« 「ゆずりはさんの花だより & ホオノキの若葉」 | トップページ | 「アマゴ釣り卒業の旅 & お仕事の旅 & シャガ」 »

2018年4月25日 (水)

「げんげ堂さんの山からの颯爽 - 芽吹いた峡谷に春の雪 ~宮ノ谷峡谷」

Gengedo3048miyanotani1

本日のたよりは、『げんげ堂』さんが8日に撮影された写真を遅ればせながら、紹介させて頂きます。 げんげ堂さん、掲載が遅くなりまして、申し訳ありません。 ご案内をお願い致します。

「芽吹いた峡谷に春の雪 ~宮ノ谷峡谷
寒の戻りの8日、蓮の宮ノ谷に入りました。そのレポです。
8時に登山口に着きましたが、すでに2台の他府県ナンバーの車。宮ノ谷は禁漁区なのでアマゴ釣りではなく池木屋山登山でしょうか。 わたしのあとも2組の人が入られたので、飯高の山では高見山、三峰山に次ぐ人気の山(景勝地!)だと再認識した次第です。
ただ、宮ノ谷は遊歩道が整備されていると云っても、荒れたザレ地や渡渉点、高度感感じるところもあるので、一般の観光客が入るのは無理があり、山に慣れた人限定でしょう。
 9時過ぎから10時過ぎにかけて、一時期吹雪くように雪が沢山降りました。 その後の青空がのぞいた写真が上の高滝を見上げた写真です。右側に白くヤマザクラが咲いてるように見える樹々は、新芽が芽吹いた樹々に雪が載ったもの。 真ん中左の上部の一本の白い樹だけが山桜です。 すでに山桜が散り始めていて、雪なのか桜の花びらなのか風に舞う姿は風情がありました。」


Gengedo3048miyanotani2

「宮ノ谷の岩崖回廊とミツバツツジ
早春の芽吹きの始まった宮ノ谷峡谷は、次々に花々が入れ替わり、毎年のように楽しませてもらってます。今の時期は、樹木の花では三つ葉躑躅類が最盛期です。藪椿が落花多く、山桜が散り始めてます。そうして、曙躑躅が咲きだしました。宮ノ谷の曙躑躅はあまり知られていませんが、岩崖や回廊のすぐ近くでも見られて、またこの辺りの山では真っ先に咲くところだと思います。」


Gengedo3048miyanotani7

「アケボノツツジ」

「草花では、岩鏡や一人静かが咲きはじめました。 東国鯖ノ尾や梅花黄連は終わり、岩崖に咲く桜が満開でした。」

Gengedo3048miyanotani3

「咲き始めた岩鏡」

Gengedo3048miyanotani4

「一人静か」

Gengedo3048miyanotani5

「花は終わりかけの東国鯖ノ尾」

Gengedo3048miyanotani6

「イワザクラ - 水滴る断崖に咲く桜は満開」

「先週に引き続き、またカモシカに出会いました。 宮ノ谷はわたしの経験上カモシカとの遭遇率が高いところです。 また、シカとは滅多に出会わないところです。 増えたシカから棲息圏を奪われたカモシカが、渓谷の岩崖断崖で険しい場所でも餌場として生活できる身体能力を持っているからなんだろうと思います。」

Gengedo3048miyanotani8

「上の画像は、渡ろうとした橋をとうせんぼするように動かないカモシカと戸惑う登山者です。 カモシカは、他の動物の気配を感じたら動かずにその姿勢を保ったままじーっとしたままやり過ごそうと思うみたいです。 こういう場面に遭遇したら、ゆっくりゆっくりカモシカに優しい声をかけながら近づいていけば、カモシカは退いてくれます。 カモシカをビックリさせないことが肝心です。」

Gengedo3048miyanotani9

「橋の先を塞いでたのは、丸々太った健康そうなカモシカでした。 退いてくれたけど遊歩道からはそれほど逃げずに、上記登山者はしばらくカモシカを観察しているようでした(^^)。」

げんげ堂さん、貴重な写真をありがとうございます。 高滝と桜の風景は滅多に目にすることがないので、とても新鮮です。 可愛い花々も一杯で、おまけに私の大好きなニホンカモシカまで登場して、大変楽しませて頂きました。 またのお便りを楽しみにお待ちしております。

本日の波瀬: 深夜9℃、飴が降っていました。 その後、本格的な雨となり、櫛田川は久しぶりに増水しました。 それでも、それほどの増水でもなく、濁りも少ないです。 明日には回復するものと思われます。 昼間の気温は玄関先で16℃。 午後11時過ぎで9℃となっています。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

« 「ゆずりはさんの花だより & ホオノキの若葉」 | トップページ | 「アマゴ釣り卒業の旅 & お仕事の旅 & シャガ」 »