« 「ハイ女子登山隊 & 夜明け前の空 & 川遊び」 | トップページ | 「昨日お泊りのお客様 & 三峰山だより by 中谷夫妻」 »

2017年5月22日 (月)

「大野さんの波瀬日記 - 路傍の花Ⅱ」

Ohno29519robou21

本日は、大野弘さんの波瀬日記をお届けいたします。

「例年なら連休後は一気に夏へと突入するのですが、今年は朝晩ヒーターが恋しいような気が致します。 けれど季節は間違いなく移ろい、山の緑も日ごと色濃くなっていきますね。 都会にいるとそうした季節の変化に気づかされることはありませんが、此処波瀬では家の周りの花たちが、日替わりで挨拶してくれますので、自然の輪廻をリアルに体験できます。 それは過去経験をしたことのない驚きと感動でもあります。 そんな身近な所に咲く花たちを撮り纏めてみました。 大野弘」

「写真上: ユキノシタは今時日陰になった湿ったところに見ることはありますが、あまり近づいて観察はしないのでしょう。」


Ohno29519robou22
「写真上: しかし、カメラでUPしてみると、これ程美しい花であったかと再認識します。」

Ohno29519robou23

「写真上: 源平小菊(エリゲロン)はキタアメリカ産の園芸種が野生化した物で、彩りが爽やかです。」

Ohno29519robou24

「写真上: メキシコマンネングサは地面に這うように咲いています。 すべての蕾が開花したら賑やかになるでしょう。」

Ohno29519robou25

「写真上: 地面から僅か10cm程の高さに花を咲かせている低木のバラは、ほとんど人目に触れることはなく、ヒッソリと風にゆれていました。」

Ohno29519robou26

「写真上: コデマリ(バラ科)は、どこの庭にも見ることがある極ありふれた花ですが、雨上がりの姿には清楚な美しさが際立ちます。」

Ohno29519robou27

「写真上: ほとんどの方が、この花の名前を言い当てられなかったのですが、名前はご存知でした、アケビの花です。」

Ohno29519robou28

「写真上: ラン科のキエビネ、日のあたらない湿ったところが好みで、元は園芸種になります。」

Ohno29519robou29

「写真上: 同じくラン科のジエビネ、野生化していました。」

Ohno29519robou210

「写真上: キリは遠目に見ると、フジと見間違えますが、花は吊り鐘状で、溢れんばかりに咲いていました。」

Ohno29519robou211

「写真上: ツツジは町中でも見ることはあり、春を象徴する花でもあります。 花名はオオムラサキかな?」

Ohno29519robou212

「写真上: 番外編、檜塚に咲くヤマシャクヤクは花が開くとシベの美しさは圧巻です。」

大野さん、素敵な花々をありがとうございます。 「今年は朝晩ヒーターが恋しいような気が致します。」というのは、波瀬に移ってこられたからですね。 ここ波瀬は、朝晩の冷え込みが半端なく、6月までは暖房器具が必要な時があります。 波瀬に来られて、まもなく10か月となりますね。 あと2か月で1周年。 波瀬の1年を楽しんで下さい。 いつも素晴らしい写真をありがとうございます。 次回の作品も楽しみにお待ちしております。

本日の波瀬: 今日も晴天が続き、気温は30℃近くまで上がりました。 朝晩は10℃を下回っていないと思います。 

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com NEW!
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com NEW

|

« 「ハイ女子登山隊 & 夜明け前の空 & 川遊び」 | トップページ | 「昨日お泊りのお客様 & 三峰山だより by 中谷夫妻」 »