« 「クックさん & ぼたん鍋 & 暖冬 & R166通行止め情報」 | トップページ | 「波瀬の宝めぐり & 櫛田川渇水 & ホオノキの落ち葉」 »

2018年12月 4日 (火)

「大野さんの波瀬日記 - 波瀬色に染まる」

Ohno30121haze0401

本日のたよりは、おなじみ『大野弘さんの飯高日記』をお届けいたします。 大野さん、ご案内をお願い致します。

「『波瀬色に染まる』

波瀬にこんな素晴らしい風景があることを、地元の方でもご存知ないかもしれません。 但し、存在そのものは充分認識されておられるのでしょうが、写真目線でみたときには全く別の風景になるのではないかと思われます。10月半ばほどから紅葉が始まり、凡そ1ヶ月半時間を見つけては通い、撮り留めした中から波瀬色に染まった風景を紹介致します。

旧田中邸洗耳庵のある庭は、櫛田川を挟んでケヤキやモミジの大木が河原の岩にへばりつくように林立し、その姿は外の世界とは異次元のような荘厳な雰囲気を醸し出しています。 それは日本の原風景を彷彿とさせるに充分な条件を備えていると思います。 そんな日毎表情を変えて行く秋の波瀬を追ってみました。」

「写真1枚目から3枚目: 未だ緑が残る中に赤く染まる木々のグラデーションが、太陽に輝く風景を美しく奏でています。」

Ohno30121haze0402

Ohno30121haze0403

Ohno30121haze0404

「写真上と下: 旧田中邸の石垣も今年県の文化遺産に指定されて風景に溶け込んでいます。 落ち葉が遊歩道をトリミングして絵になりました。」

Ohno30121haze0405

Ohno30121haze0406

「写真6枚目~11枚目: 紅葉真っ盛りになるとケヤキやモミジの巨木が天を覆い仰ぎ見ると、逆光に透けた紅葉がより一層美しく輝きます。」

Ohno30121haze0407

Ohno30121haze0408

Ohno30121haze0409

Ohno30121haze0410

Ohno30121haze0411

Ohno30121haze0412_2

「写真上: 晩秋になると落ち葉で河原がキャンバスになってくれます。 落葉した木々がシルエットになって美しい造形を見せてくれました。」

Ohno30121haze0413_2

「写真上: 洗耳庵にある小さな池に落ち葉が浮いて、カメラワークで暈かして見ると赤いナンテンの背景にピッタリでした。」

Ohno30121haze0414_2

「写真上: 殆どの木々は葉を散らしていて、僅か残った葉っぱが幹にシルエットを映し秋の名残を慈しんでいるようです。  大野弘」

それは美しい波瀬色に溢れていますね。 大野さん、素敵な波瀬の紅葉風景をありがとうございました。 次回の作品を楽しみにお待ちしております。

本日の波瀬: 今日は気温はわかりませんが、気温も湿度も高い1日となりました。 とても12月ではないような高い気温があちこちで記録されています。 用があって、松阪市街地まで出かけましたが、曇っていたので、予想ほどには暖かくなかったです。 それでも、帰りの車の中では暑さを感じました。 

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com
 

|

« 「クックさん & ぼたん鍋 & 暖冬 & R166通行止め情報」 | トップページ | 「波瀬の宝めぐり & 櫛田川渇水 & ホオノキの落ち葉」 »