« 「昨日のお客様 & 秋空」 | トップページ | 「山林舎囲碁サロンの囲碁合宿」 »

2022年9月26日 (月)

「大野弘さんの波瀬日記 ー 9月に咲く花々」

Ohno2022925hazez01

本日のたよりは、『大野弘さんの波瀬日記』をお届けいたします。 写真をクリックされますと、大きなサイズでご覧頂けます。 大野さんのご案内でお楽しみ下さい。 茶色の字が大野さんの説明文です。

「台風の被害は波瀬では全くなく、とは言えどうやら今年は台風の当たり年、陽気も肌寒い日も有ったりと体調管理に十分用心しなければなりませんが、波瀬に咲く花が昨年とは趣が違うのは、こうした気候の変調がもたらしているのではないかと思える様な感じが致します。今年は9月初め頃から彼岸花が見られる様になり、それもやたら増えたような気がいたします。さらに今年初めて見た花もあり図鑑で見つけることが出来ず、名前を知るのに少々難儀しました。というのも園芸種が野生化したからなので、これらは植物図鑑にはなく専らパソコンが頼りでした。今回初めて登場する花もあり、その一部をご紹介いたします。 大野弘」

「写真上: ヒガンバナは田んぼのあぜ道に、秋の風物詩の様になっていますが、遥か昔飢饉用の救慌食として、中国から持ち込まれたと言われています。」

Ohno2022925hazez02

「写真上: ツルボは雑草に交じって至るとこに見られますので,改めて観察する事は無いですが、UPで見るととてもきれいな花です。特徴は茎が四角であることです。」

Ohno2022925hazez03

「写真上: この花には悩みました。イブキトラノオ、又はエゾイブキトラノオにとても似ていますが、ツルボのジャンボサイズでした。滴の重みで垂れていましたので判断が難しかったです。」

Ohno2022925hazez04

「写真上: カラスウリの花になります。けったいな姿ですが、レース編みみたいな飾りが美しいです。」

Ohno2022925hazez05

「写真上と下: ハナウドかと思われますが、図鑑では5~6月に咲く花と出ています。季節を間違えたのかな?」

口をはさみまして申し訳ありませんが、『シシウド』か、『ミヤマシシウド』ではないかと思われます。 如何でしょうか…?

Ohno2022925hazez06

Ohno2022925hazez07

「写真上: 野生化した園芸用のバラ、これも季節を間違えたようで、写真を撮った翌日に花はシカに食べられてしまいました。」

Ohno2022925hazez08

「写真上: 食用のニラが野生化したもので、ニラは食べても花は知っている人は少ないでしょう。すっかり波瀬に定着しています。」

Ohno2022925hazez09

「写真上: ボタンクサギは長いこと花を見せてくれます。接写で見るとポリープ状の花が密集しています。」

Ohno2022925hazez10

「写真上と下: オキザリスは熱帯地方のカタバミ草の仲間で、葉っぱの大きさが7cm以上もあります、檜塚で見るミヤマカタバミは葉っぱは3cm足らずで、ほぼ三角で、弥山の頂上付近で見られるコミヤマカタバミは2cm足らずと小さくなります。いずれも花は白だけです。 都会でも見られるカタバミの花は黄色と紫があります。」

Ohno2022925hazez11

Ohno2022925hazez12

「写真上: どこかで見たような花なのに図鑑には出てきません。やっとPCで探し出したのはヒガンバナ科のタマスダレ(レインツリー)で、これも園芸用が野生化した花でした。タマスダレとは花の形からは想像できませんが、葉っぱがニラのように細くたくさん見られるので日除けの簾の様なのか、それとも演芸に使われる『南京タマスダレ』かと思われますが、花が美しいだけにもっと相応しい名前が在りそうな気が致します。」

大野さん、素敵な写真をありがとうございました。 またのお便りを楽しみにお待ち申し上げております。

本日の波瀬: 深夜15℃で満天の星空。 東の空には『昇るオリオン』。 天の川は東南の空から西北へと流れていました。 早朝は14℃だったそうです。 今日は雲の多い晴天で、昨日よりも気温、湿度とも上がりました。 でも、エアコンなしですみましたが、夜には虫よけに窓を閉めて、ドライを稼働させました。 午後11時半過ぎで18℃。

|

« 「昨日のお客様 & 秋空」 | トップページ | 「山林舎囲碁サロンの囲碁合宿」 »