2020年1月27日 (月)

「林業研修の旅 & 青田発電所法面工事の旅 & 本日の夕食」

Okinaka2127yushoku

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます

写真上は、本日から2連泊される三越さんでいらっしゃいます。 12月には林業の見学にお越しになり、その時もお泊り頂きました。 今回、就職を希望されて、『沖中木材』さんの林業研修を受けるために再度、波瀬にお越しになりました。 明日の朝、大変早い朝食を取られて、林業研修に臨まれます。 お天気が心配されます。 好天となりますよう… ご利用頂きまして、誠にありがとうございます。 明後日の朝まで宜しくお願い致します。

Cteck2127sankiyu

写真上: 先々週から平日にお泊り頂いております『(株)シーテック』グループの『三気建設(株)』の皆さんです。 青田発電所の法面工事を担当されていらっしゃいます。 今週はお一人メンバーが交代されましたので、写真撮影をお願いしました。 長くご滞在頂きまして、誠にありがとうございます。 2月中旬までよろしくお願い申し上げます。

Buisinesscoursea2020127

写真上は、本日の『ビジネスコースA』の夕食です。 この後、お吸い物と果物(オレンジとパイナップル)が登場しました。

本日の波瀬: 深夜、早朝等も3℃。 雨の1日で、午後10時半で3℃。 今も本格的な雨が降っています。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com/
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2020年1月26日 (日)

「一期一会の会の皆さん & オリオン座ペテルギウス」

Ichigoichie2126hiru

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます

写真上は、本日のお昼に昼食会を催して下さいました『一期一会の会』の皆さんです。 おなじみの方々は多数いらっしゃいますが、この会でのご利用は初めてです。 ぼたん鍋と寄せ鍋に分けて、鍋料理を楽しまれました。 仲良しグループのご様子で、お話の花が満開で楽しい時間を過ごされました。 ご利用頂きまして、誠にありがとうございました。 またのお越しを心よりお待ち申し上げております。

Botan4ninmae

料理の写真が撮れなかったので、以前のもので紹介させて頂きます。

写真上: ぼたん鍋4人前です。 マスター特製のみそ仕立てのだし汁が美味しい、臭みがないと大好評を頂きました。

Yosenabe20191224_20200126222401

写真上: 寄せ鍋です。 今回は、3人前と2人前に分けました。 こちらも、「美味しい」と嬉しいご感想を頂戴しました。

Furofukidaikon271212

写真上: ふろふき大根です。 大根が美味しいと、これまた好評を頂きました。

Orion

オリオン座のペテルギウスのお話: 可愛いイラストは、おなじみ『かっぱずんのほのぼのイラスト』です。 ずっと以前のものですが、大好きな作品です。 

このオリオンの赤い星、イラストでは左側の赤い星になりますが、『ペテルギウス』という恒星で『冬の大三角』の一角を担っています。 ところが、この星の光が例年に比べ、かなり暗くなっています。 以前から、星の最後を迎えつつある、あるいは、すでに超新星爆発を起こしているかもしれないと言われてきました。朝日新聞の記事を御覧下さい。

ペテルギウスの重さは太陽の約10倍。太陽が46億歳なのに対して約800万歳と生まれたばかりだが、活動が激しいため、すでに内部の燃料をほとんど使い果たしている。年老いてぶくぶく膨らんだ大きさは太陽の約1千倍。もし太陽系にあったら地球や火星ものみ込み、木星のあたりまで達する。

太陽が今後、数十億年かけてゆっくりと燃え尽きるのに対し、最期は激しい死を迎える。燃料が燃え尽きた瞬間、自分自身の体を支えられなくなって暴走し、大爆発する。激しいガスの衝撃波やガンマ線、X線などをまき散らしてまぶしく光る超新星になる。あとには極めて重く小さい星か、ブラックホールが残る。

ペテルギウスまでの距離は約700光年で、私たちの天の川銀河のなかでもかなり近い。もし爆発したら、地球からはマイナス10等ほどの半月に近い明るさで見える。青白い輝きは数カ月間、昼でも確認できる。その後、徐々に暗くなり、5年もすると目では見えなくなる。

大好きなオリオン座や冬の大三角が崩れるのは大変残念ですが、この超新星爆発を見たい気持ちのほうが強くなってきています。 金星の600倍の明るさで、昼間でも見られるとはすごいですね。 生きている間に見られるでしょうか…?

本日の波瀬: 深夜3℃で雨が降っていました。 今日は遅めの出勤だったので、早朝の気温はわかりません。 昼間の気温は6℃。 曇り、時折、雨の1日でした。 

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com/
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

| | コメント (0)

2020年1月25日 (土)

「飯高るた㉘&㉙ - 野生動物」

 

Iitakaruta2020125u

本日のたよりは昨日に続いて、『飯高るた』の第28弾と第29弾をお届けいたします。 この2枚のカルタはテーマが同じ『野生動物』なので、一緒に紹介させて頂きます。 まずは、絵札の裏のそれぞれの説明文から入ります。

   野生動物が運動場に登場します
   時には休み時間に見かけることもあります

Iitakaruta2020125ya

   野生動物の多い飯高地域は 夜車で走っていても 
   たくさんの動物に出あえます

   耳を澄ますと 動物の鳴き声や息吹が感じられます

山林舎HPだよりで紹介された過去の写真の中から、野生動物を選んでみました。 お楽しみ下さい。 写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

Kaohno261122saru

写真上は、大野弘さんが平成26年11月に撮影されたお猿さんです。 可愛いいし、利口そうですね。

Kasika22330 

写真上: 平成22年3月に、我らがマスターが撮影した『鹿』です。

Kamosika27411kawa

写真上: 平成27年4月、桜の花が風に舞う頃、『ニホンカモシカ』のサラちゃんは山林舎の庭にやってきました。 天然記念物です。 この名前は、先に出あっていた『かっぱずん』ちゃんが命名しました。 サラちゃんととっても仲良しになりましたが、病気と事故が重なって、本当に残念ですが、程なく亡くなってしまいました。 今でも、大好きだったお風呂のエアコンの室外機の横に座っていると思っています。

Kayamane22616

写真上と下: こちらも天然記念物です。 森の妖精と言われる『ヤマネ』。 平成22年6月に陶芸教室に現れ、陶芸の先生が何かわからず、持ってきてくださいました。 インターネット検索して、天然記念物とわかり、興奮しました。 とっても可愛かったです。 もちろん、山へ逃がしました。

Kayamane22103

写真上: 同じ平成22年の10月に休憩小屋の洗い場で抜け出せなくなっていたヤマネの赤ちゃん(子供)をマダム順子が見つけました。 さらに可愛い♡ 赤ちゃんなので保護していたのですが、食べ物が間違っていたのか、数日後に亡くなってしまいました。 今は、津市にある三重県博物館に展示されています。

Kaanaguma291124ura

写真上: 平成29年11月に厨房の裏に出現した『アナグマ』です。 カメラを恐がりませんでした。 この仲間が、私の深夜の帰宅時に威嚇していたようです。

Katanuki22316xmasrose

写真上: 平成22年3月にお風呂の庭にいた『タヌキ』です。 小さくて、少し弱っているように感じました。 クリスマスローズと仲良くしているように見えます。

鳥もいろいろとやってきますし、虫も多いですね。 異常気象に負けずに、生き延びてほしいと願っています。

本日の波瀬: 深夜5℃、早朝2℃。 昼間の気温は10℃位でした。 晴れ時々曇り。 夜も深まり、曇天で3℃となっています。

|

2020年1月24日 (金)

「飯高るた㉗ - ルート166」

Iitakaruta2020124ru

本日のたよりは、久しぶりに『飯高るた』をお届けいたします。 第27弾目となります。 今回のテーマは『ルート166』、すなわち国道166号線です。 絵札の裏の説明文からどうぞ。

  昔から大和の国と伊勢の国をつなぐ和歌山街道として大切な道でした
  今でも飯高の人々の生活にとって なくてはならない道です

山林舎HPだよりに収められた膨大なアルバムの中から、短時間で選んだ国道166号線の風景を御覧下さい。 写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

Kaohno21719r166

写真上: 大野弘さんが高見トンネル付近から平成21年7月に撮影された国道166号線のループ橋と山並みです。

最近、大野さんの作品が登場しておりませんが、新しいパソコンに苦戦されているそうです。 今しばらくお待ちください。

Kar166251225kabatakami

写真上: 平成25年12月に加波地区のルート166から『高見山』を仰ぎ見た風景です。

Kayamator1662746chakurakara

写真上は、『大和撫子』さんが27年4月に飯南町の『茶倉駅』から撮影された櫛田川の風景です。 櫛田川に沿って走る国道166号線が桜に彩られて華やかですね。

Kar16628216tougekarayuki

写真上: 平成28年2月に野口区の峠にある陸橋から撮影した国道166号線と波瀬の里。 今季まだ見られない雪景色です。

Kar1662019719tougeyori

写真上: 昨年の7月に同じく峠の陸橋から撮影した松阪方面の風景です。 

飯高るた』は、飯高の二つの小学校と各地域の推進業議会、そして、松阪香肌商工会青年部と松阪市社会福祉協議会飯高支所が力を合わせて、作り上げたご当地カルタです。 子どもたちの素朴な絵と楽しい読み句が魅力です。 販売価格は2000円。 100円を共同募金に寄付します。 予約販売の為、お時間が少しかかります。

    ご購入のお問い合わせは下記へお願い致します。
     松阪香肌商工会青年部 担当:木谷
     ☎0598-32-2321

本日の波瀬: 深夜、早朝とも7℃。 昼間は10℃位。 雲の多い晴天の1日でした。 午後11時過ぎで7℃となっています。

|

2020年1月23日 (木)

「昨日の夕食 & お知らせ」

Buisinesscoursea2020122

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。 

写真上は、昨日の夕食『ビジネスコースA』です。 この後、お吸い物とリンゴが登場しました。

Nhkkiyokawa217yu_20200124000101

写真上は、7日にお泊り頂きましたNHK津放送局の皆さんと松阪市役所の清川さんです。 この日と翌日に撮影された飯高の特集が今週の土曜日午前7時30分~8時の間に放映される『ウィークエンド中部』の中で紹介されます。 ぜひ、ご覧になって下さい。 山林舎は出ませんので、期待されませんよう… わかっているのは、メディアに人気の『波瀬の風』と『高見山』登山です。 他にも紹介されると思いますので、飯高ご出身の皆さんはぜひ、ご覧下さい。

もう一つ、松阪市長の竹上さんの『蓮ダム・レポート』が動画配信されましたので紹介させて頂きます。 蓮ダムにご興味のある方、こちらをご覧になって下さい。 → https://www.youtube.com/watch?v=MNP7m-fjk0Y&feature=emb_title

本日の波瀬: 深夜、早朝、お昼も4℃が続きました。 お昼すぎまで雨で、その後、曇天へ。 11時半で何と!9℃まで上がっています。

|

2020年1月22日 (水)

「環境調査終了 & 菌床シイタケ & 昨夜の夕食」

Kankyou2122kinsho  

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

写真上は、『(株)建設環境研究所』の環境調査隊のお二人です。 メンバーが前日よりお一人変わられ、先にお一人がご出発されたため、お二人だけでの撮影となりました。 バックにあるのは、山積みとなった『菌床シイタケ』。 ご希望により、こちらで撮影。 今年度の大きな現場の調査は今回で終了されたそうです。 また来年度もお越し頂けますことを心より願っております。 長年、頻繁のご利用に心より感謝申し上げます。 次回のお越しを楽しみにお待ちしております。 

Kinshokinoko2020122

写真上が、その菌床シイタケです。 森林組合が運営している『菌床センター』では、不具合のある菌床がたまってしまい、時々、頂きます。 それを畑や木などに敷くと、作物が大変美味しくなるという魔法の栄養です。 茶ノ木も、美味しいお茶がとれるようになります。

Buisinesscoursea2020121   

写真上は、昨日の夕食『ビジネスコースA』です。 お盆の真ん中に大きなお皿があるのは、カレーが出た為です。 マスターの作るカレーも大好評を頂いております。 松阪牛が入れば、さらに美味しさ倍増となります。 

本日の波瀬: 深夜-1℃、早朝-3℃まで下がり、今季最低気温を記録しました。 昼間は穏やかな晴天でしたが、夜になって小雨となり、現在、本格的な降りに変わりました。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

|

2020年1月21日 (火)

「昨日お泊りのお客様 & 昨日の夕食」

Kankyou2120yushoku

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

写真上は、一昨日からお泊り頂いております『(株)建設環境研究所』の皆さんでいらっしゃいます。 蓮ダム水系の環境調査を担当され、山林舎HPだよりでは最も頻繁にご登場頂いております。 3連泊されて、明日、ご出立されます。 明日の朝、撮影をお願い致します。

Nobutou2120yushoku

写真上は、信藤さんでいらっしゃいます。 こちらも長年に渡ってご愛顧賜り、年に数回、別荘代わりにご利用頂いております。 先月もお越しになり、珍しく一月後にお越しになりました。 この一か月お仕事が大変忙しく、切りがつかれたので、休養にお越しになられたそうです。 信藤さんは毎回、ビジネスコースBをご注文されます。 ビジネスコースA(写真下)よりも一段アップのコースで、Aの料理にお刺身がプラスされます。

Buisinesscoursea2020120

写真上は、昨日の夕食『ビジネスコースA』です。 トンカツ、ブリの塩焼き、鶏肉のカブラ包み、漬物が登場。 この後、豚汁とミカンが出されました。 昨夜も撮影ができました。

Nobutou2121hasi

写真上: 信藤さんが今朝、ご出発される前に、きずな橋と櫛田川をバックに撮影させて頂きました。 いつも撮影にご協力頂きまして、ありがとうございます。 そして、長年のご愛顧に心より感謝申し上げます。 次回のお越しを楽しみにお待ち申し上げております。

本日の波瀬: 深夜、早朝とも4℃。 晴天ながら、風が大変強く、体感気温を下げていました。今日も青空に雲が沢山見られる1日で、昼間も冷たい風が吹いていました。 午後10時半過ぎで0℃まで下がってきています。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com/
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2020年1月20日 (月)

「樹氷満開の明神平 by piccoloさん」

Pic2020119myojinr000

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

本日のたよりは、久しぶりにpiccoloさんから届きましたお便りと写真を紹介させて頂きます。 それは素晴らしい光景が広がっています。 高見山から大台ケ原へと続いている『台高山脈』にある『明神平』(1323m)の樹氷風景をお楽しみ下さい。 piccoloさん、ご案内をお願い致します。

「16日待ちに待った積雪、19日台高の明神平へ樹氷観賞&スノーシューハイクに出掛けてきました。

奈良県側、大又林道はほとんど積雪なくAM7時前スムーズに終点駐車地に到着。本日の快晴予報に期待されてでしょうか!すでに30台程先着されていました。

駐車地では冷え込みも感じられず、歩き始めて30分ですでに汗ダク状態。稜線はガスで真っ白でしたが、振り返り駐車地方面を見下ろすと陽射しが射し込んでいましたので樹氷が融け落ちる前に前山へ登ろうと登山道を外れ支尾根を登りました。」

「写真上: 沢飛沫のオブジェ。」

Pic2020119myojinr00

「写真上: 青空の明神平、大阪天王寺高校のあしび山荘が樹々の間から見えてきました。」

Pic2020119myojinr01

「写真上: 樹氷には青空が似合います。」

Pic2020119myojinr02

「写真上: 陽射しが入り込んできました。」

Pic2020119myojinr03

「写真上: 雪焼けしそうな陽射しに向かって新雪ラッセル、積雪は3~40cm。」

Pic2020119myojinr04

「写真上: 前山に到着、北東方面中央台地状の山並みが三峰山です。」

Pic2020119myojinr05

「写真上: 三峰山をズーム、まだ雪は少ないようですね。」

Pic2020119myojinr06

「写真上: 南東、中央が大峯の大普賢、その右奥が奈良・近畿最高峰の八経ヶ岳1915mです。」

Pic2020119myojinr07

「写真上: 樹氷撮影も終わりタオルを手にしたら、カチンコチンになっていました。」

Pic2020119myojinr08

「写真上: 前山からスノーシューを装着して樹氷観賞。」

Pic2020119myojinr09

「写真上: 樹氷」

Pic2020119myojinr10

「写真上: 樹氷」

Pic2020119myojinr11

「写真上: 樹氷の森に入り徘徊します。」

Pic2020119myojinr12

「写真上: 樹氷の森には小動物の足跡もあり"あなたははだぁ~れ??"なんて想像するのも面白いです。」

Pic2020119myojinr13

「写真上: 帰路、13時過ぎには前山の樹氷もすっかり融け落ちていました。」

Pic2020119myojinr14

写真上: 太陽の周りに光の輪!、日暈(にちがさ・にちうん)だそうです。」

Pic2020119myojinr15

「写真上: ウスタビガの繭、雌が羽化すればこの繭に卵を産み付けるので同じ木で見られる事もあります。昨年もこの木で見ました。」

piccloさん、夢の世界のような樹氷風景をありがとうございます。 青空とのコンビが抜群で、清々しさ満点ですね。 こんな風景を目のあたりにできるなんて、本当に羨ましい限りです。 上の写真のウスタビガの繭、山林舎の食堂のカウンターにも飾ってあります。 10年以上たちますが、まだ緑色を保っています。 何なのか分からずにいたので、判明して嬉しいです。 ウスタビガも見たことがあります。 ありがとうございます。 またのお便りを楽しみにお待ちしております。

本日の波瀬: 深夜5℃、早朝4℃。 雲が多いながらも青空が見られました。 午後11時過ぎ、風は吹いていますが、気温は5℃と暖かです。

|

2020年1月19日 (日)

「マンサク開花 & 残雪の梅尾 & 日差し戻った櫛田川」

Mansaku2020119kaika

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

昨夜は久しぶりにお泊りが途切れ、今朝はゆっくりと眠れました。 暗闇の中の通勤が続きましたが、今朝は明るい青空の下、降り注ぐ太陽の光を楽しむことができました。

通勤路にあるマンサクの木、まだ咲かないと心配していましたが、マンサクの花期は2月からだそうで、私の勘違いでした。 でも、一輪だけ、黄色の花が姿を見せていました。

Mansaku2020119akatubomi

写真上: 黄色のマンサクの隣には、赤色のマンサクの木があります。 こちらは固いツボミです。

Umeo2020119zansetu

写真上: 木梶の『梅尾』の山には、まだ残雪が見られました。 深夜は2℃でしたが、この時すでに9℃と上昇。 暖かく穏やかな1日となりました。

piccoloさんが今日、明神平へ行かれ、素晴らしい霧氷風景を送って下さいました。 明日、ご紹介致します。 お楽しみに!

Kawa2020119hikaeru

写真上: 山林舎前の櫛田川にはお日様の光が戻ってきていました。 川底のぬめりも、このところの雨で洗われたようで、大分きれいになりました。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com/
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2020年1月18日 (土)

「雪山賛歌♪ー高尾山・高見山 & 雪の跡 & 昨日の夕食」

Takao2020118massiro

今夜は早めに入れますので、昨日の記事もご覧になって下さい。 写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

昨夜の雪混じりの雨は程なく雨に戻り、波瀬の里での積雪はありませんでした。 深夜0℃、早朝1℃。 0℃でも雪になりませんでした。 2~3℃でも雪となることもあります。 上空の気温によるのでしょうか… それでも、高い山々は雪と霧氷で真っ白! 青空に映える神々しい姿に思わず歓声を上げてしまいました。 

写真上は、午前7時43分に撮影した『高尾山(トクマ山)』(1056m)です。 今季一番の白さとなりました。

Kitayama2020118yuki

写真上: 高尾山の東側にある山々も雪化粧となっていました。 テニスコートの南側から午前9時26分撮影。 『飯高の山々』の地図で見ると、『請取山』、『奥舟山』、『大滝山』と続いています。 いずれの山も900m台の高さです。

Takamitakao2020118

写真上: 真っ白な高見山を見たくて、山林舎庭園の東側にある田んぼ跡に行きました。 この時はすでに雲が広がり、背景が青空ではなくなっていました。 もっと早くに行くべきだったと後悔。 それでも、さすがに標高12489mの高見山、この時でも真っ白な姿を見せていました。 右側にそびえる高尾山の雪は大分溶けていますね。 午前9時28分撮影。

Takami2020118atamasiro

写真上: 高見山の頭部をクローズアップ。 積雪と霧氷で真っ白です。

Yukinoato2020118

写真上: 田んぼ跡の道にはコケが青々としたまま生えています。 そこには雪の跡が随所に見られました。

お昼からの波瀬: 雲が広がったお昼過ぎも結構冷えていました。 夜になって、星空となり、冷たい北風が吹いています。

Buisinesscoursea2020117

最後は、昨日の『ビジネスコースA』夕食です。 料理を撮るのが苦手な上に、お客様がいつ来られるかと思いながら、慌てて撮影します。 それも、カメラを持った手で、あちこち触れないので、そのままの位置で撮るしかありません。 と、下手な言い訳をしております。 この料理に卵とじのお吸い物が出されました。 昨夜は料理が1品多いので、珍しくフルーツは出ませんでした。 お客様からは、「十分に多い!」と嬉しいお言葉でした。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com/
メール: mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2020年1月17日 (金)

「ゆずりはさんの山だより - 雪の三峰山(15日)」

Yuzu2020115miune1

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

本日のたよりは、『ゆずりはさんの山だより』をお届けいたします。 15日に登られた雪の『三峰山』からのお便りです。

「1月15日(水)、この冬初めての三峰山へ。ゆりわれ登山口から15分ほど登ると、雪が見られるようになり、標高があがるとともに木々は綿帽子に。登っている時には迷岳や檜塚方面が見えていたので、これからの雪景色と晴れを期待しました。

が、八丁平が近くなってきた頃から、晴れるどころかすっかり霧の中で、見える範囲はほんのわずか。そして、八丁平や三峰山山頂でも、風は強いけれど、霧氷というよりは雪と霧氷が混じり合った状態でした。出会った方が『平倉峰の方は霧氷ができていましたよ』と教えてくださったので、平倉峰まで足をのばしました。その言葉通り、木々は霧氷に覆われていましたが、大きいものでもまだ2センチほど。どうやら、この日の霧と風が、霧氷を育てている最中だったようです。」

「写真上: 綿帽子の木々。」

Yuzu2020115miune2

「写真上: アセビのツボミは数少ない明るい色合い」

Yuzu2020115miune3

「写真上: 平倉峰の霧氷」

Yuzu2020115miune4

「写真上: わずか3センチほどの苔の胞子も霧氷をつけていました。」

Yuzu2020115miune5

「写真上と下: 八丁平で」

Yuzu2020115miune6

Yuzu2020115miune7

「写真上: トリカブトの実がはじけたあと。茎は雪の中です。」

ゆずりはさん、貴重な写真をありがとうございます。 今季はこのような雪景色がなかなか紹介できません。 最初の説明文に書かれていたように、この日は霧氷ができる途中だったようで、翌朝は青空の下、霧氷と雪で白く染まった山々が輝きを見せていました。 青空は本当に見事な引き立て役ですが、こういうガスの中も冬の迫力が感じられていいですね。 次回の山だよりも楽しみにお待ちしています。

Yukimajirinoame2020117

本日の波瀬: 前夜-1℃でしたが、深夜、早朝とも曇天で0℃と気持ち上昇。 お昼過ぎから小雨が降り出しました。 午後2時過ぎで国道の気温計は3℃。 夜になって、本格的な降りになりました。 すると! 「雪が降ってきたよ!」とマダム順子の声。 カメラを持って、外に飛び出して撮影したのが、上の写真です。 12月末のように一時的なものなのか、これから雪に変わっていくのか、わかりません。 午後11時過ぎで雨に戻ったようですが、0℃なので、どうでしょうか… 高見トンネルの奈良県側にある監視カメラでは現在、積雪は見られません。 でも、明日の朝はどうなるかわかりませんので、高見トンネルを通られる方は念のため、滑り止めを準備なさって下さい。 高い山々は、ゆずりはさんの写真のように雪となっていると思われます

翌朝(18日)追記:里には積雪はありませんでした。 高見トンネル付近には少しですが、雪が見られます。 トンネルを通られる方、十二分にご注意下さい。 高い山々は真っ白に雪化粧し、霧氷もあるようで、美しい姿を見せています。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com/
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

 

|

2020年1月16日 (木)

「本日の高見山と三峰山 & 今晩のビジネスコースA & ヒヨドリ」

Takamiya2020116muhyou

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

写真上: 今朝、マスターが舟戸地区に出向いて、『高見山』の定点撮影を行ってきました。 雪化粧と霧氷が見られますね。 午前9時前に撮影したものです。

Miune2020116ochikatayori

写真上: こちらも、マスターが午後1時半前に、落方地区の国道166号線から撮影した『三峰山』です。 この方角から眺めると、横に平らに広がる三峰山独特の山容とは少し異なりますね。 この時間でも、三峰山も雪と霧氷のハーモニーが続いています。

Buisinesscoursea2020116

写真上: 本日『ビジネスコースA』の夕食です。 赤魚の煮付、かき揚げ天ぷら、肉じゃが、漬物が並びました。 色合いがちょっと…ですね。 でも、この後、お吸い物の赤い碗、グレープフルーツのルビーが登場しましたので、赤色が添えられました。 ここ連日、夕食の撮影ができています。 普段は料理がそろったところを撮るのは無理なのですが、今お泊りのお客様が夕食に来られるのが予定時間より少し遅いため、撮影が可能となっています。

Hiyodori2020116nanten

写真上: 今日、まかない昼食をとっている時、食堂の前に立つ南天の木に『ヒヨドリ』らしい鳥が何かを食べに来ていました。 ガラス越しの撮影です。

本日の波瀬: 深夜、早朝とも2℃。 気温は動きませんでした。 晴天から曇天へ。 午後11時過ぎで、-1℃まで下がってきました。 晴れていて、風はないとのことです。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com/
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2020年1月15日 (水)

「雪の迷岳 & 本日のビジネスコースA & かっぱずんの霜の朝」

Mayoidake2020115

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。 イラストは変わりません。

写真上: 本日の10時過ぎに、乙栗子地区の高台にあるマスターの自宅から撮影した『迷岳』です。 雪で薄化粧しています。 今日、三峰山に登られた『ゆずりは』さんのお話では、霧氷はおかしな形状をしていたそうです。 もちろん、山上には積雪があり、ガスで何も見えなかったとのことでした。 でも、山だよりを楽しみにお待ちしています。 高見山も雪があるものの、雲に隠れていて、姿を捉えることができなかったと、マスターが話していました。

本日の波瀬: 深夜、早朝とも2℃。 冷たい北風が吹く曇天の1日でした。 午後11時で気温は2℃で曇天。 風はやんでいるそうです。

Buisinesscoursea2020115

写真上は、本日の『ビジネスコースA』の夕食です。 これに、吸い物が加わります。 焼き魚は『カンパチ』。 オランダ煮は『スズキ』が使われています。 フライは、豚のヒレカツとチキンカツ、ナスビとシイタケが盛り合されています。 多すぎるほどですね。

Simonoasakirakira

『かっぱずんのほのぼのイラスト』です。 霜の朝は、夜もですが、キラキラとして地上に星が降りてきたようにきれいです。 このところ、霜もご無沙汰しているように感じます。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com/
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

2020年1月14日 (火)

「蓮ダム湖の土砂堆積調査終了 & 青田発電所でのお仕事」

Nakanihon2114fujiyama

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

写真上は、『中日本航空(株)』測量チームの皆さんです。 蓮ダム湖の土砂堆積調査を終えられ、今朝、ご出立されました。 暖かい天候はやはり調査がはかどるそうで、ご予定より1日早く終了されました。 長年、ご利用頂きまして、誠にありがとうございます。 次回のお越しを楽しみにお待ちしております。

静岡県の方がお二人いらして、高校サッカーの全国優勝に盛り上がっていらっしゃいました。 男女ともの優勝、おめでとうございます。

Cteck2114yushoku

写真上は、『シーテック(株)』チームの皆さんです。 現場監督さんは昨日から、残りの方々は今日からお越しになりました。 こちらは、青田(おうだ)地区にある『青田発電所』のお仕事を担当されていらっしゃいます。 こちらも長いお引き立てを賜りまして、誠にありがとうございます。 お仕事は2月上旬まで続きます。 宜しくお願い申し上げます。

本日の波瀬: 深夜3℃、早朝2℃。 晴天から曇天へ。 そして、夜には雨となりました。 雪の予報は高い山々だけのようで、午後11時で気温は2℃ながら、雨となっております。 高見トンネルの奈良県側についている監視カメラでも、雪は見られません。

|

2020年1月13日 (月)

「ビジネス鍋 & 朝焼けの高尾山 & 奈良県から眺める高見山」

Bizinesunabe2020112

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

写真上は、昨日のビジネスコースAの夕食『ビジネス鍋』です。 『寄せ鍋』ほど豪華ではありませんが、それでも、冬季には喜んで頂く人気メニューです。 長期滞在の方々にサービスで出されます。 寒い風の中でお仕事をされた測量チームの皆さん、満腹で、「美味しかったです」と嬉しいご感想を頂戴しました。

Takao2020113asayake

写真上: 本日の早朝の高尾山と勇壮な朝焼けの雲です。少し雪が見られた高尾山も朝焼けにほんのりと赤く染まっています。

Asayake2020113higasi

写真上: その時の東の空です。

Takami2020113narakara

写真上: マスターが奈良県側から午後2時前に撮影した『高見山』の姿です。 霧氷がまだ残っていますね。 三重県側から眺める高見山は横に広がっていますが、奈良県側から見る姿は三角にとがっていて、『関西のマッターホルン』と呼ばれています。

本日の波瀬: 深夜の帰宅時、激しい雨と風でコートがびしょびしょになりました。 気温は5℃。 早朝は雨も止み、風が残っていて、気温は3℃。 霧氷が予想されました。 その通り、高見山の頂上は白く染まりました。 昼間の気温は玄関先で6℃。 冷たい北風が吹く1日となりました。 天気予報によりますと、明日の夜、この辺りは雪となるそうです。 初雪、初積雪となるでしょうか… 高見トンネルを通られる方、明日の夜は滑り止めを準備なさって下さい。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com/
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com   

|

«「野口区婦人会の伊勢講」