« 「大野弘さんの波瀬日記 ー 桜花びら」 | トップページ | 「雨の風景 & マムシグサとジロボウエンゴサク」 »

2021年4月15日 (木)

「樹木の花々と若葉」

Oodemari2021414midori

本日は、通勤路や山林舎庭園に見られる木々の花や若葉を特集致します。 写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

写真上: 通勤路脇に立つ『オオデマリ』。 花はまだ緑色していますが、徐々に白色に変わっていきます。

Youshakunage2021414r

写真上: 通勤路の土手に植えられた『洋シャクナゲ』の赤色です。

Youshakunage2021414p

写真上: 同じく『洋シャクナゲ』のピンク色です。

Hanamiduki2021414

写真上: 洋シャクナゲの間に入り込むように姿を見せているのは、『ハナミズキ』です。 素敵な色合いですね。 でも、このサーモンピンクの部分は花びらに見えますが、『苞(ほう)』という葉が変形したものだそうです。 花はその苞の中央の部分です。 鳥さん達に、ここに花があるよと示すために、大きな花びらのような苞ができたとのこと。 面白い…ですね。

Hoonoki2021415wakaba

写真上: 『きずな橋』を渡ると、大けやきの横に『ホオノキ』が立っています。 大けやきが背が高すぎる為、目立ちませんが、このホオノキもかなりの背高のっぽさんです。 そのホオノキに若葉が芽生えてきました。

Goldhana2021415a

写真上と下: そのホオノキの東側に立つ木はゴールド色の花と思われるものをつけています。 調べてみましたが、名前を見つけることはできませんでした。 

Goldhana2021415b

Kirisimatutuji2021415taigan

写真上: 櫛田川をはさんだ対岸に見える土手には、『キリシマツツジ』が満開を迎えております。 こちらも早い開花です。 この北側にある『虹の森』のツツジ群も見頃を迎え始めました。

本日の波瀬: 深夜5℃でしたが、午前6時には1℃と急降下していました。 すでに気温計には朝日が当たっていましたので、それまでは0℃だった可能性があります。 風のない所では霜が見られたそうですが、私の通勤路では見られませんでした。 曇天の1日で、昼間玄関先で17℃ながら、冷たい風が吹いていました。 午後11時半前で7℃となっております。

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

« 「大野弘さんの波瀬日記 ー 桜花びら」 | トップページ | 「雨の風景 & マムシグサとジロボウエンゴサク」 »