« 「本日の② 今朝の高見山樹氷風景 & 本日の夕食」 | トップページ | 「心づくしのお弁当 & 本日の三峰山情報」 »

2020年2月 7日 (金)

「大野弘さんの山の日記 - 三峰山(2月1日)」

Ohno202021miune1

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

本日のたよりは、昨日お知らせしましたように、『大野弘さんの山の日記』をお届けいたします。 今月の1日に『三峰山』に登られた時の写真です。 大野さんのパソコンのトラブルで、なかなか届きませんでした。 大野さん、ご案内をお願い致します。

「山の日記  2020/2/1  三峰山  大野弘

この冬一番の寒気が遅ればせながらやってきました。 わざわざ、そんな寒い日を選んで山登りに行く人の気が知れないとよく揶揄されますが、雪山の魅力に憑りつかれた自分からすると、気もそぞろ、いてもたってもおられず、出かけてしまいます。

麓から見る三峰山頂上は白く霧氷に染まっています。 月出の登山口は標高凡そ660m、そこから荒れた登山道を1時間ほど上り詰めた新道峠(標高1100m)は薄く雪が地面を覆っていました。 ここから三峰山頂上までの縦走路は2km、いつもは平日の登山で登山者に遭遇することは殆どないのですが、週末のこの日は行き交う人も多く、流石、人気の山です。

頂上に近づくにつれて、風も強くなり、霧氷も濃くなってきます。 そして、頂上から南斜面に下った八丁平は、写真を撮ろうとすると風に煽られて、立っているのがヤットでした。 しかし、見事な霧氷風景に十分至福に浸ることができた登山でした。」

「写真上: 月出登山口からの新道峠への登山道は所々崩れてはいますが、急な登りではなく初級コースらしい趣です。 途中の岩場にしたたる水場に氷柱が出来ていました。」

Ohno202021miune2

「写真上: 標高1000mほどの新道峠手前に霜柱が出来ていました。」

Ohno202021miune3

「写真上: 新道峠には霧氷はなく、枯葉の上に雪が薄く覆い、チョコフレークの様でした。」

Ohno202021miune4

「写真上と下: 尾根道を進んでゆくと、冷たい風がほほの感覚を奪ってゆきます。 進むにつれて、霧氷が濃くなってきました。」

Ohno202021miune5

Ohno202021miune6

「写真上: 頂上からの俱留尊の山々。 風が強く寒くて長くおられません。」

Ohno202021miune7

「写真上から最後まで: 八丁平の霧氷風景。 猛烈な風で立っているのがヤットです。 しかし、雑木林の美しさを再認識する風景です。」

Ohno202021miune8

Ohno202021miune9

Ohno202021miune10

Ohno202021miune11

Ohno202021miune12

Ohno202021miune13

Ohno202021miune14

Ohno202021miune15

Ohno202021miune16

大野さん、掲載が1日遅れて申し訳ありませんでした。 昨日の三峰山も同じような霧氷景色が広がっていたものと思われます。 今朝はわずかな霧氷のようでした。 素晴らしい霧氷風景をありがとうございました。 次回の作品も楽しみにお待ちしております。

本日の波瀬: 深夜―2℃、早朝―3℃。 でも、雪は積もることはありませんでした。 昼間は暖かくなり、9℃まで上がりました。 午後11時過ぎで0℃まで下がってきています。

|

« 「本日の② 今朝の高見山樹氷風景 & 本日の夕食」 | トップページ | 「心づくしのお弁当 & 本日の三峰山情報」 »