« 「お帰りなさい & ぼたん鍋セット & 霜の朝」 | トップページ | 「ゆずりはさんの山だより - 池小屋山」 »

2019年1月16日 (水)

「飯高るた(いいたかるた)① 全札と高見山」

Iitakaruta2019116all1_2

本日のたよりは、『飯高るた製作委員会』を発足して作り上げた『飯高るた』を紹介させて頂きます。 この委員会は、宮前小学校、香肌小学校、宮前まちづくり協議会、川俣地区住民協議会、森を考える会、波瀬むらづくり協議会、松阪香肌商工会青年部、松阪社会福祉協議会飯高支所で構成されています。

松阪市飯高管内の史跡や自然・名所等をテーマに、小学校の子供達が読み句を考え、絵を描いたご当地かるた『飯高るた(いいたかるた)』です。

販売価格は、2000円。 1個につき、100円を共同募金に寄付します。
(予約販売になりますので、少々お時間を頂きます。)

商品販売に関するお問い合わせは、下記へお願い致します。
     松阪香肌商工会青年部 担当:木谷
     〒515-1411 松阪市飯南町粥見3950
     電話: 0598-32-2321

Iitakaruta2019116all2_2

このかるたは、先日、波瀬地域の友達からプレゼントされたものです。 噂は聞いていましたが、子供さん達の描いた素朴な絵と、微笑ましい読み句にとても感銘を受けました。 飯高ご出身の方々や、飯高大好きな方々には興味深いものだと思われます。 山林舎に見本がございます。 お使いになって頂いて、是非、お買い上げ願います。

Iitakaruta2019116all3

絞り切れなかったのか、一つの字に二つの絵札がある字が数個あります。 それがまた楽しい♪

Iitakaruta2019116all4b

かなりの手数がかかって出来上がったこのかるた。 なので、山林舎HPだよりでは、1枚ずつ、可能なら写真を添えて、紹介させて頂こうと企画致しました。 第一回の今回は、波瀬地域の守護神とあがめられている『高見山』にスポットを当てました。 面白いことに、かるたの最初の字は『た』ではないのです。 これが子供さん達の楽しい発想ですね。

Iitakaruta2019116so_2

  
    そびえたつ
       樹氷も見える
             高見山

 

 
  絵札の裏の説明文:
 奈良県境との間にそびえ
 近畿のマッターホルンの異名を持ち
 標高は1249mです 

 

上の絵は、三峰山から眺めた高見山ではないかと思って、写真をさがしてみました。

Sae22117takamimiu11

写真上は、平成22年1月17日に谷口早枝子さんが三峰山から撮影された高見山です。 上の絵に比べ、少しだけ方向が違うかもしれませんが、似ていますね。

Kabu251114takami

写真上は、平成25年11月4日に株正博さんが奈良県側から撮影された高見山です。 三角形の形から、『関西のマッターホルン、近畿のマッターホルン』と呼ばれています。

Takami3114funatokara

写真上は、今年の1月14日に、我らがマスターが舟戸地区から撮影した高見山です。 波瀬地域からは、このように横に広がって見える所がほとんどです。 三峰山からの眺めだけは、三角形に近づいていますね。 この日の高見山頂には樹氷が見られました。 一つ前の写真に登場した奈良県側の斜面にはもっと下まで樹氷ができていたものと思われます。

このように、『飯高るた』で紹介されている飯高の史跡や自然・名所を取り上げて、シリーズでお届けいたします。 私が運転できて、時間があれば、写真も沢山紹介できるのですが、それは無理なので、山林舎パソコンに収められたアルバムの中から紹介させて頂きます。 お楽しみに!

本日の波瀬: 深夜は5℃で、数日ぶりに氷点下でなくなりました。 午前10時も5℃。 気温が変わっていませんでした。 昼間、玄関先では6℃。 やはり気温はほとんど変わりませんでした。 時折、冷たい雨の降る1日でした。 木梶では雪混じりの雨だったそうです。

山林舎HPトップ: http://greenlife-sanrinsha.com 
山林舎メール・アドレス: info@greenlife-sanrinsha.com

|

« 「お帰りなさい & ぼたん鍋セット & 霜の朝」 | トップページ | 「ゆずりはさんの山だより - 池小屋山」 »