« 「アザミとヒョウモン蝶 & ニワゼキショウ」 | トップページ | 「咲き誇る花々 & 子猫 & みえ得トラベルクーポン」 »

2022年6月 9日 (木)

「朝陽を受ける木々 & 櫛田川の畔にて… & ホタル飛翔」

Hoonoki202269asahi

写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。

写真上: 朝陽を受けて美しく輝く木々の若葉です。 ホオノキが一番大きな葉っぱで目立っていますね。 今朝5時45分過ぎに撮影。

Satuki202269kawabe

HPだよりの話題を捜して、お昼過ぎに前の『櫛田川』へと降りてみました。

写真上は、一番お目当てにしていた川岸の岩に咲く『サツキ』です。 満開の姿を見せてくれました。 他の場所は枯れてしまっていたり、まだ蕾状態の所もありました。

Awamorishouma202269

写真上: 『櫛田川』と『波瀬谷』合流地点に咲いている『アワモリショウマ』。

Hazedani202269

写真上: 波瀬谷の今日の流れです。

Jawsiwa202269

写真上: 夏には飛び込み岩として大人気の『ジョーズ岩』。 私の命名ですが、皆さんがこの名前をよんで下さるので嬉しいです。

Ooiwa202269

写真上: 夏には川遊びで冷えた体を温める『大岩』。 今日、この岩に登ってみて、以前のように軽やかに登れないのを感じて、少し落胆しました。 筋力をつけねば…と思ったしだいです。 ジョーズ岩も、大岩も、皆さんのお越しを待っています☆

Kureson202269hana

写真上: 大岩の足元に咲いていた『クレソン』の花。 『オランダガラシ』が本名(?)です。 花が咲きだすと葉っぱや茎は美味しく食べられなくなると聞きますね。

Katatumuri202269

写真上: 櫛田川と波瀬谷合流地点のそばの木で見かけた『カタツムリ』。

Awafukimusi202269

写真上: カタツムリのすぐそばで見つけた『アワフキムシ』の泡です。 以前は『ホタルの卵』と聞いていましたが、全く異なり、アワフキムシの排泄物でした。 アワフキムシは植物の汁を吸って生活します。 吸った汁の中から栄養分を吸収した後、残りの水分を排出する時に体内から分泌物を出して石けんを作ります。その石けんから生み出された泡が、自らを包む「泡の巣」となるそうです。

Hotarutobu2

先ほど、マダム順子の「ホタルが飛んでる!」という呼び声で、再び川へ。 涼しい中でも、ホタルが数匹飛び出しました。 これから、カジカガエルの涼やかな鳴き声の中、飛翔するホタルの風情ある風景がしばらく楽しめます。 イラストは『かっぱずんちゃん』です。

本日の波瀬: 深夜、早朝とも11℃と冷え込みました。 昼間の気温は今日も見忘れましたが、曇天でそれほど暑くは感じられませんでした。 今にも降りそうに暗くなったり、わずかながら雷さんの音も聞こえました。 が、雨が降ることはありませんでした。

Stop the War!!!!!  Peace and Freedom in Ukraine and all over the World☆彡

山林舎ホーム:https://greenlife-sanrinsha.com
メール:mailto:info@greenlife-sanrinsha.com

|

« 「アザミとヒョウモン蝶 & ニワゼキショウ」 | トップページ | 「咲き誇る花々 & 子猫 & みえ得トラベルクーポン」 »