皆さんも、ありがとうございました。

Noguchilady31113iseko1

写真上: その野口区のご婦人の皆さんが、『伊勢講(女正月)』ということで、本日のお昼に会食をして頂きました。 お正月の間、多忙を極めたご婦人方の為に、伊勢講が催されます。 波瀬地域でも、この行事を行うところと、行わない所があるようです。 野口区の皆さんは、毎年ご利用頂いております。 そして、いす式の食堂をご希望されます。

Noguchilady31113iseko2

Noguchilady31113iseko3

写真上: 食後には、ゲーム形式でのプレゼント獲得戦が行われました。 写真が大きな輪っかのスピードに追い付けず、輪っかが幽霊のように写っています<m(__)m>

Noguchilady31113iseko4

写真上: 野口区婦人会の皆さんです。 2階で宴会された西切区の方が、「べっぴんさん達は帰ったかな?」と仰っていました。 毎年ご利用頂きまして、誠にありがとうございます。 次回のお越しを楽しみにお待ち申し上げております。

Nisigiri31113sinnenkai1

写真上は、同じ時刻に、2階の大広間で行われた『西切区』の男性の皆さんの新年会に代わります。 昨年も、この二組のお客様が同時刻に昼食を楽しまれました。 西切区の皆さんも毎年ご利用頂いておりまして、2階の大広間をご希望されます。

Nisigiri31113sinnenkai2

Nisigiri31113sinnenkai3

写真上: 集合写真は4枚撮らせて頂きましたが、一番楽しい表情のそろったこの写真が手振れになってしまいました。 でも、表情のいいものにしました。 「1+1は?」と呼びかけますと、一瞬、顔をこわばらせ、その直後に笑顔が! なので、その後の笑顔に向けて再度シャッターを慌てて切りますと、手振れとなってしまいます。 長年、記念撮影を行ってきているのに、まだまだ未熟です<m(__)m>

西切区の皆さん、長年に渡って、毎年ご利用頂きまして、誠にありがとうございます。 来年のお越しを楽しみにお待ち申し上げております。

本日の波瀬: 深夜は-2℃。 早朝はわかりませんが、午前9時前にはすでに3℃まで上がっていました。 今日お越しになられたpiccoloさんのお話では、山には霧氷は見られなかったそうです。 積雪はあったようですが、アイゼンは要らないほどの雪だったとのことです。 暖かく、穏やかな1日となりました。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

2019年1月12日 (土)

「過去への旅 - 櫛田川風景」

Amagohoryu3033

今日も話題がない為、『未発表』ファイルから、櫛田川の風景を選んでお届けいたします。 今日も過去への旅にお付き合い願います。

写真上: 昨年のアマゴ放流後のアマゴさん達です。 初めて泳ぐ櫛田川を最初は戸惑いがあって、なかなか泳げないアマゴさんがいるのですが、少し時間が経つと全員、見事な泳ぎを見せるようになります。 順応力のあるアマゴさんは川に入った途端、素早く泳ぎ出します。 どんな気分でしょうね…

Amagokaikin3034a

写真上: 昨年の放流の翌日、つまり、アマゴ漁解禁日の釣り風景です。 たくさん写真を撮りすぎて、残っていたものと思われます。

Amagokaikin3034b

写真上も、同じく、アマゴ漁解禁日、下流側から撮影。 今年のアマゴ漁解禁日は3月3日(日)の予定です。 

Kawaasobi280724

写真上は、3年前の川遊び風景です。 川の流れが透明で、とてもきれいですね。

Kawaasobi24816zousui

写真上: でも、こんな日もあります。 大雨で川が増水し、濁流から清流へと戻る途中の状態です。 完全に泳ぐのは無理なので、足だけつけている方が多いですね。 こちらのご家族は田坂ファミリーです。 山林舎の子犬をもらってくださったご家族です。 モナカちゃん、元気かな? 子供さん達が大きくなられたので、最近はお越しになりませんが、3世代でお帰り頂くことを期待しております。 

Yuki28216hasiyori

写真上は、3年前の雪景色です。 きずな橋から定点撮影したものです。 昨日掲載した写真はもっと雪深い時の櫛田川でした。 今回は雪が少なめですね。 雪が多かったり、雪の水分が多いと、石積みの模様が見えなくなります。

今日も過去への旅にお付き合いいただきまして、ありがとうございます。 まだまだ『未発表』ファイルに写真が残っておりますので、また紹介させて頂きます。

本日の波瀬: 深夜・早朝は0℃まで下がりました。 曇天で、一時雨が降り、昼間の気温は玄関先で5℃でした。 1200mを越える高い山々はもしかしたら、雪だった可能性があります。 午後9時前現在、玄関先で5℃と変わりませんが、星が見え、そよ風が吹いています。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

2019年1月11日 (金)

「過去への旅 - 大雪 & 野良猫」

Yuki20140214a

この大雪風景は2014年2月14日のもので、本日の波瀬の景色ではありませんので、ご了承願います。 

本日の波瀬は、昼間は玄関先で9℃にもなる暖かな1日となりました。 夜に入っても、結構暖かさが続いています。 それで、全く積雪の無いこの冬、大雪が恋しくなって、話題もないこともありまして、『未発表』ファイルに残っていた大雪の写真と野良ネコちゃんの写真を紹介させて頂くことにいたしました。

この写真の日の雪は湿度を多く含む雪だったようで、木々に付着して、それは美しい雪景色をつくり出していました。

Yuki20140214b

Yuki20140214c

雪大好きな私としては、雪のない寂しい冬です。 お客様にご迷惑の無い程度に、雪が降って、積もりますよう…snow☆☆☆ 

Modorineko231026

写真上は、8年間に撮影した『戻り猫』です。 山林舎に集まってくる常連の野良猫だった猫ちゃんですが、半年ほど旅に出ていた後、また戻って来ました。 でも、他の猫の中に入れず、一匹ぼっちになっていることが多かったです。 徐々に慣れていき、山林舎の野良猫として存在を発揮して、最後は山林舎庭園で天国へと旅立ちました。

Yamabikoneko261022

写真上は、5年前に撮影した野良ネコちゃんです。 今は『波瀬駅」となっていますが、『グリーンライフやまびこ』だった頃、裏に置いてあった洗濯機の上でよく座っていました。 通りがかりの方々からも可愛がってもらっていたようです。 

今日のたよりは、過去への旅となりました。 最近、過去への旅がよく登場しますね…

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

2019年1月10日 (木)

「かっぱずんの彩雲 & 水鳥」

Zun201919saiun1

本日のたよりは、『かっぱずんのお散歩路』から参ります。 1月9日撮影。

  昨日日の入り前に出会った彩の雲
  おすそ分けします

Zun201919saiun2

Zun201919saiun3

かっぱずんちゃん、素敵なおすそ分けをありがとう♪ また、素晴らしい光景に出あいましたね。 彩雲は見たことがないので、羨ましいです。 

Kawagarasu2019110kawa1

写真上と下: 今朝、『きずな橋』を渡っている時、川へ飛び込む鳥を見かけました。 それで、カメラで捉えようとしたのですが、どんどん上流側へと飛んでいき、かなり遠くでエサ取りを始めました。 新しいカメラはズームがきくと思い、試しに撮ってみました。 捉えられましたが、手が動くので、ピンボケとなりました。 色とシルエットから、おそらく、カワガラスと思われます。 ピンボケでごめんなさい<m(__)m>

Kawagarasu2019110kawa2

本日の波瀬: 深夜-3℃、午前8時でも-2℃。 夜明け前はもう少し低かったかもしれません。 午前10時で0℃となりました。 それでも、梅尾の山には霧氷は見られませんでした。 これだけ気温が下がっても、空気が乾いていて、風が無いと霧氷はできませんね。 雲の多い晴天が続き、冷たい風が吹く昼間でした。 玄関先で5℃。 

予約状況更新: 『ご予約』のページにある『予約状況』の更新を怠っておりましたが、さきほど、8月末までの予約状況を入れました。 ご参考になさって、ご予約を宜しくお願い申し上げます。 今年は8月が結構空いております。 ご予約を心よりお待ち申し上げております。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

2019年1月 9日 (水)

「梅尾の霧氷 & コブシと桜の蕾 & サボテンの蕾」

Umeo201919muhyo

本日の波瀬は曇天で、時折、雪花が舞う寒い1日となりました。 雪の予報でしたが、積雪は全くありません。 高見トンネル付近にさえないそうです。 深夜は4℃で、天気予報に比べれば、高い気温でしたが、早朝にはかなり下がったようです。 木梶にある『梅尾』の山には霧氷帯ができていました。(写真上) 午前10時で2℃、昼間の気温は玄関先で4℃でした。

Kobusi201919tubomi

写真上: その寒風に吹かれて、コブシの花芽が揺れていました。 今年も沢山の蕾が見られます。

Sakura201919tubomi

写真上: 心配された『ソメイヨシノ』ですが、順調にツボミをつけてきて、ホッとしています。

Saboten201919tubomi1

写真上は、山林舎館内に置かれたサボテンの仲間の植物から、ピンクの蕾が現れました。 久しく花を見ていなかったので、嬉しい驚きです。 実は、この花を育てて下さった方のご健康が芳しくないので、健康になられることを願って、掲載致します。 どうか、お元気になられますよう…shine

Saboten201919tubomi2

写真上は、全体像です。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

2019年1月 8日 (火)

「かっぱずんのほのぼのイラスト - 忘れ物」

Debanfanheayutanpo

本日のたよりは、『かっぱずんのほのぼのイラスト』をお届けいたします。 実は、10月の作品の中に掲載を忘れていたものが3点ありました。 かっぱずんちゃん、ごめんなさい<m(__)m> 少し時季外れで申し訳ありませんが、お楽しみください。

ファンヒーター君と湯たんぽさんが、10月には「出番!」と張り切っていました。 今年は暖かい日が多いので、全力を出さなくても大丈夫という感じですね。 暖房さん達にとっては、ちょっと物足りない冬ではないかと思います。 灯油が減らないのはいいのですが、雪が見られないのは、私としては寂しいです。

Kuttuitorutomukutai

そうですね、お猿さん。

Mosukosihonasobo

10月は読書の秋本番でした。 スポーツの秋でもあるので、猪さんはお外で遊びたいようですね。 もう少し、待ってあげてね、猪さん。

Danbouisogasikunaru

最後のイラストは、12月の作品です。 そこまで暖房さん達が忙しくなかった12月。 明日から寒波が訪れます。 暖房さん達、頼みますね。 でも、数日後には、暖かくなるそうで、寒暖差の激しい冬ですね。 皆さん、体調を崩されないよう、お気を付けください。

本日の波瀬: 深夜4℃、早朝は1℃まで下がりました。 冷たい風が吹く朝でした。 今日も晴天が続き、昼間の国道の気温は8℃でした。 夜になって、冷え込んでくるとの予報ですので、暖かくしてお休みください。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

2019年1月 7日 (月)

「ジャンボ猪 & 紅梅・マンサク・ロウバイの花々 & 田んぼの氷」

Takem201916

今年は、竹村さんから、初日の出やジャンボ干支が送られてこないなあ…と少し心配しておりました。 昨日、竹村英也さんから届いた今年の『干支ジャンボ猪です。 これは、三重県は津市美里町家所にある『辰水神社』に毎年飾れます。 今までの干支で一番素敵ですね。 竹村さん、貴重な写真をありがとうございました。 次回のお便りも楽しみにお待ちしております。

Koubai201917kaika

ここからは、今朝、通勤路で撮影した花々をお届けいたします。 

まず写真上は、紅梅です。 少し前に開花したようで、10輪位が開き、愛らしい姿を見せていました。

Mansaku201917tubomi

写真上は、そのお隣に立つ『マンサク』の木。 もう開花してもいいような時期ですが、まだツボミのままでした。

Roubai201917tome

写真上は、土手の上、旧道の道端に立つ『ロウバイ』の木。 こちらは沢山の花が見られました。 ロウバイの花は透明感がありますね。

Roubai201917up

ということで、ロウバイの花のもう一枚、アップでどうぞ。 光が反射しすぎてますね。

Tanbokoori201917

写真上は、田んぼの片隅にできていた氷です。 深夜は1℃で、快晴だったので、早朝は氷点下に下がったとものと思われます。 撮影時、午前9時半で3℃。 太陽の光が明るいので、暖かそうに見えますが、冷たい空気でした。 遠くに見えるのは、おなじみの『梅尾』の山ですが、この時は霧氷は見られませんでした。 出来なかったのかもしれませんが、もしかしたら、陽光に溶けてしまったのかもしれません。 晴天は続き、昼間の気温は玄関先で6℃でした。 

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

«「かっぱずんのお散歩路 - つい暖かくて&スカイパンチ」