« 「ナチの川遊び & 白い花々 & 川岸のサツキ& アジサイ」 | トップページ | 「秋雲 & アワモリショウマ & 赤福氷」 »

2017年6月12日 (月)

「大野さんの波瀬日記 - 路傍の花Ⅳ」

Ohno2969robou41

本日(12日)と明日(13日)の二日間、山林舎はお休みを頂いております。 いろいろとご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願い申し上げます。

本日のたよりは、おなじみ大野弘さんの『波瀬日記』をお届けいたします。 大野さん、ご案内をお願い致します。

「此処はシベリアか? 6月になるのにストーブが恋しい朝晩、そして日中は真夏の暑さ、湿度計が50%台を表示して納得、従って、有難いことに昼間の蒸し暑さはなく、木陰に入れば心地よい風に清々しさを覚えます。 波瀬に移住して来月末で一年になりますが、被写体を求めて毎日が新しい発見に気分が高揚しています。 季節の移ろいが顕著に感じることが出来る環境は、都会に住んでいては得られない体験です。 そん日々の中で目に付いた花々を纏めてみました。 大野弘」

「写真上: 『セリバオウレン』が花が終わり種子になった状態ですが、2月頃に白い小さな花を咲かせます。 波瀬植物園にも見られました。」

Ohno2969robou42

「写真上: 『コヒルガオ』は荒れ地で這うように咲いていますが、アップで見ると美しさを認識します。」

Ohno2969robou43

「写真上: 先日まで赤い花を咲かせていた『カラスノエンドウ』の種は真っ黒ですが、草は青々として生きています。」

Ohno2969robou44

「写真上: 園芸種の『ベゴニア』が野生化して石垣に棲みついています。 シュカイドウ属に分類されます。」

Ohno2969robou45

「写真上: 波瀬大橋手前の『ヤマボウ』」は立錐の余地がないほど花で覆われていました。」

Ohno2969robou46

「写真上: 旧街道から撮してみると、花の多さに驚かされますが、」

Ohno2969robou47

「写真上: 不思議なことに木の半分は全く花が無く、同じ幹から別れた枝木とは思えません。」

Ohno2969robou48

「写真上: ソロソロ撮り頃になるかと、目を付けておいた『ウツボ草』は地区の草刈りで跡形もなく刈り取られてしまいましたが、幸い洗耳庵に見つけることが出来ゲット」

Ohno2969robou49

「写真上: ウツボ草をぼかして、櫛田川の流れを入れてみました。」

Ohno2969robou410

「写真上: 一雨ごとに美しさを発揮する『アジサイ』は、波瀬では未だ花を見るのは僅かです。」

Ohno2969robou411

「写真上: オオヤマレンゲに花蓉が似ていると思ったら、同じモクレン科の花でした。 花びらの赤い模様が特徴の『ユリの木』は山林舎庭園と、波瀬植物園の国道側に見られました。」

Ohno2969robou412

「写真上: 矢張りシベの形はモクレン科共通で、ホオの木やタイサンボクに似ています。」

Ohno2969robou413

「写真上: ユリの木は別名『ハンテン木』、『ヤッコダコノキ』、『軍配の木』とも呼ばれていますのは、このユニークな葉っぱの形から来ています。 また、花の形から、『チューリップツリー』とも呼ばれています。」

大野さん、素敵な花の写真をありがとうございます。 ヤマボウシの花の密集度には驚かされますね。 ハンテンボク(山林舎ではこの名前がポピュラーです)の花や葉っぱをきれいにとらえて頂きまして、嬉しく拝見しました。 またのお便りを楽しみにお待ちしております。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com NEW!
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com NEW!

|

« 「ナチの川遊び & 白い花々 & 川岸のサツキ& アジサイ」 | トップページ | 「秋雲 & アワモリショウマ & 赤福氷」 »