« 「日本最後の激闘の朝 & 野の花々」 | トップページ | 「げんげ堂さんの海からの颯風-奥熊野の風景 & プラム」 »

2018年7月 4日 (水)

「山林舎あじさい風景」

Ajisai3073ura1

本日のたよりは、山林舎庭園のアジサイ風景をお届けいたします。 二日前にお泊りのお客様が、「ここはアジサイが見事ですね。 それに、うちらのほうでは、もう1週間ほど前にアジサイは終わりましたよ。」とお話されました。 それで、まだまだ咲き誇っている山林舎のアジサイを紹介させて頂きます。

まずは山林舎本館の裏にある三つのアジサイ群です。 昨日撮影した写真から始めます。 写真上は、裏の土手の西側にあります。 様々な種類が咲いています。

Ajisai3073ura2

写真上は、裏の土手の東側にあるアジサイ群です。 

Ajisai3073furoura

写真上: お風呂の南側にあるアジサイ群。 毎年、一番最初に色付きます。 なので、下の部分のアジサイは枯れかけ始め。 昨日のお昼はまだ元気でしたが、昨夜からの雨で、今朝はすでに倒れていました。

Ajisai3073gakumae

写真上: 本館の前に咲くガクアジサイです。

Ajisai3073kawabe1

写真上: 川辺の土手に咲くアジサイ群。

Ajisai3073kawabe2

写真上: 同じく川辺のアジサイです。 先ほどよりも北側になります。

Ajisai3073sirousumura

写真上: ここからは、ちょっと変わったアジサイのクローズアップです。 清楚な色合いと花容のアジサイ。 

Ajisai3073usumurasaki

写真上: ガクアジサイの仲間だと思います。 こちらも清楚で可愛いですね。

Ajisai3073sirousuao

写真上: 真っ白なアジサイと、ごく薄く青みがかったアジサイです。 お客様から、「白いアジサイは珍しいですね。」とのご感想を頂きました。 

Ajisai3074murasaki

ここからは、今日撮影したもので、雨粒を抱いて、アジサイが嬉しそうです。 

写真上: 紫色のアジサイです。 色にもグラデーションがあります。

Ajisai3074colorful_2

写真上: ここには色鮮やかなアジサイが集まっていました。

Ajisai3074murasirofuchi

写真上: 白い縁取りのある紫色のアジサイ。 毎年書くように思いますが、江戸時代、大奥に勤めていた女性が着ていた(違うかな…?)着物の柄に似ていますね。

Akatonbo3073ajisai

最後は、昨日撮影したアジサイの近くにとまった赤とんぼです。 花をメインにしようか、赤とんぼをメインにしようか、マダム順子に相談したら、「両方載せたらいい」というアドバイスでしたので、両方掲載させて頂きます。 アジサイを撮影していたら、「ねえねえ、私も写して!」と言うように、飛んできて近くの枝にとまってくれました。 何枚も撮影する間、じっとしてくれていたので、助かりました。

Akatonbo3073ajisai2

写真上: 赤とんぼさんをクローズアップした写真です。 クモの糸が写っています。

本日の波瀬: 昨夜からの雨が深夜まで続きました。 深夜の気温は21℃と蒸し暑かったです。 でも、今朝になって、蒸し暑さも少し減りました。 曇天の1日で、昼間の気温は玄関先で25℃と前日に比べ3度も下がりました。 風も結構吹き渡り、このところにしては過ごしやすい日となりました。 櫛田川はそれほど水位が上がらず、濁りもごくわずかでした。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com
  

|

« 「日本最後の激闘の朝 & 野の花々」 | トップページ | 「げんげ堂さんの海からの颯風-奥熊野の風景 & プラム」 »