« 「かっぱずんの日輪様と光の輪 & イラストー雨の日は…」 | トップページ | 「波瀬ゆり情報 & 大野弘さんの写真展 & 櫛田川」 »

2021年7月15日 (木)

「環境調査隊 & コート垢落とし終了 & 櫛田川 & 川辺のネジバナ」

Kankyou2021715honkan

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。 一部だけ大きくならないものがございます。

写真上は、昨日お泊り頂きました『(株)建設環境研究所』の環境調査隊の馬場さんと浜口さんでいらっしゃいます。 今までは、蓮ダム水系の環境調査を担当されておられましたが、今は別の現場で調査をされているそうです。 昨日は特別にお越し頂き、遅いご到着の為、朝食のみ召し上がられました。 ご出発前に本館をバックに撮影させて頂きました。 長いご愛顧を賜りまして、誠にありがとうございます。 またのお越しを楽しみにお待ち申し上げております。

Coatpikapika2021715

写真上: テニスコートの垢落としが昨夜終了し、ピカピカになりました。 マダム順子が4日から開始し、雨の日も、カンカン照りの日も、一人で奮闘しました。 雨のほうが垢が落ちやすいのですが、晴天のほうが多かったですね。 マダム順子、お疲れさまでした<m(__)m>

Maenokawa2021715

写真上: 本日の櫛田川です。 昨夜雷雨が過ぎて後、予報に反して、その後、雨は降ることなく、美しい流れを保っております。

Nejibana2021715kawa

写真上: 川辺の階段の所に一輪だけ『ネジバナ』が咲いていました。

Nejibana2021715kawamusi

写真上: 本館前の川辺の階段横でも『ネジバナ』を見つけ、撮影しましたところ、変わった虫がとまっていました。

Garamusi2021715najibana

写真上: その虫を180℃回転して、アップにしたものです。 ピンボケで見にくいですね。 昆虫図鑑でさがしてみましたが、名前を見つけることができませんでした。 背中におしゃれな柄があります。 → 波瀬ご出身で、現在、米国在住の寺脇晃さんに教えて頂きました。 『セマダラコガネ』というコガネムシの仲間でした。 晃さん、ありがとうございました。

Higurashi_20210715203101

上の絵は、ずいぶん前に、『かっぱずん』ちゃんが描いた『ヒグラシ』です。 かっぱずんちゃんから、今月4日にヒグラシの初音のお知らせがあったのに、書き忘れていました。 山林舎では5日後位に初音を聞きました。 これも書き忘れました。(この頃、忘れ物が多いです) 最近は毎日聞いています。 夕暮れや朝の薄暗い時に、心に切々と響くように鳴き、哀愁を感じさせるセミですね。

本日の波瀬: 深夜は20℃に戻っていました。 午前6時過ぎも20℃。 曇天の1日で、昼間、国道で25℃とあまり気温はあがりませんでした。 湿度は少し抜けてきたように感じます。 明日まで不安定な天候とのこと、週末には梅雨明けを期待したいです。 これ以上、雨による被害がどこにも起こりませんよう…

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

« 「かっぱずんの日輪様と光の輪 & イラストー雨の日は…」 | トップページ | 「波瀬ゆり情報 & 大野弘さんの写真展 & 櫛田川」 »