« 「平沼チーム & 環境調査隊の皆さん」 | トップページ | 「かっぱずんのほのぼのイラスト - 梅雨明けから夏へ」 »

2017年9月 3日 (日)

「大野さんの波瀬日記 - 路傍の花10」

Ohno29825robou1001

今日は早めに記事を入れますので、昨日の記事もご覧になって下さい。

本日のたよりは、大野弘さんが8月に撮りためられた波瀬の花々です。 大野さん、掲載が遅くなってしまいまして、申し訳ありませんでした。 ご案内をお願い致します。

「波瀬の風物詩ハゼユリが終わると、色とりどりの花が晩夏を彩りはじめます。 これは都会では味わえない歓びで、自宅の近辺をパトロールするだけで、沢山の花達に巡り会うことが出来ます。 従って、充分下見も出来、花が最も美しい時期にカメラに収めることが出来るのは、環境に恵まれた幸せを覚えます。 そんな夏の終わりに咲く花達を追ってみました。」

「写真上: 本来は園芸種のカンナが野生化して逞しく花開いていました。 雨上がりの山をバックに優しさを表現してみました。」


Ohno29825robou1002

「写真上: 加波地区の公民館庭にあるサルスベリ(百日紅)は可成りの古木で、毎年艶やかな花で目を楽しませてくれます。」

Ohno29825robou1003

「写真上: 乙栗子の民家に見事な花を付けているノーゼンカズラに目を引かれました。」

Ohno29825robou1004

「写真上: 山の麓を好むクサギは、その香りで、直ぐに見つけることが出来ます。 その香りに惹かれてクロアゲハが回遊してきます。」

Ohno29825robou1005

「写真上: クサギの仲間、ボタンクサギは冬になると跡形もなく消えてしまいます。 香りは茎を折ると漂ってきます。 花蓉はクサギと殆ど同じですね。」

Ohno29825robou1006

「写真上: タカサゴユリは道路ののり面に固まって咲いています。 接写してみると雪のように白い花びらに魅入られます。 ツユムシが間借りしていました。」

Ohno29825robou1007

「写真上: このカエルをネットで調べてみましたら、シュレーゲルアオガエルと出ていました。モリアオガエルの姉妹種とのことで、どうやらこのカエル此花が気に入ったのか他の花でも見つけました。 高さ1.5m程もある茎にどうしてよじ登ったのか不思議です。」

Ohno29825robou1008

「写真上: 園芸種のベニカノコユリも野生化して、人の手を借りずに逞しく花開いています。 我が家の俄スタジオで撮影しました。」

Ohno29825robou1009

「写真上: 雨が止むと山に霧がかかり、花の撮影には絶好のコンデション、太陽が顔を覗かせないうちにカメラに収めました。」

Ohno29825robou1010

「写真上: カノコユリの原種でしょうか本来は、野性だったのですが、近所の庭園によく見られるコオニユリほギラギラ輝く太陽に懸命に生きています。」

Ohnosanface

「次回は秋の花が撮れるでしょう 。毎日がワクワク感で一杯です。」 

大野さんの似顔絵イラストは、おなじみ『かっぱずん』ちゃん作です。

大野さん、素敵な作品をありがとうございました。 次回は秋の花の登場ですね。 楽しみにお待ちしております。

休舎日のお知らせ: 明日(4日)と明後日(5日)の二日間、山林舎の営業を休ませて頂きます。 お電話など、ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願い申し上げます。 夏休み期間、休みなく働きましたので、私たちスタッフの短い夏休みとなります。 でも、ゆっくりすることは無理だろうとは思います。 HPだよりは続けますので、ご覧になって下さい。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

« 「平沼チーム & 環境調査隊の皆さん」 | トップページ | 「かっぱずんのほのぼのイラスト - 梅雨明けから夏へ」 »