« 「ご出立 & 桜とコブシのパラダイス」 | トップページ | 「森嶋3世代ファミリー & 東ご夫妻 & お月様と桜」 »

2021年3月27日 (土)

「ベニコブシ・桜の園 & レンギョとユキヤナギ」

Benikobusi2021326honkan

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

写真上は、本館前に咲く『ベニコブシ(ヒメシデコブシ)』です。 山林舎HPだよりを長年ご愛読頂いております下田保さんからのお便りで、「数ある 花々の中で 絶滅危惧種 とも囁かれて いる ヒメコブシは 迚も貴重な 存在です」と教えて頂きました。 それで、ベニコブシを3方向から紹介させて頂きます。 川側(北側)から撮影。

Benikobusi2021326honkan2

写真上: 西側から撮影。

Benikobusi2021326ike

写真上: 本館側(南側)から撮影。 桜の花と重なって、わかりずらいですね。 

下田さん、貴重な情報をありがとうございました。

Sakura2021326hasitakao

写真上は、対岸と山林舎側の桜を結ぶ『きずな橋』。 櫛田川が流れ、奥にそびえるのは『高尾山』です。 

ここでも、下田保さんのお便りを引用させて頂きます。 

「山林舎の桜には 清流がありますが 吉野の桜には名は有っても 清流は 有りません 定点 絆橋からの桜の群れ咲く 桜の眺望は 水の流れに 時間空間を 感ぜられ 又感銘を受けること 一入 でした」

下田さんはマスターのお母さんの同級生で、以前はよく同窓会でお泊り頂きました。 故郷の桜ということで、より思い入れが強くなられるのだろうと感じます。 現在90歳半ばとなられるというのに、その頃からパソコンを使われて、メールを何度か頂いたことがありました。 久しぶりのお便りでした。 今もお元気で、山林舎HPだよりをご愛読頂いていると伺い、嬉しい限りです。 その上、このような風情ある文章や暖かな思いやりのお言葉を頂戴しまして、感無量の思いです。 掲載は引用という形でという許可を頂き、2か所だけ紹介させて頂きました。 下田さん、大きな活力を頂きました。 ありがとうございました。

Sakura2021327hasimukouyori

写真上は、対岸から眺めた山林舎の『桜の園』と『大けやきファミリー』、そして『きずな橋』です。

桜の不思議: 今夜お泊りの伊勢のお客様から伺いましたが、伊勢の桜はまだ2~3部咲きで、山へ登ってくる度に花が開いていたそうです。 松阪市街地でもまだ満開でないそうで、今季の桜は秋の花のように高い所が先に咲き出すという不思議な現象となっているようです。 寒暖差の激しさが原因かもしれないね…と山林舎内で話しています。 原因がお分かりの方、お知らせください。

Rengyo2021327tarakigawa

写真上: 今朝は久しぶりにゆっくり出勤で、違う通勤路を通り、満開となった『レンギョ』を撮影しました。 バックは『太良木川』。

Yukiyanagi2021327

写真上: 野口区から落方区にかかる橋にはえる『ユキヤナギ』も満開となっていました。 バックは『櫛田川』です。

本日の波瀬: 午前1時過ぎ2℃。 早朝はわかりませんが、曇っていたので、0℃までは下がっていないものと思われます。 曇天から雲の多い晴天へ。 そして、夕方から曇天へ。 昼間玄関先で17℃。 夜になっても、いつもの冷え込みはなく、暖房は不要でした。 午後10時半で12℃と暖かいよるを迎えております。

|

« 「ご出立 & 桜とコブシのパラダイス」 | トップページ | 「森嶋3世代ファミリー & 東ご夫妻 & お月様と桜」 »